【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

浦和斎場(うらわさいじょう)

浦和斎場の外観
所在地 埼玉県さいたま市桜区大字下大久保1523-1
アクセス JR埼京線「与野本町駅」西口よりタクシーで15分 / JR埼京線「浦和駅」西口よりバス、「下大久保」下車、徒歩7分
式場料金 第一葬祭場 100名まで 3,590円/時間 (組織市外の方)利用不可
第二葬祭場 75名まで 3,590円/時間 (組織市外の方)利用不可
第三葬祭場 75名まで 3,590円/時間 (組織市外の方)利用不可
火葬料金 7,000円 (組織市外の方)56,000円
安置室料金 1日あたり 530円 (組織市外の方)1,060円
駐車場 あり(100台)
その他 浦和斎場はさいたま市にある公営の斎場で、式場数3、火葬炉数10を備える埼玉県内有数の斎場です。
火葬料金は故人がさいたま市民の場合のみ、式場料金は故人または喪主がさいたま市民の場合に、市民料金が適用になります。
また、お通夜の際のお付き添いの宿泊も、通夜室に故人様と一緒に移動をしていただき、同じお部屋でお過ごしいただけます。
浦和斎場は、最寄りの与野本町駅や浦和駅から離れていますが、駐車可能スペースが100台までございます。
敷地の広さや使いやすさに優れており、ご遺体安置から通夜、告別式、火葬まで執り行える総合斎場として人気があります。
また、総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため、利用者が多く年間を通じて混雑傾向にあります。
浦和斎場(うらわさいじょう)
こちらの式場でのお葬式なら、お任せください
0120-49-3096 (24時間対応)
東京葬儀のプラン
浦和斎場の外観

外観

浦和斎場の式場

式場

待合室

控室

【緊急事態宣言に伴う対策について】

対応策は今後の政府方針も踏まえ、適宜、状況により変更する場合がございます。

【式場について】
・ワンデー(1日葬)を推奨いたします。
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いします。
・式場内の椅子の配置は適切な距離の保持をお願いします。
・式場の通気、換気にご協力ください。

【火葬について】
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いいたします。
・状況に応じてフェイスガードを着用させていただくことがあります。

【保棺(霊安室)について】
・通常通りお預かりいたしますが、ご面会は自粛をお願いします。

【その他】
・感染拡大防止のため、スタッフは最少人数で対応いたします。

ご理解ご協力をお願いいたします。
【緊急事態宣言に伴う対策について】

対応策は今後の政府方針も踏まえ、適宜、状況により変更する場合がございます。

【式場について】
・ワンデー(1日葬)を推奨いたします。
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いします。
・式場内の椅子の配置は適切な距離の保持をお願いします。
・式場の通気、換気にご協力ください。

【火葬について】
・ご来場は少人数(10人程度)でお願いいたします。
・状況に応じてフェイスガードを着用させていただくことがあります。

【保棺(霊安室)について】
・通常通りお預かりいたしますが、ご面会は自粛をお願いします。

【その他】
・感染拡大防止のため、スタッフは最少人数で対応いたします。

ご理解ご協力をお願いいたします。

浦和斎場の立地と施設についてのお話

浦和斎場は埼玉県さいたま市が運営する公営斎場です。
さいたま市役所の保健福祉局保健部浦和斎場管理事務所が問合せ先になっています。

最寄駅はJR埼京線「南与野駅」とJR京浜東北線「北浦和駅」になります。
浦和斎場までの道のりは少し離れている為、公共バスやタクシーを利用すると駅から15分~20分程度で到着します。
浦和斎場のすぐ傍には荒川が流れており、さいたま市の西側に位置しています。

敷地内に葬儀場と火葬場が有るので、利用者は移動の面倒も無く落ち着いてお通夜から告別式、火葬までを執り行う事が出来ます。
駐車場スペースは約100台分のスペースが有るそうなのですが、時間帯によってとても混雑する事から、公共乗り物などを利用する方が良いとの事です。

施設はとても広く、外観はブルーを基調としたモダンな建物です。
火葬場では火葬炉が10基、故人の住所(死産児は母親の住所)によって金額や利用できる時間帯が区別されています。
火葬の行われる時間は、午前9時~15時の1時間ごとにそれぞれ3件まで予約が可能です。

また、公営斎場らしく12時・13時・14時は市民枠の時間帯になります。
葬祭場は第一~第三葬祭場の3式場あり、第一は100名の収容が可能、第二・第三は75名の収容が可能となっています。

