【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

東京都のおすすめ斎場と葬儀体験談

家族や親戚が亡くなって喪主を務めることになったとき、葬儀を執り行う斎場をどのようにして選んでいったら良いのか悩んでしまいます。

東京都内には数多くの斎場があるので、斎場を選ぶ基準を知っておいたほうが良いかもしれません。

喪主にだけでなく参列者にとっても使いやすい斎場を選ぶのが一番ですが、
どのような斎場が使いやすいのかということを具体的に知っておく必要があります。

斎場を選ぶポイントを確認して、利用しやすい斎場を見つけましょう。

利用しやすい斎場を選ぶポイント

斎場を選ぶときには、執り行いたい葬儀の規模に合わせて選んでいきましょう。

人が集まりやすい斎場であったとしても、集まる人数に見合わない小さすぎる斎場や大きすぎる斎場だと、あまり利用しやすいとは言えないでしょう。

大小さまざまな式場が備わっている斎場もあるので、
参列者の人数がわからない段階で手配を進めるなら、あらゆる規模の葬儀に対応できる斎場を選ぶと良いかもしれません。

また、比較的新しい斎場なら建物内がバリアフリーになっていることが多いですし、トイレや控え室が綺麗で使いやすいです。

集まってくれる参列者のことも考えるなら、綺麗で使いやすい斎場のほうが良いかもしれませんね。

その他にも、火葬場が併設されているかどうか・宿泊可能かどうかなど、チェックしておきたいポイントは沢山あります。

東京都内のおすすめ斎場

スムーズに葬儀を進めるために、火葬場が併設されている斎場を選ぶととても便利です。

荒川区の「町屋斎場」や新宿区の「落合斎場」、渋谷区の「代々幡斎場」などは、火葬場が併設されていてとても大きな斎場です。

大規模な葬儀を行える式場があるだけでなく、葬儀の後に火葬場まで移動する手間が省けるのはとても助かりますね。

敷地面積も広いので、沢山の車を停めておける駐車スペースがあります。
参列者の多くが車で集まる場合にも、大きな斎場を選んでおけば安心です。

その他東京都の葬儀体験談

葬儀場の方々の気遣いがとてもよく安心して送り出すことができました。

2年連続で祖父母がなくなり父が喪主を行いました。

親戚一同皆初めての経験で戸惑いばかりでしたが、葬儀場の方々が丁寧に順序を教えてくださりました。

また心遣いがとても優しく、安心して送り出すことができました。

学会の葬儀ではおしきびがほとんどで家には花を置けません。
また学会人は地域での活動が多いため、知り合いが多いぶん葬儀なども多くなるので葬儀には学会の方はあまり呼びません。

