【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

❶ 何が「ちょうどいい」?

みんながお別れできて、ちょうどいい

家族葬がいいけど友人・知人もお別れをしたがっている

喪主は「家族葬がいい」と思っていても「参列して、ちゃんとお別れしたい!」と思っている人たちもいます。ちょうどいい家族葬なら、通夜にあたる1日目は「友人や知人も呼び」、告別式にあたる2日目は「家族葬」ができる!ちょうどいい!

形式にとらわれなくて、ちょうどいい

あの人らしいお葬式にしたいけどしきたりも大事に

喪主は「お経を聞くだけではなく、あの人らしいお葬式をしたい」と思っていても、親族や菩提寺からは「読経しないとダメだ!」と言われることがあります。ちょうどいい家族葬なら1日目は「あの人らしい自由な時間」、2日目は「しきたりを大事にした厳粛なお葬式」ができる!ちょうどいい!

規模が本当に、ちょうどいい

火葬のみだとお別れの時間がないし、なんか寂しい。でも一般葬はおもてなし費用がたくさんかかる

安さだけを重視して火葬のみにすると言葉通り「火葬して終わり」で後悔や申し訳ない気持ちが残ります。かといって一般葬にすると返礼品や通夜料理などおもてなし費用がたくさんかかってしまいます。そのちょうど間を取ったのがちょうどいい家族葬!まさに、ちょうどいい!

人も、ちょうどいい

若い新人は頼りないし、ベテランは仕事感が出てていやだ

これは正直オマケなのですが、東京葬儀プランナーの平均年齢31歳!経験を積んで脂がのってきつつも、若い正直さ、誠実さ、フットワークの軽さも持ち合わせます!ちょうどいい!

次は・・・ ↓↓↓