【東京葬儀】女性に選ばれるお葬式

家族葬について

家族葬が選ばれる3つの理由

①故人との時間をたくさんとれる

故人にお別れをする母娘二人のイラスト

家族・親族などの近親者のみの為、 故人との最後に残された大切な時間を ゆっくり過ごすことができます。

②お葬式日程が組みやすい

ノートとペンを持つ手のアップのイラスト

近親者のみの小規模なお葬式なので、 参列者も少ないため、 お葬式日程の調整がつけやすいです。

③ご遺族の負担を軽減できる

にこやかに笑う女性のイラスト

故人の面識のない友人への連絡や 弔問客への気配りが必要なく、 精神的な負担を軽減できます。

家族葬で気を付けるべき3つの可能性

①親戚・知人から不満の声があがる

不満を抱える弔問者をドアで出迎える疲れた女性のイラスト

親族から理解を得られず 「お葬式はみんなを集めるものだ」 と言われ、もめてしまうことがあります。 また、式を後で知った人から 「なんで教えてくれなかったの」 と不満を言われてしまう可能性もあります。

②式後、自宅へ弔問される方への対応に追われる

家族葬の場合、外部の人は故人とのお別れができません。 そのため後日、自宅へ弔問を希望する方が多く、 その対応に追われる場合があります。

③結果的に一般葬よりも高くつく

お葬式の最終的な総額を考える上で重要なのがお香典です。 家族葬は参列者の数に応じて、 お香典の金額も減るので結果的に高くついてしまうことがあります。 

お葬式のスタイル

お葬式のスタイルは一般葬と変わらず、
信仰している宗教の有無や宗派にかかわらず執り行うことが可能です。

家族葬の場合は、「身内だけ」という気軽さから形式的なお葬式ではなく、
自由葬や音楽葬といった独自のスタイルのお葬式を行いやすいのが特徴です。


近年増えている新しいお葬式の形

テレビモニターに映った祖父と孫の写真

故人のスライドショーや動画を見ながら偲ぶ

ヴァイオリンとチェロを演奏する女性二人の写真

故人が好きだった曲を流したり、生演奏をして偲ぶ

バラの花を一輪手に持ち献花台の前に立っている女性の手元の写真

お焼香の代わりに、献花をして偲ぶ

❕自由葬は誰でもできるわけではありません

菩提寺(お付き合いのあるお寺)がある場合は、
のちのトラブルにつながる可能性もありますので、十分注意しましょう。

ご不明点がありましたらご相談ください。
東京葬儀の家族葬ご相談窓口:0120-428-033




家族葬で大事なことまとめ

故人の思いで話をしながら会食をする会葬者の人たちのイラスト

<”家族”の範囲>

家族葬とは 【家族だけのお葬式】ではなく
【故人と親しい人を中心とした少人数でのお葬式】です。
「どなたまでお知らせをするのか」
「故人の兄弟は“家族”に含まれるのか」
などしっかりと話し合う必要があります。

「家族葬」で執り行うことなど親戚や職場、
ご近所にも伝えて、理解を得ておくことが重要となります。




<参列者以外への配慮>

訃報を知った人がお葬式に参列するつもりで
スケジュール調整をしたり、お香典を用意する可能性があります。
「今回は家族葬で執り行いますので…」
と参列お断りをしっかりとお知らせしましょう。
参列をご遠慮した方に対し、お葬式後にお知らせをする場合は、
「故人の遺志」
「家族の意向」
で【家族葬】を執り行ったことをお伝えしましょう。



東京葬儀の家族葬が選ばれている理由

①‟故人らしい“式のご提案

飾られた野球のユニフォームやバットなどの遺品のイラスト

故人の趣味に合せた花祭壇の作成や、 思い出の品を飾って好きな音楽を流したりと ご要望に合わせますので、そのご家族らしい 家族葬を創り上げることが可能です。

②ボリューム満点の花祭壇でお見送り

花祭壇のイラスト

家族葬と聞くと“こじんまり”という印象がありますが、東京葬儀のプランに含まれている花祭壇はお花の量が多く、故人が好きだったお花も入れられるので満足されています。

③“一日一家族限定”なのできめ細やかにサポート

東京葬儀は“一日に対応するお客様は一家族のみ”と決めています。 親密できめ細やかなサービスでご家族様に寄り添うため、好評いただいております。

●親しい方だけでゆっくりお別れしたい

●会食や返礼品にかける費用を抑えたい

そんな方は、東京葬儀の「家族葬相談ダイヤル」にお電話ください。