【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

米田 可南子

涙を笑顔に変える魔法使い

なぜ葬儀屋に?

なぜ葬儀屋に?

「なんでだろう…?(笑) 学生時代にブライダル会社でバイトをしていたんです。慣れてきたころに、たまたまお葬式に参列する機会があって、ブライダルは幸せのタイミングでのサービスだけど、お葬式はお別れのタイミングでのサービス……これってすごいなと感動したのがきっかけです」

心理テスト結果

米田の心理テスト結果

「信念」…核となる揺るぎない価値観を持っている。「包含」…本能的に寛容性を持っている。「親密性」…他者の感情や目標を深く理解することができる。

担当したお葬式

米田が担当したお葬式

長いこと施設に入られていたおばあちゃんのお葬式。仲良かった施設の入居者や職員さんはどうしても参列できないとのことでした。施設に直接連絡を取り、色紙に寄せ書きをしてもらい、入居者の方々にもご家族の方々にもすごい喜んでもらえました!

わたしの自慢

私の自慢話

旦那様を亡くされたおばあちゃん。お葬式を終えてから1年後に「米田さん梅好きって言ってたでしょ?漬けたから取りに来て」と電話がきました!覚えててくれたことも、1年かけて漬けてくれたことも全てが嬉しかったです。もったいないのでチビチビ齧ってます!(笑)

お客様から米田へ

お客様から米田へ

台風の中、駆け付けてくれた米田さんを今でも覚えています。美人さんなのに頭がぼさぼさで親近感が湧きました(笑)「会社とお客」ではなく「人と人」でお見送りしてくれた米田さんに本当に感謝しています。(横浜市 田上様)

広報から見た米田

広報から見た米田

本当は不器用なはずなのに、信念と情熱、そして寛大な優しさで東京葬儀の良さを象徴してくれている存在です。大口を開けて笑うのと食べ過ぎには注意しましょう(笑)

米田が考えるキャッチコピー

米田が考える東京葬儀のキャッチコピー

人が亡くなると「こうしていればよかった」「あれをしてあげればよかった」と後悔が目立ってしまいます。しかし「亡くなった後からもしてあげられること」があると思います。私は後悔があるからこそ想いのあるお葬式ができると思っています。

メッセージ

米田からのメッセージ

私を見たら「葬儀屋さんっぽくないな」と思うかもしれません。でも「お別れの場を大切にすること」は誰にも負けません!お話しをしていく中で「こういう風にしたいなー」などイメージが膨らむと嬉しいです。

米田に電話してみる米田に電話してみる