【東京葬儀】女性に選ばれるお葬式

最初の4ステップ

最初の4ステップ

故人様の手を握る女性とその娘のイラスト

故人との関係性が深い、縁がもっとも近い人が喪主に- 喪主とは、そのお葬式における遺族の代表者のことです。 まず既婚者が亡くなったら、 その配偶者が喪主になるのが一般的です。 もし、難しいようであれば、ご子息が担当します。 故人に近親者が存在しない際は、 故人ともっとも親しかったご友人が、 喪主となることもあります。

故人に喜ばれる葬儀を- 葬儀社を選ぶ前に、何人くらい呼ぶのか、低予算にしたいのか、美しい花にこだわりたいのかなど決めておくことは、葬儀をスムーズに進めるために大切です。決める方法で一番良いのは、故人様だったらどんな葬儀が喜ばれるかに想いを馳せることです。「わからない」ことが多ければ葬儀社と一緒に決めていく方法もあります。

互助会と葬儀社で揺らぐ女性のイラスト

信頼できる葬儀社の見分け方- 一番分かりやすいのは、葬儀社に電話して担当者と直接話をしてみることです。接するときの対応の丁寧さ、人としての姿勢・人柄をチェックするのも大切です。単純に年間実績数が多い、会社が大きいからといって、 理想の葬儀が行えるとは限りません。

葬儀プランナーと相談する女性のイラスト

葬儀社が決まったら、葬儀社と一緒に葬儀のプランを決めていきます。葬儀社を選ぶ前に想定していた、どんな葬儀をしたいのかを、今度は選定した葬儀社と一緒に考えていきます。重要なのは、要望と予算のすり合わせです。現実的に予算内で何ができるのか、見定めていきましょう。