一般的な葬儀の流れ

①ご依頼

あらかじめご相談を頂けると、喪主様のご負担が抑えられます。
経験豊富な葬儀プランナーが24時間ご対応しますので、ご相談下さい。
以降の流れは、すべて葬儀担当者に聞きながら進めていくとスムーズです。

②ご逝去

病院・ご自宅でお亡くなりの場合は、医師が立ち会いのもと、死亡診断書を受け取ります。
不慮の事故等の場合には、死体検案書を受け取ることになります。
その後、市区町村役所に死亡届けを、受け取った死亡診断書を添付し提出して、火葬許可証を受け取ります。

③ご遺体搬送

選定した葬儀社へ連絡すると、寝台車がご遺体安置所もしくはご自宅まで搬送します。
病院には、遺体搬送を契約している葬儀社がありますが、搬送だけを依頼し、改めて葬儀社を選定することでも問題ありません。
費用面や葬儀内容を考慮するのであれば、ご自分で葬儀社を選ぶほうがおすすめです。
できれば、あらかじめ葬儀社を選定しておいたほうがスムーズでしょう。

④ご遺体安置

遺体の安置場所は、遺体安置所もしくはご自宅になります。
関東地方は通常、葬儀場の順番待ちをすることになるので、ご臨終から告別式(火葬)まで数日間の時間差があります。
その期間、ご自宅であれば、ご葬儀までの時間をゆっくりご家族と過ごすことができます。
また、遺体安置所の料金も抑えることができます。
また、安置している間、ご遺体の状態を保つためにドライアイスの交換が必要になりますが、優良な葬儀社はすべて価格に含まれています。
一方で、家が狭くて安置できなかったり、近所の都合上で問題がある場合は、葬儀社の指定する遺体安置所に搬送することになります。
その際の料金体系なども事前に葬儀社に相談しておくとよいでしょう。
安置するご遺体は、頭を北にお向けする「北枕」もしくは「西枕」にしてご安置します。
告別式まで礼拝できるよう「枕飾り」と呼ばれる、線香、ろうそく、燭台、香炉、お花等をまとめたものを配置します。

⑤葬儀お打ち合わせ

喪主を決定し、世話役のご依頼を行います。
また、ご近所さんなど葬儀のお手伝いをお願いする場合は、その確認をします。
葬儀社とともに、葬儀の形式(宗教等)や規模、祭壇装飾、予算などを相談しながら決めていきます。
仏教の場合はお坊さん、神式の場合は神主さん等、手配も行います。

⑥ご納棺

通夜式の前に遺族が集まり、ご遺体を棺に納める重要な儀式です。
故人は「旅支度」にお着替えになります。
故人の愛用されていた品は副葬品と呼ばれ、棺の中に入れることもできます。

⑦お通夜

故人と、ご遺族やご友人知人とが時間を過ごすお別れの場です。
一昔前までは、一晩夜を徹して過ごすこととされていましたが、最近では夕刻以降から2時間程度で行われます。
告別式よりも会葬者が多いことが通常です。
喪主様やご遺族はご挨拶で忙しく、ご負担がかかる場合もあります。
通夜後には、「通夜ぶるまい」として仕出し料理を用意しますが、このあたりも葬儀社にお願いができます。
通夜ぶるまいの後、世話役やお手伝いさんが帰った後は、遺族だけで故人と過ごす「夜伽(よとぎ)」をされる方もいます。
夜伽は、夜通し故人のそばに誰かが寄り添い、灯明と線香を消さないようにするとされています。

⑧告別式

本来は「葬儀」と「告別式」は別物になります。
葬儀は遺族・親族が故人を極楽へ導く儀礼であり、告別式は友人・知人が故人に別れを告げる式典でした。
ただ最近では、葬儀ならびに告別式として行われていることが通常となっています。
宗派によって異なることはありますが、遺族・参列者着席ののち、黙礼をもって僧侶を迎え、僧侶が祭壇前に着座します。
司会が開会の辞を述べ、僧侶の読経が始まります。
宗派によりますが、40分程度の時間をかけます。
読経の最中、焼香を喪主、遺族、親族、参列者の順で進めていきます。
読経が終わり、僧侶が退席したら、「お別れの儀」が行われます。
お別れの儀とは、棺を祭壇から下ろし、故人のお体を別れ花で飾る儀式です。
最後に喪主(遺族の代表者)からのあいさつをもって、出棺に移っていきます。

⑨ご出棺

棺を遺族・親族・葬儀担当者で霊柩車まで運びます。
火葬場が併設されている斎場では、台車まで運びそのまま火葬場へ移動します。

⑩火葬

故人と対面する最後の儀式だある「納めの式」では、火葬炉の前で僧侶が読経し、ご遺族が焼香をします。
火葬にかかる所要時間は、1時間程になります。
遺族は控え室にて休息し、「お骨上げ」を待ちます。
お骨上げは、二人一組となり、お骨を竹箸で骨壷に納める儀式です。
お骨を納め終えると、斎場担当者が埋葬許可書とともに、骨壷を白木の箱に入れます。
埋葬許可書は納骨時に必要となり、骨壺とともに遺族が持ち帰ります。

⑪初七日法要・精進落とし

「初七日法要」は、本来命日も含め7日目に行う法要のことです。
最近はご臨終から葬儀まで日程が開くというのもあり、告別式後の火葬場より戻られてから行う事が通常です。
「精進落とし」とは、本来四十九日の忌明けに、精進料理から通常料理に戻すことが言われとなっています。
現在では初七日法要の際に、僧侶、世話役、お手伝いさんの労をねぎらう食事でのもてなしを指します。
以上で、葬儀・告別式の流れは一通り終了となります。

⑫アフターフォロー

葬儀の後にも、忌明け法要(四十九日等)、本位牌手配、お墓手配、納骨、一周忌、年忌法要など喪主様が行うべきことが続いていきます。
こういったことも基本的には葬儀社が相談に乗ってくれるでしょう。
喪主様のご負担を軽減するためにも、一括してアフターフォローしてくれる葬儀社を選ぶことは重要です。

葬儀は、ご家族にとって分からないことが多く不安が大きいものです。
東京葬儀の「はじめてサポート」は、そんなご家族をお助けします。

ご相談だけでも承ります。
はじめてサポートご相談窓口:0120-428-033

東京葬儀の葬儀プラン

お見積り提示金額からの
追加料金は一切ありません

47名・通夜なし/一日告別式

74名・通夜/告別式

145名・通夜/告別式

よくあるご質問


24時間いつでもご相談ください

お電話でのお問い合わせ
メールで見積り・資料請求

お葬式・葬儀・家族葬ご対応。お電話でお問い合わせどんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。経験豊富な東京葬儀プランナーが対応いたします。

メールでのお問い合わせ