【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式費用の仕組みを「ラーメン」に例えてみた

これをラーメンで例えると・・・



こんな感じ


ちょっと待った!
たしかに「安い」けど

ラーメン頼んだのに・・・


「麺が入っていない!」



つまり・・・
↓↓↓


請求額は・・・?


結局すべて「追加料金」……
盛りだくさんで食べきれない……
何よりも「高く」なった……


こういったラーメン(広告)が増え、
「東京葬儀って高い!!」
と言われることが多くなりました。
でも、確かに東京葬儀の金額表示は高いです。

それはなぜか?
MAXでかかる金額を提示しているからです。
これをラーメンで例えると・・・



東京葬儀はこんな感じ


え? 多い?
わかってます。
ここから、あなた好みに合わせていきます



つまり・・・
↓↓↓


あなたに「ちょうどいい!」


無料だからもらってみる。ちょうどいい絵本のようなパンフレット無料だからもらってみる。ちょうどいい絵本のようなパンフレット

なんで東京葬儀は「全部のせ」なの?

「お葬式はご家族によって変動が多いから」
例えば・・・
「距離の長さ」で請求される【搬送料】で言えば

Aさんは△△病院で亡くなって、有料安置施設に搬送。
Bさんは〇〇病院で亡くなって、自宅に搬送。
Cさんは自宅で亡くなって、自宅に安置だから搬送なし。


だった場合に
Aさん、Bさん、Cさんが
同じ搬送距離のハズがないですよね。


また、
Aさんは火葬場が混み合っていたため「1週間」安置した
Bさんは遠方の親戚が来るのを待って「4日間」安置した
Cさんは家族だけだったので「1日」しか安置しなかった


この場合でも
安置料金が同じになるハズがありません。

いろんな要素で変動してしまうお葬式費用だからこそ
東京葬儀は「全部のせ」にして
どんなご家族でも追加料金がかからないように
MAXでかかる金額を先に提示し
あとから引いていく形をとっています。



まとめると…

Aタイプ:最大金額を明記して、使わない分は希望に応じて減らす葬儀社
Bタイプ:安い金額を明記して、使う分はすべて追加料金とする葬儀社
があり、

葬儀業界全体を見ても
Aタイプの葬儀社は非常に少なく、
見つけることが難しいです。
また、お葬式は招待制ではないため
当日人数が増えたり減ったりします。

「20名と聞いていましたが
1名増えて21名になったので
プランが一つ上がります。
追加料金は20万円になります」

などというトラブルもよく聞きます。


38秒~料金のことに触れています(お客様インタビュー)

あなたに合った見積りをもらうあなたに合った見積りをもらう