【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

増上寺(ぞうじょうじ)

増上寺の外観
所在地 東京都港区芝公園4-7-35
アクセス 都営浅草線・大江戸線「大門駅」より徒歩5分 / 都営三田線「御成門駅」・「芝公園駅」より徒歩5分
式場料金 大殿 500名まで 4,000,000円
光摂殿 250名まで 1,000,000円
蓮華の間 60名まで 500,000円
慈雲閣1階+2階 120名まで 600,000円
慈雲閣1階のみ 60名まで 400,000円
火葬料金
安置室料金
駐車場 あり(200台)
その他 増上寺は港区にある斎場で、寺院が運営する葬儀場ですが、宗派を問わず葬儀を執り行えます。
最寄りの各駅より徒歩5分と、交通の利便性にも富んでいます。
増上寺は浄土宗の七大本山の一つであり、徳川家の菩提寺として有名な寺院で、東京都内最大級の葬儀場でもあります。
また、建物別に4つの斎場があるので、家族葬から大型葬まで葬儀のタイプに合わせて使い分けができます。
増上寺に火葬場はないため、火葬の際は桐ケ谷斎場(品川区)か代々幡斎場(渋谷区)へ移動して行います。
増上寺(ぞうじょうじ)
こちらの式場でのお葬式なら、お任せください
0120-49-3096 (24時間対応)
東京葬儀のプラン
増上寺の外観

外観

増上寺の施設について

「増上寺」は浄土宗のとても有名な寺院で、七大本山のひとつです。
文化財が多数収蔵されていることでも有名ですが、葬儀においても、寺院運営の斎場があります。
芸能人、有名人や、著名人の葬儀、大きな社葬が多く行われており、大規模葬儀に向いた葬儀施設です。
一般葬でも中規模以上の葬儀に向いています。
「お別れの会」などにも利用できます。

有名ですので、会葬者への連絡の際に話のとおりが良いこと、公共交通機関の各線の接続がよいこともメリットです。
都心ですが、駐車場も多く設置されています。

家族葬などの小規模な葬儀には適していません。
「増上寺」を利用する選択肢の一つとしては、増上寺への「納骨」も受け付けています。
葬儀自体ではありませんが、本山寺院ならでの利用法です。

都内で屈指の大規模会場ですが、宗教的制限については、寺院担当者に相談する必要があります。
無宗教式には対応しますが、仏教宗派によって対応できないものもあります。

葬儀には、専用の会場が用意されています。
「大殿」「光摂殿(こうしょうでん)」「慈雲閣(じうんかく)」の3会場があります。

「大殿」は、2階の本堂が、500席まで設置できます。「光摂殿(こうしょうでん)」は、250席まで設置できます。
「慈雲閣(じうんかく)」は、1階と2階に分かれ、60席の式場(1)、60席の式場(2)があります。
全館利用と部分利用で、料金は変わってきます。

他にも、「安国殿」が60席程度まで利用できる場合があります。
人数や規模について、施設を使い分け可能ですので、増上寺の担当や、葬儀会社に問い合わせてみると良いでしょう。

ご遺体を葬儀まで安置しておくことが出来ます。安置料は別にかかります。

「慈雲閣(じうんかく)」がバリアフリーに対応しています。
宿泊に関しては、宿泊追加料金ありで、慈雲閣内に宿泊できます。
シャワー、バスルームが設置されています。
利用には、担当者に事前確認が必要ですので、葬儀が決まったら早い段階で打診すると良いでしょう。

会場前への最大300基までの花輪の設置ができます。
テントを設営することもでき、室内ピロティとあわせ、葬儀受付、会計、記帳所を設置できます。

「増上寺」には火葬場がありませんので、品川区の「桐ヶ谷斎場」や渋谷区の「代々幡堀斎場」を利用します。
「臨海斎場」も候補です。
移動用のバスや交通に関して、車の手配が必要です。
葬儀会社に相談しましょう。

