【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

新宿区のおすすめ斎場と葬儀体験談

新宿区には数多くの斎場があり、新宿区が運営している斎場から民営の斎場、寺院が運営している斎場までさまざまです。

中には火葬場が併設されている斎場もあるので、区内だけで通夜から告別式・火葬まで全て行えてとても便利です。

一番便利なのはやはり火葬場が併設されている斎場ですが、便利な斎場は人気が高くて年間を通して混み合っていることが多いため、あえて近くの小さな斎場を選んでみても良いでしょう。

新宿区が運営している斎場なら料金が優遇されることもあるため、斎場を選ぶときにはチェックしてみることをおすすめします。

新宿区の火葬場が併設されている斎場

「落合斎場」には火葬場が併設されているため、通夜から告別式・火葬まで全てまとめて執り行うことが可能です。

火葬の際に他の場所まで移動する必要がないので、大規模な葬儀を執り行いたいときには特に便利かもしれません。

霊柩車やマイクロバスなどの手配も不要なので、葬儀費用も安く抑えられます。

火葬場が併設されている斎場は年間を通して混み合っていることが多いですが、もしも空いているのなら是非選びたい斎場ですね。

斎場の予約は事前にしておくことができないものであるため、亡くなられてから手配することになります。

落合斎場なら24時間365日受付しているので、もしものときでも安心です。

新宿区が運営している斎場を利用する

できるだけ葬儀の費用を抑えたいと考えている場合には、新宿区が運営している区営の斎場を選ぶと良いでしょう。

新宿区が運営している斎場は、「牛込箪笥地域センター」や「落合第一地域センター」です。

どちらの斎場も、故人または喪主が新宿在住であれば低料金で利用できます。

新宿区民のために運営されている斎場でもあるので、初めての葬儀でも安心して執り行えるでしょう。

ただし、どちらの斎場にも火葬場が併設されていません。
落合斎場に移動して火葬を行うか、別の区の火葬場を利用することになるでしょう。

新宿区の葬儀体験談

家庭葬儀が多く経験した初めての都内の葬儀

私の出身は田舎で不幸があると皆で手伝い、葬式、お通夜など御実家でやる方が多い場所でした。

以前東京の葬儀に参列させて頂きましたが、しきたりなのか宗教なのか、私の実家とは細かい作法などが違いました。

ですが、式が始まる前にちょっとした冊子の様な物で説明が書いてあり、慣れてない方でも恥ずかしい思いをしなくてもよかったので助かりました。

また喪主の方に聞いた話なのですが、参列してくださった方への挨拶の文章などは頼めば用意してくださるようです。

自分の言葉で伝えないのは少し違うと思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、葬儀を行うのは、近しい人に不幸があり、色々と不安定でなにもかもままならない時です。

混乱して言葉を紡ぐより、参列してくださった皆様に用意してもらったとはいえ、きちんとした言葉をお伝えできるのはとてもありがたい事だと思いました。

暮らしていた御家族であげるのもいいですが、様々な心配りができるスタッフにお願いするのもまた一つの形かと思いました。

しめやかに滞りなく

昨年、3歳年下の弟の葬儀を堀之内斎場で行いました。既に両親ともに他界しているため、長男である私が喪主を務めました。

私ども家族はマイカーを所有しておりませんので、JR駅のタクシー乗り場から斎場までは乗って行きました。

五日市街道を真っすぐ行くだけなので、ほんの5分もあれば着くので、非常に便利でした。

斎場は閑静な場所にあるので、しめやかに厳かに式を執り行うことが出来ました。

会場内も質素ではありますが、品の良い作りと働いているスタッフの方々の対応で、非常に印象は良かったです。

精神疾患があったせいで、人付き合いの殆ど無かった弟なので、身内だけのこぢんまりとした葬儀ではありましたが、上がられたことで少しは勤めを果たせたのかなと今は思っております。

スタッフの会話が聞こえてしまい悲しくなりました。

叔父のお葬式を新宿区で行いました。葬儀が始まる前、親戚の方との会食をしていた時の事です。久しぶり会った親戚と会話をしていると、違う声が聞こえてきました。

葬儀をお願いしているスタッフの方の話声でした。

おそらく小声で話しているから聞こえないと思っているのでしょう。女性2人が笑いあっていたのです。

言い表せない凄く悲しい気持ちになりました。

葬儀が始まり、順番にお焼香する場面の事です。

人が立ったり、座ったりし慌ただしい音がするから大丈夫と思ったのでしょうか、ここでも同じ女性たちがこそこそと世間話をしていたのです。

人が不幸で悲しんでいるのにその態度は何なのか。
憤りを感じました。

ただ良い面もありました。
全員で亡くなった方がお好きだった歌を歌ったのです。

会場が1つになり、亡くなった方が笑っているように感じました。

葬儀会社の方は、他人の葬儀だから関係ないのはわかります。
しかし、葬儀をお願いした家族の気持ちを1番に考えて欲しいと思いました。

直接、親しかったわけではなくても、やはり葬儀は悲しいものです。

主人の取引先の役員の方でしたので、ほぼ主人の付き添いという形と女手が必要かもしれないという理由で、参列しました。

喪主が、奥様だったのですが、かなり憔悴してらっしゃって、今にも倒れそうになられていたのを、覚えています。

主人曰く、脳卒中による突然死で、まだ40代だったのもあって、悲しむというよりも呆然とされている方が多かったと思います。

女手の方は足りていたみたいで、単なる参列者として過ごしていたのですが、やはりご葬儀は悲しいものですね。

お顔を見るのも初めてで、お名前を数回伺った程度でしたが遺影を見ていると涙が出てきました。

主人と歳が近かったので、主人と重ねてしまったのかもしれません。

帰宅後は、しばらく主人が帰宅するまで落ち着きませんでしたし、より健康に気遣うようになりました。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック