【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

古橋 篤

リピーター続出の安心配達人

なぜ葬儀屋に?

古橋はなぜ葬儀屋に?

「ケータイショップの店長やっていたんですが、父を亡くして、東京葬儀にお客さんとしてお葬式を依頼しました。そのときに「大切な人を亡くしたばかりの人と向き合うお仕事ってすごいな」と思い、この仕事に飛び込みました」

心理テスト結果

古橋の心理テスト結果

「分析思考」…理論や関連性が好きなので人に説明するのが上手。「調和性」…人を対立から遠ざけて調和の方向に持っていく。「慎重さ」…用心深く、油断しない。

担当したお葬式

バイクの花祭壇

「お父さんと言えばバイクだよね」という娘さん言葉を聞いて、式場に入ったときに一番に目に入る花祭壇を「バイク祭壇にしませんか?」と提案しました。「お父さんに見せたかった!」と喜んでもらえました。

ぼくの自慢話

古橋の自慢話

大好きなお笑い芸人・くりぃむしちゅーさんの番組で「悪徳葬儀社を見分けるには!?」のコメンテーターとして出演したことです!録画したのを何度も見ました。笑

お客様から古橋へ

お客様から古橋へ

細かな依頼に対してもきめ細やかで丁寧な対応に感謝しています。特に「何時までに対応する」など、対応時間を明確にしていただけたことがとても安心しました。担当プランナーの古橋様の故人の想いを汲み込んで心温かい配慮に親族一同、感動しました。(世田谷区 松野様)

広報から見た古橋

広報からみた古橋

末っ子なはずなのなのにリーダー気質でプランナーチームをまとめてくれています。何年も前にご依頼いただいたご家族から「古橋さんいますか?」と電話がかかってくることも多く、本当に信頼されているんだなと感じます!尊敬!

古橋が考えるキャッチコピー

古橋が考える東京葬儀のキャッチコピー

「とにかく安く見せる!」という金額表示をしていないので「安い葬儀社に依頼する!」と断られたことも多々あります。「商売という目線でみれば安く見せたほうがいいのかなー…」と悩む時期もありました。……が!バカ正直を貫きます。

メッセージ

古橋からのメッセージ

私の父は余命1ヵ月と宣告されたその日に亡くなりました。短時間でお葬式を一から決めていくことはホントーーーに大変で、後から「もっとこうしておけばよかった」という想いも正直なところありました。僕には気軽に相談してください。

古橋に電話してみる古橋に電話してみる

古橋出演CM「プランナーの想い」編