【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

「誰かのため」のお葬式

大切な人のお葬式が、子供たちに未来を与えます

私たちと同じように学校で思い出を作っていく子供たち

はじめての教室で机に座るカンボジアの子供たち

私たちにも“学校の想い出”があるように、明日から子供たちがここで想い出を作っていくのだなと実感しました。
初めて座る机に嬉しくもあり、緊張しているようにも見えました。

子供たちが学校の壁を嬉しそうにさすっていたり、初めて手にしたノートに目を輝かせているのをみたときに、これからを生きる子供たちに勉強の場を提供できたと嬉しく感じました。

手書きの紙芝居

カンボジアの子供たちの前で手作りの紙芝居を読む東京葬儀プランナー木南

開校式では、この日のためにおめかしした子供たちはもちろん、保護者、近所の人も集まり、総勢500名以上になりました。
みなさまの前でプランナーの木南が夜通し描いた紙芝居で、お葬式を通じて学校が建設されていることを説明しました。

学校に通うことで得た「夢」

日本語で将来の夢を書いて笑うカンボジアの子供たち

子供たちが「学校に通うことで“夢”を持てた」と
東京葬儀でお葬式をお手伝いさせていただいたご家族に感謝の気持ちを込め、その夢を日本語で書いてくれました。

「警察官」「医者」「社長」「歌手」などさまざな夢を目を輝かせながら書いているのが印象的でした。

まだ361万人の子供が学校にいけない

親の仕事を手伝い、学校に通えない子供たちの写真

今回は、ご遺族のお力でカンボジアに小学校が一つ建ちました。

それでも、まだまだたくさんの子供たちが
「親の仕事を手伝わなくてはいけない」
「教科書がない、先生がいない」
そして何よりも
「学校がない」
という理由で学校へ通えません。

子供たちが喜んでくれたことを実感しましたがそれと同時に、課題の多さを痛感させられました。

現在、お葬式を通じて建設された7つの学校に3,746人の子供たちが通っています

1校目

2012年 カンボジア チュークミッス村に 一校目の小学校が完成

2校目

2013年 カンボジア トウル村に 二校目の小学校が完成の写真

2013年 カンボジア トウル村に 二校目の小学校が完成

3校目

2014年 カンボジア チュークローイ村に 三校目の小学校が完成

2014年 カンボジア チュークローイ村に 三校目の小学校が完成

4校目

2015年 カンボジア モロープレイ村に 四校目の中学校が完成の写真

2015年 カンボジア モロープレイ村に 四校目の中学校が完成

5校目

2016年 カンボジア タボンクラー村に 五校目の中学校が完成

2016年 カンボジア タボンクラー村に 五校目の中学校が完成

6校目

2017年 カンボジア トボンクボン州に 六校目の小学校が完成

2017年 カンボジア トボンクボン州に 六校目の小学校が完成

7校目

2018年 春 カンボジア東部・ポーサット州に 七校目の小学校(4教室)が完成

2018年 カンボジア ポーサット州に 七校目の小学校(4教室)が完成

【建設準備中】

学校建設を求めるカンボジアの家族の写真

2019年 開校予定 残り:約2,344,422円

ご家族の声

子供や孫たちと一緒に学校を見に行くという、新しい夢ができました。

東京葬儀でお葬式をお手伝いさせていただいた古橋様の家族写真

東京都多摩市にお住いの古橋徳子様は、2013年12月20日に旦那様を57歳で亡くされ、
東京葬儀で2013年12月25日に「家族葬」を執り行いました。
「東京葬儀の想い」に共感をいただき、2014年春に完成したチュークロイ中学校(カンボジア・クラチエ州)の校舎プレートに、旦那様のお名前を刻ませていただきました。
その後、東京葬儀の想いに共感をいただいたご子息の篤様が株式会社鈴吉堂に入社。
現在、東京葬儀のプランナーとして活躍しています。

「世のため、人のために」と生前よく口にしていた父。誇りに思います。

東京葬儀でお葬式をお手伝いさせていただいた綾部様の家族写真

東京都府中市にお住いの綾部喜久雄様は、2013年12月29日にお父様を86歳で亡くされ、
東京葬儀で2014年1月4日に「火葬式」を執り行いました。
「東京葬儀の想い」に共感をいただき、2014年春に完成したチュークロイ中学校(カンボジア・クラチエ州)の校舎プレートに、お父様のお名前を刻ませていただきました。
その後、ご親戚の方がお亡くなりになった際にも東京葬儀をご紹介をいただき、同様にお名前刻ませていただいております。

子供への最高の教育になると思います。母も天国で笑ってくれているはず。

東京葬儀でお葬式をお手伝いさせていただいた高橋様の家族写真

東京都中野区にお住いの佐々木進様は、2013年10月20日にお母様を71歳で亡くされ、
東京葬儀で2013年10月26日に「一般的な葬儀」を執り行いました。
「東京葬儀の想い」に共感をいただき、2014年春に完成したチュークロイ中学校(カンボジア・クラチエ州)の校舎プレートに、お母様のお名前を刻ませていただきました。
佐々木様のお父様、ご親戚の方も以前に東京葬儀で葬儀を執り行っており、お母様がお亡くなられた際にもぜひ東京葬儀で、とのことでご依頼をいただきました。