【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

府中の森市民聖苑(ふちゅうのもりしみんせいえん)

府中の森市民聖苑の外観
所在地 東京都府中市浅間町1-3
アクセス 京王線「東府中駅」より徒歩10分
式場料金 第一式場 90名まで 50,000円
第二式場 90名まで 50,000円
第三式場 140名まで 100,000円
第四式場 50名まで 30,000円
火葬料金 無料
安置室料金 24時間あたり 2,000円
駐車場 あり(90台)
その他 府中の森市民聖苑は府中市にある公営の斎場で、式場数4、火葬炉数4を備える東京三多摩地区で有数の葬儀場です。
最寄りの東府中駅から徒歩10分と、交通の利便性にも富んでいます。
府中の森市民聖苑はご遺体安置から通夜、告別式、火葬まで執り行える斎場として府中市が運営しているため、故人や喪主が府中市民の方であれば比較的安い料金で利用できる葬儀場です。
(故人または喪主のいずれかが府中市民でないと利用ができない斎場ですのでご注意ください)
また、府中の森公園の敷地内にあるため緑が多く、ゆったりとした雰囲気の中で葬儀を執り行えます。
総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため、利用者が多く年間を通じて混雑傾向にあります。
府中の森市民聖苑(ふちゅうのもりしみんせいえん)
お葬式費用の確認、ご予約やお申込みはこちら
0120-428-033(24時間対応)
お問い合わせフォーム
府中の森市民聖苑の外観

外観

式場

ロビー

府中の森市民聖苑の外観

外観②

府中市民専用の葬儀場

周辺の環境や設備の整っている府中の森市民聖苑ですが、使用できる人は府中市民と限られています。
この場合、市民とは①死亡時に府中市の住民基本台帳、及び外国人登録原票に登録している②喪主が府中市民(故人に対し2親等以内)であることを言います。

場合によっては戸籍謄本などの提出が必要になりますので、詳細は市民聖苑に問い合わせることになります。
営業時間は午前8時半から午後9時となっていますが、葬儀等の電話受け付けは24時間行われているため、時間を気にせず予約する事が出来ます。

利用時の宗教宗派の制限等はありません。
休館日は1月1日~1月3日、そして施設の管理上必要とされる場合となっており、休館日・友引の日の前日にお通夜を行うことができません。

また、友引の日はお通夜を行うことはできますが、火葬及び告別式を行うことはできません。
府中の森市民聖苑は常設祭壇があり、その祭壇の利用料および火葬料が無料となっているため、費用面では民営斎場より抑えることができます。

常設祭壇は仏式、神式、キリスト教式等関係なく、使用できます。
こちらの斎場はすべての法要を一ヶ所で行えることもあり、利用頻度が高いため、葬儀まで日数がかかる場合もあります。

斎場へのアクセス方法ですが、電車を利用した場合、京王線「東府中駅」から徒歩12分、もしくは京王線「府中駅」からバスを利用することになります。

また、地下駐車場約79台、1回100円の有料駐車場があり、近隣の府中の森公園駐車場や府中市臨時駐車場等も利用することができます。

府中の森市民聖苑の整った設備と比較的安価な使用料

家族葬から大規模な葬儀まで、様々な規模の葬儀に対応できるよう3つのタイプの式場が4会場あります。
椅子席が90人規模の第1、第2式場、椅子席が140人規模の第3式場には、それぞれ常設の祭壇が設置されています。

他にお清めの席として使用する会葬者控室、遺族控室、僧侶等控室、湯沸室とがあります。
また、第1から第3式場にある遺族控室は和室となっており、お通夜の日の仮宿泊が可能となっています。

宿泊者数の制限はなく、貸布団や朝食の手配は受付で行うことができます。
第4式場は椅子席が50人規模となっており、家族葬用の式場となっています。
常設の祭壇の他、遺族控室兼会葬者控室、僧侶等控室、更衣室があります。
第4式場はお通夜の日の仮宿泊はできません。

お通夜または告別式1回あたりの使用料は、第1、第2式場は25,000円、第3式場は50,000円、第4式場は15,000円となっています。

霊安室は2室あり、遺体保冷庫は9基あります。
棺1回の24時間当たりの使用料は2,000円となっており、延長12時間ごとに1,000円必要となってきます。
なお、火葬室の使用料は無料となっています。

法要室は和室と洋室とあり、計4室、それぞれ椅子席30人用の規模です。
使用料は市民の方と市民以外の方で異なり、1回2時間あたり市民の方は3,000円、市民以外の方は6,000円となっています。
また、使用時間が2時間を超えた場合、延長時間1時間ごとに市民の方は1,500円、市民以外の方は3,000円を追加で支払う必要があります。

法要室を利用しての会食は持ち込み禁止となっており、全て府中の森市民聖苑指定の料理屋さんとなります。

府中の森市民聖苑は市と協定した聖苑葬儀

府中市民の森聖苑では、聖苑の式場や備え付けの祭壇などを使用し、葬儀等の内容を府中市と市内の葬祭業者とで協定した内容と料金で行うことのできる、「聖苑葬儀」と言うものがあります。

基本的なプランとして、企画運営管理料や納棺、安置奉仕料、司会進行料などを含めた一式が大人325,000円(幼児310,000円)となっています。

この基本プランだけでも質の高い、十分な葬儀を行うことができます。
また、各々の要望により白黒四つ切り、手札額リボン付の写真代(25,000円)や清め塩付きの会葬礼状100枚 (8,000円)、果物や仏菓子等の祭壇用飾り物(10,000円)などのオプションをつけることができます。

基本料金とすべてのオプションの合計額は大人483,840円(幼児467,640円)となっており、この他に聖苑使用料としてそれぞれの式場利用料が追加となった金額、大人533,840円(幼児517,640円)という総計になります。

著しく高額にならないよう、オプションの総額はおよそ30万円以内で用意されています。
ただし、お清めなどの飲食代や香典返し、僧侶への謝礼代などはこの料金に含まれていません。

聖苑葬儀を希望される場合、市と協定しているおよそ20店ほどの聖苑葬儀取扱店に申し込む必要があります。
ただし、葬祭業者が決定していなくても、利用者が直接市民聖苑に申し込むこともできます。

より良い葬儀にするためには、府中の森市民聖苑のことを熟知している葬儀社を選ぶこともポイントのひとつです。

府中の森市民聖苑について、よくあるご質問

府中の森市民聖苑は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

府中の森市民聖苑は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

喪主様か故人様が府中市民でないと利用できません。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。

メリット・デメリット

メリット・火葬場併設の式場なのでハイヤー・バス等の車両費が抑えられます。  ・通夜・告別式・火葬までを1カ所で行えるので全体の時間も短く、体力的な負担も少なく済みます。  ・外観内装共に気品のある綺麗な斎場です。 ・バリアフリーの設備が整っており、どんな方でも安心してご利用いただけます。 ・駅から近く、会葬の方もご来場しやすい式場です。
デメリット・火葬所併設で利便性が高く人気の斎場な為、お式までの期間が長くなること  があります。 ・式場が並列のため、音響機器の使用や式場外の装飾に制限があります。 故人または喪主のいずれかが府中市民でないと利用ができない斎場となります。