【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

千代田区のおすすめ斎場と葬儀体験談

千代田区には斎場が少なく、区内の斎場が予約でいっぱいになっていたら他の地域の斎場を利用しなければいけません。

千代田区の斎場を調べておくとともに、近隣の地域の斎場も一緒に調べておくと良いでしょう。

万が一、区内の斎場が予約で埋まってしまっていても、他の地域の斎場をあらかじめ調べておけば慌てずに済みます。

千代田区内の斎場には火葬場もないので、近隣の地域で火葬場が併設されている斎場も探しておきましょう。

千代田区が運営している公営の斎場

千代田区には、区が運営している公営の斎場があります。

「千代田万世会館」は公営の斎場なので、故人または喪主が千代田区民であれば、通常よりも低料金で利用できます。

葬儀費用をできるだけ安く抑えたいと考えている人はもちろん、
千代田区民のために運営されている斎場であるため、初めて喪主を務める人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

千代田万世会館は、最寄りの秋葉原駅から徒歩3分で向かえますし、宗教・宗派を問わず葬儀を執り行えます。

参列者も集まりやすい斎場なので、千代田区で葬儀を執り行うときには是非利用してみたいですね。

ただし、千代田万世会館には火葬場が併設されていません。

火葬を行うときには、火葬場がある斎場に移動しなければならないので、霊柩車やハイヤーの手配を忘れないようにしましょう。

火葬場が併設されている近隣の斎場

火葬場が併設されていて、なおかつ千代田区から近い斎場といえば、荒川区の「町屋斎場」や新宿区の「落合斎場」です。

どちらも大きな斎場なので、火葬を行うときに移動することになっても、参列者が再び集まりやすいかもしれません。

火葬場が併設されている斎場は大変人気があるため、年間を通して混み合っていることが多いです。

家族や親戚が亡くなったときには、千代田区の斎場をすぐに手配することが大切ですが、火葬場もすぐに手配できるようにしておきましょう。

千代田区の葬儀体験談

お世話になった先輩のお葬式でサプライズされました

千代田区での参列者として葬式に参加しました。

参列した際に良かったのは、小さい葬式場で多くの参列者が来ているなかでモニターを利用していた点です。

二階を利用してモニターで葬式場を見るという感じになっていて、小さい葬式所でもたくさんの人が参列することが出来ました。

多くの人に看取られて天国行くこと出来たと思います。

感動した点として、参列した人の名前を一人一人お坊さんがお経の時に呼んでくれたことです。

サプライズのような演出にすごく感動しました。

大変お世話になった先輩のお葬式だったので、お経で自分の名前を呼ばれた時には強い思いがあふれ出して泣きそうになりました。

無事に天国に見送るすることが出来たので本当に良かったです。

本当に涙を流し、感動した演出のお葬式でした

千代田区のお葬式に参列したときの話です。

高校の時にお世話になった先輩だったのですが、その時に先輩が好きだった尾崎豊の歌が流れました。

昔先輩と一緒に歌った思い出がプレイバックしてしまい、涙を流してしまいました。
先輩の顔を見た時には涙が止まりませんでした。

感動した葬式はあの時だけだったと思います。参列して本当に良かったです。

先輩が亡くなり15年近く経ちますが、今でもあの葬式の事は忘れません。
みんなで涙を流して先輩を天国に届けました。

45歳という若い年齢で亡くなり、重い空気の葬式になるのではないかと予想しながら
参加しましたが、実際はみんな笑顔で先輩を見送ることが出来ました。

本当に感動した演出でした。

近くに賑やかなところがあるので、余計に辛かったです。

会社の先輩が亡くなられて、当時若手だった私は水道橋で行われたお葬式にお手伝いで参加しました。

亡くなられた方はすごくお仕事の幅が広い方で、私以外にも三組織からお手伝いで人がいらしてました。

お香典をお預かりする傍らで、故人の写真をフォトフレームで家族の方が流してらっしゃいました。

昔からのご友人といった方達は、時折涙を見せながら、写真を見ておられたのが印象的でした。

個人はご病気でしたが、直前まで会社にいらしてたので本当に突然亡くなられてびっくりしました。

葬儀が終わったあと、水道橋の遊園地の近くを通りました。
みなさん楽しそうで、少し物悲しい気持ちになったのを覚えています。

御寺が都会に有るのは悪いことでは勿論ないですが、少し考えものかもしれないと思いました。

ペットが家族席にいることに驚きました。

大抵の葬儀ではペットはNG、というのが当たり前だと思っていました。

それが友人の葬儀に参列した際、友人がとてもかわいがっていた犬が家族席でおとなしくしているのを見て、驚きとともに涙があふれました。

普段は、郵便配達や新聞配達の方が訪れると吠えて知らせている犬だったのですが、
たくさんの参列の方にも吠えることなく家族席でじっとしていたのです。

初めての葬儀、普段とは違った空気の中で、長時間その場でじっとしていることは、人間でも大変だと思います。

ましてや家族の中で一番長い時間を共にしてきた飼い主が亡くなったのですから、言うことを聞かず動き回ったり吠えたりするのが普通だと思うのですが…

ところがそのペットは家族と一緒に僧侶の読経を聞き、参列者の焼香の間も吠えることなくじっと伏せの姿勢でおとなしくしていたのです。

本当に家族とともに亡くなった故人を悼んでいるようでした。

この記事を書いた人

坪木 陽平(つぼき ようへい)

家族以外で一番近い存在に

数年前、祖父が亡くなった時両親と葬儀の準備を進めました。
初めて会う方には勿論、ご住職やご会葬者、葬儀社の方にも気遣いばかりで、気が付いたら葬儀は終わっていました。

振り返れば祖父を想いながらしっかり見送ってあげられなかったことが心残りです。
自分の経験からご家族の想いを大切にしたお見送りをしていただきたいと思っています。

私にはいつでも何でもどんなに些細なことでも、遠慮しないでおっしゃっていただける関係づくりを目指しています。

心に残ったこと

お葬式を終えてから半年経ったお客様から電話が来て「元気してるのー?寒くなったから風邪ひかないようにねー」と息子に電話するかのように気軽に連絡いただけたことです。

これからも一人一人との繋がりを大事にしたいと思わせてくれました。

出身:新潟県妙高市

趣味:ラーメン屋巡り、断捨離

好きな映画:「そして父になる」

好きな音楽:GLAY