「増上寺」敷地内で、ほかの喪家の葬儀も重なる場合があります。
検討の際に留意して置きましょう。

増上寺の使用料について

利用時間は、通夜当日から、葬儀終了までです。
お清めの会食を含みます。

大規模葬儀は、ノウハウがある葬儀社に依頼することが重要です。
質問と見積もりをして、この会場が得意な葬儀社を選びましょう。

「増上寺」での葬儀は、「大殿」と「光摂殿(こうしょうでん)」と「慈雲閣(じうんかく)」で実施されます。
問い合わせの際には、「葬儀の件で」と伝えて問い合わせましょう。
「増上寺」の電話での受付時間は、9:00から17:00です。
そのほかの時間は、公式ホームページに記載のメールでも受け付けていますが、営業時間内であれば、電話の方がはやく連絡が付くでしょう。

相談部署は「増上寺施設部」です。
使用料は「冥加料」として支払います。
ご本尊さまへの「お布施」扱いなので、課税されません。

「増上寺」の施設の構成は多岐にわたります。
各施設の利用に必要なお布施の金額も細かく決められていますので、希望の方法に合わせて相談しながら決めてゆきましょう。
この項では大枠を記載します。

「大殿」は500席設置です。
「通夜葬儀2日で400万円」、「本葬のみ1日で300万円」、「前日飾り1日で50万円」、「初七日で5万円」です。
控えの間、ロビーをどう利用したいか、規模によって変わってきますので、相談が必要です。
規模によって「光摂殿」のロビーも利用したり、組み合わせも相談次第です。

「光摂殿」250席の全館貸しは、「通夜葬儀2日で100万円」、「本葬のみ1日で70万円」、「前日飾り1日で20万円」、「初七日で5万円」です。
「光摂殿」の分割貸しは、「蓮華の間」で60席で、「通夜葬儀2日で50万円」、「本葬のみは利用不可」、「前日飾りの対応せず」、「初七日は加算なし」です。
他にも、控えの間や、ラウンジ、会議室、貴賓室、大食堂など、別個に設定されています。
駐車場の利用についても担当者との相談で融通することになります。

「慈雲閣」は、1階と2階の両方利用で、120席設置です。「通夜葬儀2日で60万円」、「本葬のみ1日で38万円」、「前日飾り1日で12万円」、「初七日の加算なし」です。
「慈雲閣」の1階のみ利用は、60席設置です。
「通夜葬儀2日で40万円」、「本葬のみ1日で28万円」、「前日飾り1日で7万円」、「初七日の加算なし」です。

「慈雲閣」での宿泊は、追加費用で6,000円です。
シャワーがありますので、近隣のホテルを利用するよりも、料金的にも、移動を考えても、状況がゆるせば検討の価値があります。
ご遺族以外ですと、すぐそばに「ザ・プリンスパークタワー東京」があります。

ご遺体の「安置所」の利用状況、料金は、担当者と相談するのが良いでしょう。

増上寺のアクセス、交通について

「増上寺」の住所は、東京都港区芝公園4-7-35です。
電話番号は、03-3432-1431です。

「増上寺」は、公共交通機関各線からのアクセスが良いです。
JR山の手線、東京モノレールの「浜松町駅」から徒歩10分です。
他には、都営地下鉄三田線「御成門駅」から徒歩3分、「芝公園駅」からも徒歩3分です。
都営地下鉄浅草線、大江戸線「大門駅」から徒歩5分、大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩7分です。
東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩10分の距離でもあります。

「増上寺」の寺院の駐車場は10台ですが、斎場駐車場は200台まで対応できます。
会場利用であればそちらを利用しましょう。
「増上寺会館」の駐車場に入るには、三門向左、日比谷通り沿いの「黒門」から入ります。
駐車場利用については、会館全部での台数ですので、どのくらいの数を会葬者に割り当ててよいかたずねましょう。
施設全体の利用状況によって変わってきます。

車の場合、東京駅からタクシーで15分程度ですので、足元に懸念がある方はタクシーを拾ってしまうのも良いでしょう。
自家用車ですと、箱崎の東京シティーエアターミナルから、首都高速芝公園ランプを経由して15分です。
羽田空港からは、首都高速芝公園ランプを経由して20分です。