【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

費用の落とし穴

「葬儀費用」と「総額費用」の違い

「葬儀費用は不透明だ」
「お葬式の価格設定はよくわからない」
と言われる理由に、葬儀業界特有の「パック料金表記」というものがあります。

よく葬儀社のホームページやチラシなどに、
「家族葬50万円プラン」や
「お葬式セットプラン70万円」などと
パック料金として書かれていることがあります。

ほとんどの場合、【葬儀費用】だけでお葬式ができることはありません。
なぜでしょう?
以下、お葬式には一般的に4つの費用がかかります。

葬儀費用 葬具用品代(祭壇など)、人件費、搬送料など
施設利用料 式場使用料、安置所利用料、火葬料など
飲食・返礼品代 通夜/告別式の料理、お礼状、返礼品/香典返し
お布施 読経、戒名、お車代/お膳料

ところが、多くの葬儀社では上記の「葬儀費用」だけを「セットプラン」と表記して、その金額だけでお葬式ができるような表現になっています。
実際にお葬式を行えば、葬儀費用だけではなく、
施設利用料
飲食代
返礼品代
などが必ずかかります。
 これらをすべて含めた金額がお葬式の「総額費用」となります。
これがセット料金・パック料金だけではお葬式ができない理由です。

東京葬儀は、どのプランにもお葬式に必要な料金・サービス内容がすべて含まれており【追加料金が発生しない】プラン設定になっています。

お葬式の「総額費用」が一目でわかる実例プラン表記

一見すると、費用が割高・割安に見えても、
本当の総額が分からなければ 比べようがありません。

ぜひ「総額」をもって比較をしてみてください。

このページを見た人はこんなページも見ています

みんなの費用を知る