【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

ちょっといい火葬式

費用詳細

実際のご請求書を公開
ポイントを解説いたします
お葬式の様子はコチラ

ここがポイント

①たくさんのお花でお見送り

火葬式花
東京葬儀の火葬式はお花の量が自慢
「こんなにたくさん用意してもらえるなんて」
「綺麗な花でお別れできて本当に良かった」
という声をいただいております

火葬式でもしっかりとお別れをしてもらいたい
そういった想いがあるので、
お花をたくさん入れたプランになっています

②使わない物を引ける

減額請求書
プランから使わない物を引くことができます
未使用品はもちろんプラン料金から減額いたします

ですが、火葬式プランは
東京葬儀が考える「最低限」で作成したプランです
私たちもそれぞれの項目について
どんな意味があるのかなど、
ちゃんと説明することを大切にしています
ですので安易に引くのではなく、
しっかりと考えた上でご検討ください

③プラン以外の費用

相談
プラン料金の他に必要な費用があります
それが「施設利用料」「オプション」です
これはどの葬儀社も同じなので
比較する際は必ず「総額」で比較してください

施設利用料は火葬するのに必要な費用で、
地域によって違いがあります
しっかりとご説明いたしますので
ぜひご相談ください

火葬式の流れ

  • ご連絡
  • お迎え
  • ご安置
  • お打合せ
  • 火葬
  • 収骨・散会
  • 自宅後飾り
  • アフターサポート

ご逝去からお迎えまで

  • 寝台車
    寝台車
  • ドライアイス
    ドライアイス
  • 枕飾り
    枕飾り
ご逝去
ご逝去
「お電話一本ですぐお迎えにむかいます」

通話無料24時間365日対応
専門スタッフが24時間待機しておりますので、お時間を気にせずお電話ください。
事前に準備していただくものは一切ございません。

お迎え
お迎え
病院またはお亡くなりの場所まで、お電話をいただいてから最短30分で、寝台車にてお迎えにあがります。
※警察署や施設などにもお迎えにあがります。
※事前のご相談・資料請求などしていなくてもご依頼可能です。
ご安置
ご安置
「追加料金を気にせずお葬式まで過ごしてほしい」

首都圏では式場の空き状況によってお葬式までに10日以上お待ちいただくことがあります。
東京葬儀では何日お待ちいただいても、ドライアイスの追加料金は発生いたしません。

お打ち合わせから納棺まで

  • 手続き代行
    手続き代行
  • お棺
    お棺
お打ち合わせ
お打ち合わせ
火葬場や、プラン内容についてなどのご相談をします。
追加したい項目や、減らしたい項目など、希望をお聞かせください。
不安な点は何でもお話しください。
※万一の際は、冷静に考えることが難しいので、
ご逝去前、事前のご相談を推奨しております。
役所手続き
役所手続き
ご家族が亡くなられたときに、行わなければならない手続きが多数ございます。
煩雑な手続きも、私たちが責任を持って代行いたします。
納棺
納棺
スタッフが故人さまのもとへお迎えに上がり、故人さまをお棺にお納めします。
※一般的にはご家族お立ち会いで納棺いたしますが、立ち会わずお任せいただくことも可能です。

火葬から収骨

  • 寝台車
    寝台車
  • お別れ花
    花盆
  • 骨壷
    骨壷
式場まで搬送
式場まで搬送
ご安置施設から火葬場まで移動します。
火葬
火葬
火葬にかかる所要時間は、1時間程になります。
ご家族は控え室にて休息し、「お骨上げ」を待ちます。
収骨
収骨
火葬が済むと、まずは火葬炉から故人様が出てくる所を見届けます。
収骨は二人一組となって1つのお骨を箸で拾い上げます。
これを「はしわたし」と呼び、彼岸への橋渡しという意味があります。

お葬式が終わってから

  • 後飾り
    後飾り
  • 手続きリスト
    手続きリスト
  • 特別価格の仏具
    特別価格の仏具
  • 法要お手伝い
    法要お手伝い
  • 税理士による相続無料相談
    税理士による相続無料相談
  • 司法書士による相続無料相談
    司法書士による相続無料相談
  • 弁護士による相続無料相談
    弁護士による相続無料相談
お葬式後
お葬式後
「一番大変な”お葬式後”をサポート」

「仕事や家事をしながら膨大な手続きに追われる」
「わからない手続きだらけで二度手間三度手間・・・」
「持ち家などの遺産相続でもめてしまう」
東京葬儀はお葬式後のサポートもプラン内に入っています。

ご自宅安置での火葬式実例

最初にお見せしたご請求書
実際にどんな火葬式だったのか
ご紹介いたします

「お葬式はしたくない」

事前の打合せの際に、
喪主様はそうおっしゃっていました。

ですが、しっかりとお別れをする時間、
感謝を伝える時間をとってもらいたい。
そういう想いが東京葬儀にはあるので、
ご自宅での安置を提案しました。

ご逝去後、実際に安置はご自宅にすることに。
そして火葬式当日。

自宅から火葬場に向かう前に、
お別れの時間を設けました。

好きだったビールで献酒を行い、
メッセージを書いた折鶴を、
お花と一緒に棺の中へ。

鶴を折りながら、思い出話に花が咲き、
「とても良いお別れの時間でした」
「お花も綺麗で満足です」
というお言葉を喪主様からいただきました。

 

火葬式を選ぶ方が、今増えています。

東京葬儀は「火葬だけ」ではなく、
できる限り、ゆっくりとお別れをする時間を
作り出せるような提案を心がけています。

費用を抑えながら、しっかりとお別れを。

これが東京葬儀の
「ちょっといい火葬式」です。

←東京葬儀のプランへ戻る