喪主様がすべき5つのこと

①喪主を決める

-故人との関係性が深い、縁がもっとも近い人が喪主に-

喪主とは、その葬儀における遺族の代表者のことです。
まず既婚者が亡くなったら、その配偶者が喪主になるのが一般的です。
もし、その配偶者が亡くなっていたり、高齢や病気で喪主になることが難しいようであれば、ご子息が担当します。
故人に近親者が存在しない際は、故人ともっとも親しかったご友人が、喪主となることもあります。
ちなみに、施主とは「お布施する主」の意味で、葬儀費用を負担して葬儀を執り行う責任者のことです。

②どんな葬儀をしたいのか決める

-故人に喜ばれる葬儀を-

葬儀社を選ぶ前に、どのような葬儀を行いたいのかを喪主様(ご遺族)が決めておくことは、葬儀をスムーズに進めるために大切です。
何人くらい呼ぶのか、低予算にしたいのか、美しい花にこだわりたいのか。
決める方法で一番良いのは、故人様だったらどんな葬儀が喜ばれるかに想いを馳せることです。
葬儀の形式や特徴により、葬儀社によって対応できるかが違ってきます。

-わからなければ葬儀社と決める-

一方で、葬儀社と一緒に葬儀のやり方を決めていく方法もあります。
まずは葬儀社に電話をし、担当者と話しながら方向性を見出していく喪主様も多いです。

③葬儀社を選ぶ

葬儀社の見分け方に、決まったやり方があるわけではありません。
喪主様それぞれ、葬儀社に望まれることが違うからです。
喪主様の様々なご要望に、臨機応変にしっかりと対応できる葬儀社が、よい葬儀社です。
ここでは、「よい葬儀社」をご自分で調べることができる、いくつかの方法をご紹介します。

-信頼できる葬儀社の見分け方-

まずご自分で調べられることは、ホームページまたは資料に、
葬儀社の住所・電話番号が公開され、運営者やスタッフが顔を出しているかです。
また、明確な見積もりがしっかりと提示されているかも、優良な葬儀社かどうかを知るうえで重要になります。
単純に年間実績数が多い、会社が大きいからといって、理想の葬儀が行えるとは限りません。

-直接電話してみましょう-

一番分かりやすいのは、葬儀社に電話して担当者と直接話をしてみることです。
担当者は葬儀社の表に立つ、いわば顔です。
担当者がどれだけ知識と経験を持っているかは、その葬儀社のクオリティを表現していると言えるでしょう。
もちろんそれだけではなく、接するときの対応の丁寧さ、人としての姿勢・人柄をチェックするのも大切です。
訪問して話をすると、もっとよくわかるでしょう。
また、会社の大小にもよりますが、電話担当、訪問担当、お式担当が違っている場合があります。
できれば同じ担当で最後まで進めると、コミュニケーションの面で喪主様の負担が減りますので、その件も電話問い合わせの際に、聞いてみることをおすすめします。

④プランと予算を決める

葬儀社が決まったら、葬儀社と一緒に葬儀のプランを決めていきます。
葬儀社を選ぶ前に想定していた、どんな葬儀をしたいのかを、今度は選定した葬儀社と一緒に考えていきます。
重要なのは、要望と予算のすり合わせです。
現実的に予算内で何ができるのか、見定めていきましょう。

⑤葬儀の流れを知る

葬儀社とプランが決まれば、あとは葬儀担当者にうながされ、流れ通りに進行していきます。
このとき、あらかじめ葬儀全体の流れを理解していると、心にも余裕が生まれ、より故人を想うことができるはずです。

葬儀は、ご家族にとって分からないことが多く不安が大きいものです。
東京葬儀の「はじめてサポート」は、そんなご家族をお助けします。

ご相談だけでも承ります。
はじめてサポートご相談窓口:0120-49-3096

東京葬儀の葬儀プラン

お見積り提示金額からの
追加料金は一切ありません

47名・通夜なし/一日告別式

74名・通夜/告別式

145名・通夜/告別式

よくあるご質問


24時間いつでもご相談ください

お電話でのお問い合わせ
メールで見積り・資料請求

お葬式・葬儀・家族葬ご対応。お電話でお問い合わせどんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。経験豊富な東京葬儀プランナーが対応いたします。

メールでのお問い合わせ