【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

越谷市斎場(こしがやしさいじょう)

越谷市斎場の外観
所在地 埼玉県越谷市大字増林3989-1
アクセス 東武伊勢崎線「新越谷駅」東口・JR武蔵野線「南越谷駅」南口からタローズバス (増林公園・越谷市斎場行き)乗車、終点で下車 / 東武伊勢崎線「越谷駅」東口・「北越谷駅」よりタクシーで15分 / JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」からタクシー20分
式場料金 第1~第4式場 80名まで 150,000円
火葬料金 (組織市内の方)10,000円 (組織市外の方)80,000円
安置室料金 24時間あたり 2,000円
駐車場 あり(350台)
その他 越谷市斎場は越谷市にある公営の斎場で、式場数4、火葬炉数14を備える埼玉県内有数の葬儀場です。
最寄り駅からは少し離れているため、車やタクシーを利用される方が多い斎場です。また、350台まで停められる駐車場も備わって
います。越谷市斎場はご遺体安置から通夜、告別式、火葬まで執り行える総合斎場として、越谷市、吉川市、松伏町が共同で運営しているため、故人や喪主が該当市民の方であれば比較的安い料金で利用できる葬儀場です。
越谷市斎場は2005年(平成17年)にオープンした斎場で、従来の葬儀場とは異なる近代的な造りになっており、大変きれいで使いやすい斎場です。
また、宗教・宗派を問わず仏教、神道、キリスト教、無宗教での葬儀が執り行えます。
総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため利用者が多く、年間を通じて混雑傾向にあります。
越谷市斎場(こしがやしさいじょう)
こちらの式場でのお葬式なら、お任せください
0120-49-3096 (24時間対応)
東京葬儀のプラン
越谷市斎場の外観

外観

越谷市斎場の式場

式場

【緊急事態宣言に伴う対策について】

対応策は今後の政府方針も踏まえ、適宜、状況により変更する場合がございます。

【式場について】
・ワンデー(1日葬)を推奨いたします。
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いします。
・式場内の椅子の配置は適切な距離の保持をお願いします。
・式場の通気、換気にご協力ください。

【火葬について】
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いいたします。
・状況に応じてフェイスガードを着用させていただくことがあります。

【保棺(霊安室)について】
・通常通りお預かりいたしますが、ご面会は自粛をお願いします。

【その他】
・感染拡大防止のため、スタッフは最少人数で対応いたします。

ご理解ご協力をお願いいたします。

越谷市斎場の施設の紹介

越谷市斎場は埼玉県越谷市にある公営の斎場です。
越谷市内では唯一、お通夜から告別式、火葬までを執り行う事の出来る斎場となっています。
越谷市斎場を市民価格で利用できる市民というのは、越谷市・吉川市・松伏町の2市1町の方が含まれます。

葬儀場には式場が4室、清め室4室、遺族控室(宿泊可)4室、霊安室があります。
火葬場には火葬炉14基、動物火葬炉1基、告別・収骨室7室、待合室14室、売店があります。

付帯設備として、事務室、待合ホール、コインロッカー、運転手控室などが有ります。
駐車場は普通車が350台分、マイクロバス20台分、車椅子使用者用8台分が駐車可能で、県内の斎場でも最大級の規模を誇ります。

越谷市斎場では火葬場は市外の方も利用できますが、葬儀場、霊安室は市民のみが利用できるという決まりになっています。
越谷市斎場に問い合わせをしたい場合には、越谷市役所の市民課に問い合わせをします。

また、公式ホームページは越谷市役所のホームページ上にあります。
越谷市斎場の建物はガラス貼りの回廊が印象的な近代的な建物で、室内にも自然光を取り込める様になっていたり、雨天でも参列者が濡れずに移動が出来る様になっていたりと、よく考えられた設計になっています。

越谷市斎場へのアクセスは、自家用車、マイクロバス、電車とバスを利用、電車とタクシーなどが有ります。
最寄駅はJRの南越谷駅(南口)、東武伊勢崎線の新越谷駅(東口)、越谷駅(東口)が有ります。
公共バスはTARO‘Sバスと言い、「増林公園(越谷市斎場)行き」のバスに乗ると、終点が目的地となります。

