【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

齋藤 親

日本一親身な愛され男

なぜ葬儀屋に?

なぜ葬儀屋に?

ズバリ「母親が葬儀社で働いていた」からです!忙しくて帰ってこない日もありましたが「お葬式を執り行う意味や価値」は母親から教わりました。今は良きライバルです(笑)

心理テスト結果

齋藤の心理テスト結果

「調和性」…共通部分を見出し、争いを最小限に抑える。「共感性」…人が感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができる。「親密性」…他者の感情や目標を深く理解することができる。

担当したお葬式

齋藤が担当したお葬式

靴を愛して、靴を大事にしていたお父様。お父様の靴コレクションを博物館のように並べ、参列された方々に見てもらいました。また「お見送り」の意味を込めて、参列された方々にお父様が最後に履かれていた靴を磨いてもらい、棺にお手向けしました。

ぼくの自慢話

僕の自慢

担当したご家族様が引っ越しをされるということで休みの日を利用してお手伝いにいきました。真夏だったので休憩中の麦茶がとてもおいしかったです。 愛犬・マルちゃんの相手をさせてもらい、犬好きの僕としては幸せな時間でした。

お客様から齋藤へ

お客様から齋藤へ

齋藤さんを通して東京葬儀の企業理念等、誠実な社風を感じられました。お葬式後の様々な問題にもサポートしていただき、心強いです。可能であれば私たちの時にもお願いしたいです。(東松山市 栗原様)

広報から見た齋藤

広報から見た齋藤

本当に本当に親はすごいっ!!誰にでも愛されて嫌みがない!弟のようなキャラなのにお客様の前に出ると、とても頼もしくて、どのお客様にも「お葬式に詳しい次男」のような存在になっています。一度、話してみたらわかります。

齋藤が考えるキャッチコピー

齋藤が考える東京葬儀のキャッチコピー

涙を流したあとには笑顔になれるようなお葬式にしたい!東京葬儀のお葬式は「コミュニケーション」を大事にしているので、僕はこのキャッチコピーがぴったりだと思います!

メッセージ

齋藤からのメッセージ

僕はいつでもニコニコしています。それでいて人のお話を聞くことが大好きなので、名前の字のごとく「親しみやすいね」とよく言われます。(自分で言うと怪しいですが…笑)最後はみんなが笑顔になれるようなお葬式を一緒につくっていきましょう。

齋藤に電話してみる齋藤に電話してみる