【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

築地本願寺 第二伝道会館(つきじほんがんじ だいにでんどうかいかん)

築地本願寺 第二伝道会館の外観
所在地 東京都中央区築地3-15-1
アクセス 東京メトロ日比谷線「築地駅」1番出口すぐ / 東京メトロ有楽町線「新富町駅」4番出口より徒歩7分
式場料金 1F蓮華堂 200名まで 800,000円
2F瑞鳳 100名まで 500,000円
本堂 500名まで 4,000,000円
火葬料金
安置室料金
駐車場 あり(150台)
その他 築地本願寺 第二伝道会館は中央区にある斎場で、寺院が運営する葬儀場ですが、宗派を問わず葬儀を執り行えます。
また、最寄りの築地駅からすぐの場所にあるため、交通の利便性にも富んでいます。
築地本願寺 第二伝道会館は、東京都内最大級の斎場として、多くの著名人や大規模な社葬が行われてきた格式のある葬儀場です。
敷地の大きさや式場の使用料金から、大型葬儀や社葬での利用がメインとなっています。
築地本願寺に火葬場はないため、火葬の際は町屋斎場(荒川区)か桐ケ谷斎場(品川区)へ移動して行います。
築地本願寺 第二伝道会館(つきじほんがんじ だいにでんどうかいかん)
こちらの式場でのお葬式なら、お任せください
0120-49-3096 (24時間対応)
東京葬儀のプラン
築地本願寺 第二伝道会館の外観

外観

築地本願寺の施設について

「築地本願寺」は浄土真宗、本願寺派の寺院で、京都にある本願寺の別院で、格のあるお寺とされています。

「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」が、正式な名称です。
特徴がある壮麗な寺院は駅前でとても目立ちます。
本殿の外装は古インド様式で、一般的な寺院とは雰囲気が違います。
外周の石塀、三門の門柱、本殿が、重要文化財に指定されています。

会葬者が訪れやすく、規模も大きいので、有名人、著名人の葬儀や、社葬の大規模葬儀によく利用されています。
家族葬から、中規模、大規模な葬儀まで対応できます。

寺院ですので、宗教的制約があり、既成仏教の場合のみの対応になります。
無宗教式には対応できます。

葬儀のためには、寺院運営の、専用の斎場が用意されています。
「第二伝道会館」といい、200席まで設置ができます。
「本堂」も葬儀に利用ができ、600席まで設置できます。

正門から入り、目立つ本道の左手側の「第二伝道会館」があります。
通常、葬儀ではそちらが使われますので、本堂の利用を希望する場合、担当者に打診してみましょう。
「本堂」は、1000名以上の会葬者に対応できるキャパシティーがありますので、特に多くの会葬者が予想される葬儀では、そちらがよいこともあります。

「第二伝道会館」も、本堂の様式とあわせた外装で、築地本願寺の格を感じることができる建物です。
内外ともに壮麗な建築で、ロビーも広く、たくさんの会葬者に対応できます。
建物外にテントを設置できます。
会葬者の規模によって、こちらを受付に利用できます。
「築地本願寺」では、会場前に花輪を飾ることはできません。

儀式を行う講堂の上は吹き抜けになっていて、天井が高いです。
ひろびろと開放感があるところで、葬儀を行うことができます。
1階が、エントランス、葬儀場と、遺族控室、事務局、化粧室、厨房があります。
2階は、2Fロビー、クローク、遺族控室、配膳室、着付け室、化粧室があります。

お清め所として会食に利用できる「瑞鳳の間」は100席まで設置できます。
こちらもとても壮麗なインテリアです。
規模によってこちらを式場に使えることもあります。

敷地内「第一伝道会館」では、宿泊ができます。
宿泊に関する問い合わせは、「第一伝道会館::03-3544-0551」です。
シャワーとバスルームがもうけられています。

「築地本願寺」の施設はバリアフリーへの配慮がされています。

ご遺体の安置については、安置室が設けられています。
空きなどの詳細は、葬儀会社に訪ねると良いでしょう。

敷地内に火葬場はありませんので、「町屋斎場」か「桐ヶ谷斎場」を利用することになります。
都会の中心地なので、斎場までの距離があり、移動手段はしっかりプランを立てる必要があります。

会場周辺の交通状況ですが、渋滞を起こしやすいポイントで知られています。
火葬場への移動は、余裕を持った時間割にすることをおすすめします。

ベストプランは状況によりますので、葬儀会社や寺院担当者と相談するのが良いでしょう。

「築地本願寺」には、東京都杉並区永福に「築地本願寺和田掘廟所」があります。そちらでも葬儀が可能です。
ひろびろと緑が多い墓所は、明治大学前和泉校舎の隣でわかりやすく、社葬や合同葬に向いた規模です。

「本堂」は、70席程度の収容力です。他に「光寿閣」という葬祭施設があり、葬儀にも法事にも利用できます。
70席設置できる式場があり、分けて40席で対応もできます。
他に10席の仏間もあります。

築地本願寺の使用料について

築地本願寺「法務参拝部」で、通夜、葬儀の他、法要の相談も受け付けています。
葬儀会社に依頼して、手配してもらうか、直接聞いてみるのが良いでしょう。
通常は、葬儀会社からの手配で利用します。

見積もりをして、対応の良いところを選ぶのが良いでしょう。
どの葬儀社がよいか悩む場合は、本願寺の担当者にうかがうと、この施設の事情がわかっている葬儀社を教えてくれます。

築地にある「築地本願寺別院」の「本堂」「第二伝道会館」の利用料を記載します。

「本堂」は、500席まで設置、会葬者1000人程度まで対応で、400万円です。
「第二伝道会館」の「蓮華殿」は、200席まで設置で、80万円です。ロビー併用で、400席まで対応できます。
「瑞鳳の間」は、会食場としては100席まで設置、式場としては、会葬者200人から300人対応で、50万円から80万円です。
その他、「安置室」は、50,000円です。「宿泊」は、1泊5,775円です。

「築地本願寺和田掘廟所」の料金を記載します。
「本堂」は80万円です。
「光寿閣」内、「蓮華の間」利用で、会食場「桜の間」とセットで、60万円です。「蓮華の間」のみで、40万円です。
「仏間」が20万円です。小規模葬儀には、仏間の利用が向いています。

築地本願寺のアクセス、交通について

「築地本願寺」の住所は、東京都中央区築地3-15-1です。
電話番号は、03-3541-1131です。

「築地本願寺」は、地下鉄各線で行くとアクセスがよく便利です。

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線「築地駅」から徒歩1分です。
ほか、東京メトロですと、有楽町線「新富町駅」から徒歩5分です。
都営地下鉄では、都営浅草線「東銀座駅」から徒歩5分です。
都営大江戸線「築地市場駅」からも、徒歩5分です。

「築地本願寺」の駐車場は、約100台あります。
うち、80台程度を葬儀のために利用できます。
当日の状況、駐車場の案内については、担当者にたずねて置きましょう。
駐車場に、誘導員が必要な規模になる場合は、別途、誘導員を手配する必要があります。

車の場合は、「築地本願寺前」交差点を目印にしましょう。
「築地四丁目交差点」も現地に面しています。
近隣は都心の一等地です。
渋滞がおきやすいですので、移動に十分な時間を見ておくことが、この会場では特に重要です。

「築地本願寺和田掘廟所」の住所は、東京都杉並区永福1-8-1です。
電話番号は、03-3323-0321です。
最寄り駅は、京王線「明大前駅」です。
駐車場は50台程度です。