【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

千葉市斎場(ちばしさいじょう)

千葉市斎場の外観
所在地 千葉県千葉市緑区平山町1762-2
アクセス JR「千葉駅」よりタクシーで20分 / JR外房線「鎌取駅」よりバス「千葉市斎場」下車、徒歩1分 / JR総武線「都賀駅」よりバス、「千葉市斎場」下車、徒歩1分
式場料金 第1式場 100名まで(組織市内の方)77,140円 (組織市外の方)154,280円
第2式場 50名まで(組織市内の方)38,050円 (組織市外の方)77,140円
第3式場 100名まで(組織市内の方)77,140円 (組織市外の方)154,280円
第4式場 50名まで(組織市内の方)38,050円 (組織市外の方)77,140円
火葬料金 6,000円
安置室料金 24時間あたり(組織市内の方)5,140円 (組織市外の方)10,280円
駐車場 あり(200台)
その他 千葉市斎場は千葉市にある公営の斎場で、式場数4、火葬炉数16を備える千葉県内有数の斎場です。
千葉市が運営しているため、故人が千葉市内の方であれば、低料金で利用できる葬儀場です。
最寄りの千葉駅から離れていますのでバスのご利用をおすすめしていますが、駐車可能スペースは200台まであります。
2005年(平成17年)に新しく建てられた千葉市斎場は、最新式の設備を備え、バリアフリーにも対応した使い勝手の良い式場です。
敷地の広さや使いやすさに優れており、ご遺体安置から通夜、告別式、火葬まで執り行える総合斎場として人気があります。
また、総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため、利用者が多く年間を通じて混雑傾向にあります。
千葉市斎場(ちばしさいじょう)
お葬式費用の確認、ご予約やお申込みはこちら
0120-428-033(24時間対応)
お問い合わせフォーム
千葉市斎場の外観

外観

千葉市民優遇の料金及び制度

千葉市斎場は、火葬施設及び式場施設の両方を備えており、どちらも利用者の制限等なく利用することができます。
ただし、亡くなられた方の住所がお亡くなりになった時に千葉市内に住居があった場合のみ市内居住者料金が適用となり、それ以外の方は市外居住者料金となります。

千葉市内に限り、ご自宅や集会場で葬儀を執り行う場合、葬儀用祭壇の貸し出しを行っています。
千葉市斎場の祭壇の使用料金は5段の場合13,260円、3段の場合8,330円となっています。
また、こちらも千葉市内に限りますが、病院等から自宅まで、そして自宅から千葉市斎場までの移動に霊柩車を利用することができます。

霊柩車は9時に斎場を出発し、17時には斎場に戻る範囲内での運行となります。
よって、朝一番の火葬には間に合わず、10時以降の火葬になります。

火葬時間は9時20分から15時の間で20分おきに受付をしており、所要時間は約2時間程度です。
千葉市斎場の霊柩車はバン型とワンボックス型の2種類があり、バン型は柩に入った状態のみでの利用、ワンボックス型は柩に入っていなくても利用可能ですがシーツを用意する必要があります。
ただし、火葬施設へ遺体搬送をする際は、必ず納棺されている状態で行ってくださいとのことです。

ご遺族の方はバン型に1人、ワンボックス型には3人同乗することができます。
霊柩車の使用料金は、市内居住者の場合10kmまで4,730円、10kmを越える場合1kmごとに130円加算されます。
市外居住者の場合は10kmまで15,420円、10kmを越える場合1kmごとに270円の加算となっています。

千葉市斎場の式場や火葬、霊安室について

千葉市斎場には4つの式場があり、100人席用が2つ、50人席用が2つあります。
16時から翌日の15時までを1日として数え、100人席用の市内居住者料金は77,140円、市外居住者料金は154,280円、50人席用の市内居住者料金は38,050円、市外居住者料金は77,140円となっています。
それぞれの式場に式場控室、遺族控室、宗教関係者控室もあります。

千葉市斎場の式場控室は通夜のお清め所や葬儀の際は控室として利用でき、6畳2間ある遺族控室は通夜の際、6~7名の宿泊が可能となっています。
シャワー室もありますが、寝具やせっけん、シャンプーやタオルなどは各自用意する必要があります。
式場棟のみ24時間出入り可能となっていますが、22時以降に残る方の名簿を警備室まで提出し、原則として22時以降の外出は控えるようにとのことです。

千葉市斎場の火葬炉は16基あり、火葬使用料金は12歳以上で市内居住者の場合6,000円、市外居住者の場合60,000円となっています。
火葬の間は、待合ホールもしくは事前申し込みが必要ですが無料で利用できる待合室(洋室12室、和室2室)で待つことになります。
1室あたり32名程度が収容でき、湯呑みやコップ、急須やポットなどが用意されており、足りない場合も追加で用意してくださるので、茶葉等を事前用意もしくは売店で購入すれば待ち時間にお茶等を飲むことができます。
この他に4室ある告別室、および収骨室の使用料金も無料となっています。
霊安室は6体収容でき、式場利用者のみ利用することができます。1体24時間につき市内居住者は5,140円、市外居住者は10,280円です。

千葉市斎場の予約方法やその他の施設、アクセスについて

千葉市斎場は火葬場併設の式場のため、会場移動の必要がなく、全館バリアフリーとなっているため、多くの方に利用されています。
また、式場で用意されている祭壇は仏式(4組)、神式(1組)、キリスト教(1組)、日蓮正宗用厨子(1組)、創価学会用厨子(1組)と幅広く用意されています。

千葉市および千葉市斎場では葬祭業者の紹介や斡旋は行っていないので、葬祭業者への依頼は各自で行う必要があります。
斎場の予約方法ですが、火葬、式場、霊安室利用について電話で予約を行い、当日に施設使用許可申請書を提出、料金の支払いとなります。

休場日は1月1日のみとなっていますが、友引の日は火葬施設の利用ができません。
斎場内には売店が設置されており、飲食物や葬祭用品等があります。
通夜や告別式、火葬待合中のお弁当や寿司盛り合わせ等の飲食物についても事前の予約で手配することが可能です。

営業時間は9時~17時となっており、1月1日および友引の日は休業となっています。
更衣室や授乳室は火葬棟2階にあり、利用時間は9時~17時となります。

駐車場は前庭と地下にあり、200台収容可能です。大型バスでの来場は禁止されています。
電車とバスを利用する場合、JR「鎌取駅」からバスに5~10分程度乗車、もしくはJR「都賀駅」から40分程度乗車になります。
電車とタクシーを利用する場合、JR「鎌取駅」からは5~10分程度、京成千原線「大森台駅」および「学園前駅」からは20分程度、JR「千葉駅」からは30分程度の乗車時間となっています。

千葉市斎場について、よくあるご質問

千葉市斎場は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

千葉市斎場は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

利用可能です。また、故人様が千葉市民の場合は市民料金が適用になり、お安くお使いいただけます。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。