家にお線香をあげに来てもらう形をとります。
時間と日程を決めその間に来てもらい、皆さんは私服で香典などはありません。

なので学会にしか友人がおらず親戚も少ない場合は香典が少なくなってしまいます。

また葬儀は家族葬の場合は喪主が勤行を行います。
友人も含む場合は地区の偉い方に頼みます。

家族葬の場合ほんとの身内だけで行うのでアットホームな感じの式になります。

葬儀のマナーは事前に勉強をしないと悲しい気持ちになる

過去に一度、葬儀に参列いたしました。
友人が突然の事故で亡くなってしまった時です。

その際は葬儀のマナーがよくわからず、恥をかきました。

ですが葬儀を通して故人の人生をひとつひとつ感じることが出来き、参加者は全員感動しておりました。

みんなが挨拶をした際は、故人を思い出され非常に感激してしまいました。

突然、葬儀に参列する場面はありますのでしっかりと事前に勉強をする必要があります。
喪主になる際に、しっかりとできるようにしておきたいと思います。

家族葬に初めて参列、故人との最後のお別れがゆっくりとできました。

家族葬ということで、姉の夫の母の葬儀に私の母を連れて参列しました。

義兄の父が喪主となり、故人を亡くされた経緯を母に葬儀前に私の母に涙ながらに話していたことがとても印象的でした。

残された遺族は話すことによって心の落ち着きがえられると思います。

故人をよく知っている方と喪主さんがお話しできる時間があるのがよかったな、と思いました。

参列者はごくわずかでしたが、派手な演出はなく全員が故人をやさしく見送ることができたと思います。

納棺の際もたくさんのお花や故人の愛用品に囲まれ、きちんとお化粧されたお顔はなにか安心したようにほほえんでいたように感じられました。

出棺の際、参列者が少ないので誰が運ぶのかしらと思っていたのですが、葬儀社の方々がでてきてくれて運んでくれていました。

小さなお葬式でしたが、故人をゆっくり偲ぶことができて、とてもよかったと思います。

厳粛な気持ちになります。

東京都の葬儀に参列しました。
別段、他県の葬儀と変わったところはありませんでした。

仏教の通夜、葬儀に参列しましたが、同じ宗派であれば、どの都道府県でも変わらないのではないかと感じました。

香典は、一般的な相場どおりでしたし、服装なども、世の中の通用どおりのものでした。
何度か、参列したことがありますが、自分に近い人であれば、悲しいのはもちろん、自分に遠い人であっても、その家族などのことを考えて、悲しい気持ちになります。

しかし、そのような悲しい気持ちだけではなく、通夜、葬儀の最中は、きちんと見送ろうと、背筋が伸びる気持ちになります。

これは、自分の個人的な気持ちですが、やはり、特に変わった演出や新しいことをするよりも、従来の通夜、葬儀が良いと思っています。

こぢんまりとしたいい葬儀でした

八王子で父の葬儀をしたのですが、母の想いもあって、あまり大げさにせず行いました。

突然自宅で亡くなったので「亡くなったという事実」を受け入れる間もなく、いろいろなことを決めなくてはならず、とても混乱した覚えがあります。

斎場の担当の方が親身になって下さり無事執り行うことができました。

ある程度、葬儀もパッケージ化されていてイメージや参列者の人数を伝えて家族で選べばよくなっており、突然のことでもなんとかなるものだ、と思ったことを思い出します。

近しい家族の葬儀は初めてでしたので、湯灌も初めて経験しました。
湯灌師の方がとても丁寧に父を綺麗にしてくださり、気持ちよく旅立っていったと思います。

必要なのかな?と最初は思っていましたが、亡くなった方とのお別れをいうために必要な儀式の一つであると感じました。

ただ、斎場が若干不便な場所にあったので、あとから来た夫や子供が迷って違うところへ行ってしまうこともありました。

お越しになる方の交通の便をすっかり失念していたと思います(系列の斎場でもう少し交通の便が良いところもありましたので、そちらを選べばよかったです)。

斎場にはお花を多めにしてもらっていたのですが、弟の勤務先から立派な供花がいくつも届いており花に囲まれた美しい葬儀になったと思います。

とにかく良心的です。

都内のある斎場のお話です。

親戚や知人の葬儀はいつもここになり、喪主等ではなく参列側になります。

対応も非常によく、この予算でと相談すると受けてくれますので、金銭的な面でかなり融通を利かせてくれるので本当にありがたいです。

印象としては大広間的な座敷があり、そこで宿泊可、常に出入りが出来るので一旦家に帰って再び訪れることもでき助かります。

喪服に困ったときは迅速に対応をしていただくことも出来ました。

お寺や他の葬儀場と比べ、気楽に葬儀ができて堅苦しさがないのも良いと思います。

式場というよりは会館なので本当に気持ちが落ち着きます。

四十九日の法要時にはビールなどを運んでくださる方がとても気さくでほっこりとしました。

会館の社員さんはお仕事柄ぴしっとしていますが、悲しみの後のお食事はあまりしんみりせずに故人の供養としてお話しながら穏やかに過ごせてとても良かったです。

引っ越しをしない限り、私もこちらでお世話になりたいと思っております。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック