【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

埼玉県のおすすめ斎場と葬儀体験談

埼玉県には、数多くの斎場があります。

市が運営している公営の斎場は利用しやすいところが多いですし、火葬場が併設されている民営の斎場や、寺院が運営している格式高い斎場もあります。

それぞれの斎場に特徴があり、執り行える葬儀の規模もさまざまです。

執り行いたい葬儀の規模や条件に合わせて、最適な斎場を選んでいきましょう。

埼玉県の利用しやすい斎場を選ぶポイント

埼玉県には数多くの斎場があるため、利用しやすい斎場を選ぶためのポイントを知っておいたほうが良いでしょう。

まず、火葬場が併設されている斎場は便利に利用できます。

葬儀を執り行った後に火葬場まで移動する必要がないですし、霊柩車やマイクロバスの手配も不要です。

経済的にも助かるので、葬儀費用をできるだけ抑えたいと考えている人や、初めて喪主を務めるという人は、火葬場が併設されている斎場を選ぶと良いかもしれません。

また、最近建てられたばかりの斎場だと、建物内がバリアフリーになっていたり火葬場に煙突がなかったりと、近代的な造りになっていることが多いです。

新しい斎場は明るくて綺麗な雰囲気のところが多かったりもするので、喪主だけでなく参列者にとっても利用しやすいでしょう。

埼玉県のおすすめ斎場

さいたま市にある「浦和斎場」や「大宮聖苑」は、火葬場が併設されている大きな斎場なのでおすすめです。

市が運営している公営の斎場でもあるので、さいたま市民はさらに利用しやすいでしょう。

もちろん、広くて便利な斎場なので、さいたま市民以外の人たちも多く利用しています。

特に浦和斎場は、75人まで収容できる小さめの斎場と、100人まで収容できる大きめの斎場の2つを兼ね備えています。

小規模な葬儀から大規模な葬儀まで、執り行いたい葬儀の規模に合わせて柔軟に対応してもらえます。

埼玉県でスムーズに葬儀を執り行いたいと思ったら、まず浦和斎場の空きを確認してみると良いかもしれません。

また、これらの斎場以外にも、埼玉県には利用しやすい斎場が沢山あります。
故人の希望に合わせた葬儀を執り行うためにも、希望する葬儀について生前に聞いておくと良いかもしれません。

スムーズに斎場を決められるので、困ることも少ないでしょう。

埼玉県の葬儀体験談

ご遺体の無い、全員がほぼ初対面の気まずい葬儀

去年私の旦那の葬儀をしました。

ご遺体の無いと書きましたが何故かというと、それは自死だったため、先に火葬しなければいけない状況だったからです。

なので、葬儀と言っても遺骨と写真を置いて、お経を読んでもらうだけの葬儀でした。

正直、私の気持ちとしては、密葬にしたかったくらい親戚付き合いもなく、旦那の携帯電話から話の伝わりそうな親戚に連絡をしただけで、今まで付き合いがあったわけでもない従兄弟にあたる方々でした。

その際に来ていただいた方々とお食事を…と言うほど交流も無く、全員集まっても7名だけの葬儀でした。

少人数であろうが、大人数であろうが、今までに話した事がない親戚だとしても用意しなくちゃならないんだろうなと凄く嫌でした。

葬儀場から見せられたパンフレットには立派な精進料理が並んでいましたが、正直この時の気持ちでは長居されたくない事、一緒に食事したくないであろう(お互いに)、そして早く帰りたい(お互いに)であろうと考え、1500円の一番安いお弁当にしました。