越谷市斎場の休館日・費用・注意事項について

越谷市斎場では1月1日、2日、友引日が休館日となっています。
友引日は火葬は終日行われませんが、葬儀場でのお通夜は行われます。

火葬場は午前9時~午後5時まで開場、葬儀場は全日開場しています。
火葬場で火葬が行われるのは午前9時~午後3時までに1時間ずつ1日に計7回執り行われます。

葬儀場の利用時間は、準備から後片付けを含んで午後4時~翌日の火葬終了時刻までとなっています。
式場は4室ある内の第一・第三式場と、第二・第四式場で、通夜・告別式の時間が一時間ずらして執り行われる様になっています。

霊安室は火葬が執り行われる日の5日前から利用が出来るそうです。
越谷市斎場の霊安室を利用するには式場も一緒に利用する事が条件となっています。

さて、お通夜や告別式、火葬に掛かる費用についてですが、まず市外の方も利用できる火葬からお話します。
火葬料金は市民(故人が大人)で10000円、(故人が小人)5000円です。

市外の方が利用すると、この料金の8倍の費用が掛かります。
待合室も市民は4000円ですが、市外の方は32000円です。

葬儀場の利用料は市民のみで150000円、霊安室も市民のみで24時間当たり2000円となっています。
斎場を利用する際に気を付けなければならない事も有ります。

例えば越谷斎場のスタッフは心付けなどは一切受け取れないこと、斎場内外に花環を設置する事は出来ないこと、近隣様へのご迷惑に繋がる為、式の案内板などを斎場までの経路に出してはならないこと、などが有ります。
他にも様々な注意事項があるので、ホームページを閲覧したり、市民課に問い合わせをして事前に確認しておくと良いでしょう。

越谷市斎場の特徴について

越谷市斎場は公営の斎場ですが、とにかく市民(越谷市・吉川市・松伏町の方)の利用を優先とした斎場と言えます。
他県や市外にも沢山の公営斎場が有りますが、斎場内の施設は金額は違えど予約さえすれば利用可能な場所が多いのです。

その点、越谷市斎場では市外の方が利用できるのは火葬場のみです。
公営斎場と言うからには、「市民が利用したい時に空いていないと言う日がなるべく無い様に」と言う、越谷市の市民への考え方が分かりやすい内容になっています。

また、市外の方の火葬場利用料金の設定も他の斎場に比べるとかなり高めに設定されています。
こうなるとまた更に、市民への枠も広がりやすいのかもしれません。
もう一つの特徴としては、越谷市斎場などへの会員登録などもなく、家族葬から一般葬、大規模葬だけでなく、火葬のみの火葬式も出来ます。

ここまでは他の斎場でも行われている事なのですが、越谷市斎場は最近注目されている「音楽葬」が出来る斎場である、ということです。

その理由は音響設備が有るので、この音楽葬が出来るそうなのです。
公営の斎場でこのような事が出来る斎場は珍しいです。
音楽葬は無宗教であったり、生前個人が希望していたなどと言う理由で、執り行われます。

個人が好きだった曲などをCDなどで流したり、時に小さな楽団などに演奏して頂く様な形の物も有ります。
越谷市斎場でどの程度までの音楽葬が出来るのかは、市民課に問い合わせてみると良いと思います。
市民の方で音楽葬を希望されていらっしゃる方が居るのであれば、検討してみる価値は有ると思います。

越谷市斎場について、よくあるご質問

越谷市斎場は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

越谷市斎場は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

利用可能です。また、故人様か喪主様が越谷市・吉川市・松伏町のいずれかの住民の場合は組織市民料金が適用になり、お安くお使いいただけます。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。

メリット・デメリット

メリット・火葬場併設の式場なのでハイヤー・バス等の車両費が抑えられます。  ・通夜・告別式・火葬までを1カ所で行えるので全体の時間も短く、体力的な負担も少なく済みます。  ・バリアフリーの設備が整っており、どんな方でも安心してご利用いただけます。
デメリット・火葬所併設で利便性が高く人気の斎場な為、お式までの期間が長くなることがあります。 ・式場が並列のため、音響機器の使用や式場外の装飾に制限があります。