【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

横浜市南部斎場(よこはましなんぶさいじょう)

横浜市南部斎場の外観
所在地 神奈川県横浜市金沢区みず木町1
アクセス 京浜急行「金沢文庫駅」西口よりタクシー15分
式場料金 1階ホール 50名まで 50,000円 (市外料金)75,000円
2階ホール 70名まで 50,000円 (市外料金)75,000円
火葬料金 12,000円 (市外料金)50,000円
安置室料金
駐車場 あり(70台)
その他 横浜市南部斎場は横浜市金沢区にある公営の斎場で、式場数2、火葬炉数10を備える神奈川県内有数の斎場です。
最寄り駅からは少し離れているため、車やタクシーを利用される方が多い斎場です。70台ほど停められる駐車場も備わっています。
多くの緑に囲まれた横浜市南部斎場は、1991年(平成3年)に開設され、従来の葬儀場とは異なる近代的な建物になっており、きれいで使いやすい斎場です。
横浜市南部斎場は通夜、告別式、火葬まで執り行える総合斎場として横浜市が運営しているため、故人が横浜市民の方であれば比較的安い料金で利用できる葬儀場です。
また、宗教・宗派を問わず仏教、神道、キリスト教、無宗教での葬儀が執り行えます。
総合斎場は葬儀場から火葬場への移動の負担がないため、利用者が多く年間を通じて混雑傾向にあります。
横浜市南部斎場(よこはましなんぶさいじょう)
お葬式費用の確認、ご予約やお申込みはこちら
0120-428-033(24時間対応)
お問い合わせフォーム
横浜市南部斎場の外観

外観

式場

横浜市南部斎場の休憩室

休憩室

横浜市南部斎場の控室

控室

横浜市南部斎場の概要や外観について

横浜市南部斎場は横浜市金沢区にある公営の斎場です。
葬儀式場と火葬場が併設された斎場です。

通常では斎場から火葬場まで移動の必要があることが多く、移動に必要な霊柩車やマイクロバスなどの手配や費用も必要となりますが、横浜市南部斎場ではそれらの手間や費用が必要ありません。
単に手間だけでなく、御参列者の中にはご高齢の方やご体調の優れない方などさまざまな方がいらっしゃいます。

そういった方のご負担を考えても、移動する必要のない斎場であれば、ゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごすことができると言えます。
     
また、最近ではいつか訪れる『死』について生前に考える機会を設ける方が増加しています。
終活やエンディングノートなどが流行していることもその一環と言えます。

そういった方の中には葬儀にこだわらないという方、そしてその意志を事前に遺言として残されている方も多くいらっしゃることから、葬儀は行わず火葬式のみをご希望される方にも横浜市南部斎場は適しています。
時代に合っていることも最期の場所として選ばれる理由なのではないでしょうか。

シックな色合いでまとめられた石造りの外観も、魅力的であると言えます。
外観だけでなく、エントランスやロビーは落ち着いた雰囲気でありながら光が差し込み、お別れは悲しみだけではないことを表しているかのようです。

短い時間とはいえ、残されたご遺族様や御参列者様に加え故人にとっては最後の場所となることから、斎場という空間にもこだわりたいという方々の想いに応えていることも人気が高い理由なのでしょう。

横浜市南部斎場利用の際の注意点・アクセス

横浜市南部斎場には上記にも挙げた通り火葬場を併設していることから、通夜・葬儀・初七日・精進落しまで全て執り行うことが可能となっています。
また館内には、収容人数に応じた2か所の式場があります。
各葬祭ホールには、控室も完備しているので、夜間付きそいの際の仮眠室としても利用することができます。

式場は1階ホールが70名、2階ホールでは50名の人数を収容できることから、従来の御葬儀や近年増加している家族葬などの少人数の御葬儀に加え、団体葬や社葬にも利用されています。
公営であることから、料金面に魅力を感じられる方も多いのではないでしょうか。

利用料金(市民/市民外)
・1階ホール、2階ホール共に(50,000円/75,000円)
・火葬料 大人(12,000円/50,000円)
・火葬料 子人(8,000円/34,000円)
なお、ここでいう市民とは、死亡者が横浜市民のことを指します。

アクセス
・京浜急行「金沢八景駅」から神奈川県中央交通「大船駅」、「上郷ネオポリス」「庄戸」「本郷車庫前」行きに乗車、「隧道東口」で下車、徒歩10分
・京浜急行バス「鎌倉駅行き」に乗車し、「相武隧道」で下車、徒歩約10分
・京浜急行「金沢文庫駅」西口からタクシーで約10分~15分

お車でお越しの方はバス10台、普通車64台分が駐車可能な駐車スペースがあるので便利です。
公営斎場の特徴として、アクセスが悪いと言われがちですが、横浜市南部斎場は周りを緑で囲まれており、静かな場所です。
故人とのお別れの場所としては最適と言えるのではないでしょうか。

現代に適した葬儀スタイル

横浜市南部斎場の特徴として、宗教・宗派を問わない御葬儀が可能ということも挙げることができます。
従来の葬儀とは異なり、僧侶を呼ばないお別れという形を選択する方も年々増加しています。

『僧侶を呼ばない=お寺に納骨しない』ということを意味します。
これにより、お金のかからない御葬儀が可能になりますが、この場合、火葬後は散骨であったり火葬式(直葬)という形となります。
横浜市南部斎場では火葬式が可能なので、このような形式も可能です。

こういったことからも、現代世代の御葬儀に対する考えは年々変化していることが分かります。
家族が亡くなった場合にどのような葬儀を行いたいかというアンケートによると、約半数の方が「親しい人と小規模」の葬儀を希望しているという回答があります。

自分の葬儀と置き換えると、約6割超となっています。
昔は、自宅にて大勢の参列者に見送られるという形が一般的でしたが、最近では自宅で葬儀を行う方はほとんどおらず、公営や民間の斎場を利用される方が多いです。

葬儀に対する考えが変わりつつあることや、葬儀にお金をかけたくない、生前を楽しみたいという方の増加に伴い、費用を抑えることができる公営の斎場への人気はさらに高まることが予想されます。

実際に、横浜市南部斎場は知名度や格式という点においても人気が高く、予約が取れない、時期によっては待機時間が必要となることもあります。
別れは突然に訪れるものですが、早急の対応が求められます。

横浜市南部斎場について、よくあるご質問

横浜市南部斎場は、事前の登録は必要ですか?

斎場への事前登録などは必要ありません。亡くなってからのお申し込みになります。

事前にご相談いただく場合には、0120-428-033までお電話ください。
お申し込みから施工の準備まで、東京葬儀がお手配させていただきます。

横浜市南部斎場は、誰でも(どこに住んでいても)利用可能ですか?

利用可能です。また、故人様が横浜市民の場合は市民料金が適用になり、お安くお使いいただけます。

その他ご質問につきましては、0120-428-033へお電話ください。