そして、葬儀場のスタッフの方にも、食事しましょうという流れというよりは、お食事するお部屋があります。というお知らせだけにしてもらいました。

ここからは予想通りでした。
お弁当という事もあって、相手側の親戚は持ち帰ります。と言い出し、用意された紙袋に詰めて帰っていきました。

双方の関係性や、集まる方々にもよるとは思いますが、形式にとらわれ過ぎずに如何に保守的な行動を取るかで葬儀でのストレスは軽減できると思います。

出来れば一生喪主にはなりたくないなと思った経験です。

家族葬は最後まで温かい気持ちで終えられました。

先日祖母が亡くなりました。年齢も100歳近く大往生でした。

前もって亡くなった際には、年齢も年齢のため、家族葬を行うことが決まっていました。

私は家族葬に初めて参列しました。

小さな葬儀場で、同じ1室で全てが執り行われます。
入口の二重扉を開けるともうすぐに祭壇が見えました。

祭壇の前には家族の人数分だけの椅子が並べられており、棺との距離もとても近いです。

お通夜の際には、その椅子を並べ替えテーブルを置き、その場で食事会が行われました。
親戚一同がとても近い距離で、祖母を囲むような形で食事ができました。

寂しい気持ちはありますが、祖母のおかげでみんなが集まれて、とてもアットホームな気持ちで終えることができました。

長く住んでいたところの近くで、みなさんが集まっていただけるようにしました。

父が倒れてから4日間という短い時間のなか、頭の整理もできなかったです。

しかし母も同じ状態だったため私が気を張らないといけないと思いました。

近所の方々の情報があり無事に終えることができました。
近所のコミュニケーションは非常に大事であることを知りました。

また父の会社の方々も遠い所では、北は秋田県・西は福岡県という時間も交通費もかかる所からお越しいただいたことに対し大変感謝しております。

葬儀場は埼玉県の春日部駅から5分のところの東冠メモリアルを紹介していただきました。

葬儀場の方々も私達が気付かないことも指示していただき感謝しております。

私の親戚が父の実家のようにやろうとしていたため、大変ご迷惑をおかけしました。

私からよくある葬儀で良いとお話しをさせていただき何事もなく無事終えたのは、葬儀場の方々でした。
大変感謝しております。

今は遠い所になってしまいましたが、同じ系列の葬儀場が近くにあれば私の時にはお願いしたいと思いました。

パニック状態でした

すでに何回か葬儀は経験していましたが、喪主でしかも近親が自分だけというのは初めてでした。

勿論親戚は参列してくれましたし、1人が葬儀社との手続きなどの時に立ち会ってくれましたが、最終的な結論は自分だけで出さねばならず、これまでの親族でおこなった葬儀の時を思い出しつつ動いたのです。

とは言っても一人だけなので、結果ひたすら駆け回っていて何が何だかよく記憶できていないと言うのが事実です。

お坊さんの手配などは葬儀社がやってくれたものの、どの宗派だったかもうろ覚えと言うか聞く相手もいないので難渋しました。

またふと気が付けば、火葬場からの帰宅はやはり一人きりで、しかも骨壺と戒名持ったままと言う電車にも乗りづらい姿でした。

葬儀社の車に同乗させてもらえたので、何とか無事帰宅できましたが、一応段取りは頭に置いておいたつもりでも、やはり一人で仕切ると言うのはかなりパニック状態であったのも事実です。

父親の葬儀を行った時、初めての葬儀だったので一から準備をするのは大変でした

亡くなってからの葬儀の準備は悲しむ間も無いくらいの速さで進んで行きました。

葬儀の段取り、花の配置、どのくらい参列するのかなど決めなくてはいけない事が沢山有りました。

私の家がしていただいた葬儀会社は葬儀中に写真を撮っていたのですが、最初はボロボロの泣き顔を写真で残されるのはどうなのかと思っていました。

ですが見返してみると、どんな方がいらしてくれたのか、どんな方が花を出してくれたのかなど写真を見ればすぐに分かるところが後々すごく便利で良かったと思います。

葬儀の際、かける曲や飾る思い出の品や写真などがあったのですが、私の父親はバイクが好きで大事にしていたものがあったのでそれを飾らせていただきました。

他の方の葬儀に参列した事もありますが、そのような大きな物を飾っているところを見た事がなかったので家族としてもそのような演出をして頂けて嬉しかったのを覚えています。

旦那の父親の葬儀も行ったことがあるのですが、その時は香典の計算がすごく大変でした。

やはり袋に書いてある金額と中身が一致しないものもあったので、しっかり書いてある金額と中身を照らし合わせたほうがいいなと実感しました。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック