【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

相模原市営斎場(さがみはらしえいさいじょう)

相模原市営斎場の外観
所在地 神奈川県相模原市南区古淵5-26-1
アクセス JR横浜線「古淵駅」より徒歩14分
式場料金 小式場 70名まで 40,000円 (市外料金)60,000円
大式場 100名まで 50,000円 (市外料金)75,000円
火葬料金 無料 (市外料金)45,000円
安置室料金
駐車場 あり(140台)
その他 相模原市営斎場は相模原市古淵にある市営の斎場で、式場数2、火葬炉数11を備える神奈川県内有数の斎場です。
相模原市が運営しているため、故人様や喪主様が相模原市内の方であれば、低料金で利用できる葬儀場です。
大小2つの式場のある相模原市営斎場は、式場数に比べてご利用希望者数が多いため、年間を通して混み合っています。
相模原市営斎場は、最寄りの古淵駅から少し離れていますが、敷地の広さや使いやすさに優れており、ご遺体安置から通夜、告別式、火葬まで執り行える総合斎場として人気がある斎場です。
また、総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため、利用者が多く年間を通じて混雑傾向にあります。
相模原市営斎場(さがみはらしえいさいじょう)
お葬式費用の確認、ご予約やお申込みはこちら
0120-428-033(24時間対応)
お問い合わせフォーム
相模原市営斎場の外観

外観

相模原市営斎場について調べるには

相模原市営斎場についてインターネットなどで探していると簡単に見つかるのですが、そのホームページを読み進めていると、なにやら「セットプラン」や「火葬プラン」など、市営らしからぬ表示が目につきます。
基本的に、相模原市営斎場での火葬料金は、市内在住者であれば無料です。
しかしそのようなページに掲載されている価格は、セット価格で密葬などになると、40万円半ば位から存在する為お手頃価格と錯覚してしまい、ついそのホームページの連絡先に連絡しそうになってしまいます。
しかしその様なページは恐らく相模原市営斎場の公式ホームページではないのでご注意下さい。
ではどこから探すのが良いのかといいますと、相模原市営斎場の公式ホームページは相模原市役所のホームページから見つけ出す事が出来ます。
トップページを開いたら「施設マップ」を開きます。
その中にある、「市関連施設」を開き、さらにその中の「その他の市関連施設」を開くと「相模原市営斎場」について書かれたページが出てきます。
このページにも注意として書かれていましたが、“相模原市営斎場といかにも関係している様な書き方をしている葬儀社のホームページが存在しますが、市では特定の葬儀社の斡旋や業務提携は一切行っていません”という事です。
ですので、相模原市営斎場について知りたい時には先ほどの順序で公式ホームページをご覧になるか、相模原市役所の「区政支援課」にお問い合わせ頂くと良いでしょう。

相模原市営斎場について

相模原市営斎場は、神奈川県相模原市南区古淵にある斎場です。
アクセス方法はJR横浜線の古淵駅から歩いて14分、JR横浜線の相模原駅からバスに乗って「市営斎場入口」で下車して頂き徒歩約5分、または小田急相模大野駅からバスに乗り「市営斎場入口」で下車して頂き徒歩約5分が有ります。

相模原市営斎場の駐車場は100台分のスペースが有りますが、なるべく公共の乗り物などを利用して頂くという事が前提に有ります。
相模原市営斎場の外観はブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気の現代的な建物です。

葬儀場は大・小式場が一つずつ、それぞれ100人・70人の参列者を収容する事が出来ます。
控室が2室、それぞれ和室で24畳・18畳です。
告別ホールが三か所あり、収骨室は3室あります。
待合室は全10室の洋室で、内訳は40席が3室、32席が1室、20席が6室あります。
更衣コーナーが1室、授乳コーナーが1室有ります。
この授乳コーナーは、乳児連れの参列者には非常に有難いものです。
火葬炉は全11基で内1基は胎児炉です。
式場の利用時間は準備や後片付けに必要な時間も含めて次の通りになります。

利用時間15時~翌日14時30分まで 
通夜の時間18時~20時までの間で1時間以内
※21時には閉門し、消灯されます
告別式(小式場で行われた場合)10時~11時(11時出棺)
告別式(大式場で行われた場合)11時~正午(正午出棺)

休場日は年初めの三箇日と施設管理上必要と認められた日(年2回ほど)です。
告別式、火葬共に各月の第二「友引の日」は休場日となります(1月は第三「友引の日」です)。 それに伴い、前日の通夜も行う事は出来ません。

相模原市営斎場の施設利用費用について

相模原市営斎場は相模原市内在住者であれば、火葬炉利用料金は無料です。
又、式場や霊安室の利用料金もかなり安く設定されています。
ですから、相模原市営斎場は市民の味方の様な存在といっても良いでしょう。

また、市営と言っても市外の方も利用する事は可能です。
こちらでの市外の認識としては『相模原市に故人、又は申請者が住民登録をしていない場合』としています。

さて、火葬炉を利用する場合の市外利用者の金額ですが、12歳以上の故人お一人で45000円、12歳未満で胎児を除いた故人お一人で30000円、胎児のご遺体は1胎18000円、身体の一部のご遺体は18000円となっています。
又、改葬などは18000円です。

ちなみに「改葬」は現在の墳墓から違う場所の墳墓などに遺骨を移してご供養する事を言います。
既定の手続きなどが必要です。
これらの費用は市民は無料となります。
式場、霊安室の利用料金ですが、大式場利用料金は市民50000円、市外民75000円、小式場利用料金は市民40000円、市外民は60000円、霊安室の利用料金は市民3000円・市外民5000円となっています。
相模原市営斎場は同施設内に葬儀場と火葬場があるので、出棺してからの移動がない分、霊柩車や参列者の移動用マイクロバスなどの手配も必要なく、更に費用が抑えられます。

式場のみの利用で火葬を他施設にて行う事は出来ないので、注意が必要です。
費用を抑えて賢く故人を送り出すには、信頼できる葬儀社を見つけて、葬祭場を相模原市営斎場の様な公営の斎場にするという手も有る事を頭の中に入れておくと、いざという時に役に立つはずです。

相模原市営斎場について、よくあるご質問

相模原市営斎場は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

相模原市営斎場は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

利用可能です。また、故人様が相模原市民の場合は市民料金が適用になり、お安くお使いいただけます。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。

メリット・デメリット

メリット・火葬場併設の式場なのでハイヤー・バス等の車両費が抑えられます。  ・通夜・告別式・火葬までを1カ所で行えるので全体の時間も短く、体力的な負担も少なく済みます。  ・外観内装共に気品のある綺麗な斎場です。 ・バリアフリーの設備が整っており、どんな方でも安心してご利用いただけます。 ・公営の式場なので施設利用料が抑えられます。
デメリット・火葬所併設で利便性が高く人気の斎場な為、年間を通して混雑傾向にあります。そのため、お式までの期間が長くなることがあります。 ・式場が並列のため、音響機器の使用や式場外の装飾に制限があります。