【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

初めての方へ

つらいときだからこそ、東京葬儀は寄り添います

花祭壇の前に立つ喪主の女性と葬儀プランナーのイラスト

はじめて喪主を務められて、 「お葬式のことはよくわかっていて、不安なく終わらせた」 という方は、まずいないと思います。 喪主様はご家族を亡くされた悲しみや喪失感の中にありながらも、 短期間でたくさんの‟わからないこと“を決めていかなくてはなりません。 私たちは一日一家族限定をこだわりとし、 確かな知識とお客様に寄り添ってきた経験で親身に対応いたします。

喪主様、ご家族に決めていただきたいこと

ベッドの故人様の手を握る女性とその娘のイラスト

喪主とは、その葬儀における遺族の代表者のことです。故人との関係性が深い、縁がもっとも近い人が喪主になるのが一般的です。

通夜の会食で故人様の思いで話をする会葬者の人たち

ご家族、ご親戚だけなのか、勤め先の方や、ご近所、ご友人にもご連絡をするのか決めます。

煙突のある葬儀場のイラスト

お日にちと場所を決めます。 理想の日にちや場所が予約で埋まっている場合もあるので、いくつか候補日を出しておきましょう。

斎場の思い出コーナーに飾られた故人様の想いでの品々のイラスト

お坊さんを呼ぶ仏式なのか、近しい人だけのお別れ会なのか。決める方法で一番いいのは、故人だったらどんな葬儀が喜ばれるかに想いを馳せることです。