【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

気をつけて!葬儀社の一括見積もりサイトを利用する際の注意点

一括見積もりの注意点

「葬儀社を探す時は、何社か見積もりを取った方がいい」
これは正しいです。
「一括見積もりサイトなら簡単に色々な葬儀社から見積もりが貰える」
これも正しいです。
ですが、サイトの特徴などを理解していないと大変な思いをすることになります。

知っておいて欲しい2点を書いていきますので、ご確認ください。

①葬儀社の数

見積もりを一括で依頼することになる葬儀社の数。これをまずは確認しましょう。

3社?5社?10社?

想像してみてください。依頼したということは、その数だけ見積もりが届くということです。
メールや郵送、正確な見積もりを作成する為に電話をくれる葬儀社もあります。
連絡や、見積もりが届くタイミングも同じことが多いでしょう。
想像してみてください。全てに対応することが出来ますか?検討する前に嫌になってしまいませんか?

「たくさん連絡が来て怖くなってしまった」
「資料がいっぱい届いて何が何だか分からなくなった」

そういった声をよく聞きます。
ですので、一括で依頼する際にはその数に注意してください。

選べる場合は自分が対応できる葬儀社の数だけにしましょう。

②内容と費用

さて、見積もりが届いたら次に何をしますか?
「よし、比べてみよう!」と、思っても上手くいかないのではないでしょうか。
それは何故か。理由は「何をどう比べていいか分からないから」

葬儀の項目は分かりにくいものが多いです。
何に使うのか、本当に必要なのか、これで全部足りているのか…などなど。
同じ項目なのに葬儀社によって金額が違う。こっちには入っているのにこっちには無い。
もう何が何だか分からない。

それで結局、合計の見積もり金額だけを比べてしまう方が多いです。「一番安いからここにしよう」と。
ただ、お願いをした後で色々と項目が足されていき、結果的に見積もりよりも高額に…。
これもよくあるトラブルです。

そんな事を防ぐ為に、見積もりを貰ったら必ず葬儀社の方に説明をしてもらいましょう。
できるだけ直接会って話を聞いた方が良いです。人柄なども見極めることができます。

まとめ

以上のように一括見積もりサイトは便利ですが利用する際には注意が必要です。

一括見積もりを利用する背景には、あまり調べる時間がない等の理由があるとは思います。

ですが、そういったサイトは葬儀社のサービス内容や口コミが掲載されていたりしますので情報収集に活用していただき、気になる葬儀社があれば実際にHPを見て、直接問い合わせるのが一番良いと思います。

自分のペースで一社一社問い合わせていけば、一気に資料が届くこともありませんし、話を聞くごとに知識が付いていくのでしっかりとした比較検討が出来るようにもなります。

また、お見積書に記載されている金額だけを比べるのも危険です。
項目が分からなければ必ず葬儀社に確認しましょう。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

リピーター続出の安心配達人

【古橋が考える東京葬儀のキャッチコピーとは!?】プロフィールはコチラ