浦和斎場ではお通夜、告別式は、さいたま市民しか執り行う事は出来ません。
そして葬祭場を利用される場合には事前に予約をする事で、祭壇を利用する事が可能です。

仏式、神式は選べる様になっており、三段の祭壇です。
その他に待合室10室、和室は最大で48名、洋室は最大36名の収容が可能です。
霊安室も3基分あります。

浦和斎場の休業日と各施設利用料金のお話

浦和斎場では火葬場は市外民でも利用可能となっていますが、お通夜・告別式などを執り行う事は出来ません。
浦和斎場を利用できる市民は、さいたま市に現住所が有る方となっています。

葬祭場は仏式、神式、無宗教問わず対応しています。
火葬業務、葬祭場共に休業日が1月1日から三日間で、その他は必要とされる点検日とされています。
火葬業務、告別式は友引日には行われません。

お通夜で葬祭場を利用した際には午後9時には帰宅して頂くと言う決まりが有りますが、希望者が有る場合親族5名までに限り、通夜控室で宿泊する事が出来ます。

寝具などは用意されていませんので、利用者側で用意する必要が有ります。
飲食物などの持ち込みも許されていますが、ゴミの始末などは利用者側でしっかりとする事が条件となっています。
ジュース・酒類・おつまみは浦和斎場内の売店でも販売されているそうです。

火葬の費用は1500円~7000円(市民)で、ご遺体の年齢によって変わります。
市外民は11000円~56000円です。
改葬や身体の一部の火葬は1㎏当たり750円(市民)で、市外民は6000円となります。
待合室や葬祭場の利用費用は時間貸しとなっています。
待合室は1610円(市民)市外民は3220円。
葬祭場は3590円でこちらは市民のみです。
祭壇を利用する場合には1時間400円が掛かります。
霊安室は市民、市外民共に利用できます。
市民は1日530円で、市外民は1日1060円で利用できます。

浦和斎場を利用される市民の方で生活保護を受給されている方は、利用料金の減免が有ります。
障害者手帳をお持ちの祭祀主催者である場合も、利用料金の減免が有ります。

浦和斎場の評判と検索時の注意についてのお話

浦和斎場では火葬場は市外民でも利用可能となっていますが、お通夜・告別式などを執り行う事は出来ません。
浦和斎場を利用できる市民は、さいたま市に現住所が有る方となっています。

葬祭場は仏式、神式、無宗教問わず対応しています。
火葬業務、葬祭場共に休業日が1月1日から三日間で、その他は必要とされる点検日とされています。
火葬業務、告別式は友引日には行われません。

お通夜で葬祭場を利用した際には午後9時には帰宅して頂くと言う決まりが有りますが、希望者が有る場合親族5名までに限り、通夜控室で宿泊する事が出来ます。

寝具などは用意されていませんので、利用者側で用意する必要が有ります。
飲食物などの持ち込みも許されていますが、ゴミの始末などは利用者側でしっかりとする事が条件となっています。
ジュース・酒類・おつまみは浦和斎場内の売店でも販売されているそうです。

火葬の費用は1500円~7000円(市民)で、ご遺体の年齢によって変わります。
市外民は11000円~56000円です。
改葬や身体の一部の火葬は1㎏当たり750円(市民)で、市外民は6000円となります。
待合室や葬祭場の利用費用は時間貸しとなっています。
待合室は1610円(市民)市外民は3220円。
葬祭場は3590円でこちらは市民のみです。
祭壇を利用する場合には1時間400円が掛かります。
霊安室は市民、市外民共に利用できます。
市民は1日530円で、市外民は1日1060円で利用できます。

浦和斎場を利用される市民の方で生活保護を受給されている方は、利用料金の減免が有ります。
障害者手帳をお持ちの祭祀主催者である場合も、利用料金の減免が有ります。

浦和斎場について、よくあるご質問

浦和斎場は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

浦和斎場は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

喪主様か故人様がさいたま市民でないと利用できません。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。

メリット・デメリット

メリット・火葬場併設の式場なのでハイヤー・バス等の車両費が抑えられます。  ・通夜・告別式・火葬までを1カ所で行えるので全体の時間も短く、体力的な負担も少なく済みます。  ・バリアフリーの設備が整っており、どんな方でも安心してご利用いただけます。 ・公営斎場なので料金が大変リーズナブルです。
デメリット・火葬所併設で利便性が高く人気の斎場な為、お式までの期間が長くなることがあります。 ・公共共通機関にて来られる方には、少し不便な立地です。自家用車、又はタクシーなどをご利用される方が多いです。