【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

新型コロナウイルスの影響で「葬儀」はどう変わったのか?

新型コロナウイルス

2020年4月7日、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・福岡の7都府県に、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づき「緊急事態宣言」が発令されました。
宣言を受け、7都府県の知事は外出自粛や施設使用停止やイベントの中止を要請・指示しました。

そんな中、「お葬式」で使用する火葬場や斎場は、社会生活を維持するうえで必要と判断され、お葬式は滞りなく行うことができます。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、変わったことは多くあります。

実際になにが変わったのか?を葬儀社目線で紹介します。

 

【新型コロナウイルス】「お葬式」の6つの変化

死因によっては最後のお顔が見れない

コロナに感染していた方、または感染の疑いがある方の場合、
納体袋で覆われてしまうためお顔を見ることができない可能性が高いです。

お迎えの車や、霊柩車に家族が同乗することができない

病院から安置所への移動の際や、
位牌や遺影写真を持った家族が霊柩車に乗る光景を見たことがあると思うが、
感染のリスクを抑えるために霊柩車などに同乗できない可能性があります。

特に近年では、火葬の際も霊柩車ではなく、搬送用の寝台車でお連れする場合が増えており、
必ずしもお棺に納まった状態でお乗せしているわけではありません。
運転手との距離も非常に近く密室のため、同乗をお断りする搬送業者も増えてきています。

同行の際は、自家用車かタクシーの手配をしておくとスムーズです。

安置所での面会も、制限が多くなる

時間の短縮化、人数の制限、棺やお体に触れられないなど以前はできていたことが制限されている。
面会自体をお断りしているところもあり、一度安置所に移してしまうとお式場や火葬炉まではお顔を見たりできなくなることもあります。

病院や介護施設での面会もできない、制限される

ご高齢の方が多い施設だけに、感染拡大を防止する措置がいち早くとられているのが病院や介護施設です。
お葬式の際にお顔を見ることが難しくなってきましたが、
そもそも病院や介護施設などで面会をお断りされているようです。
デジタル化が進む今だからこそ、手書きのお手紙に写真を添えて送るなどの交流はいかがでしょうか。

通夜も自粛要請

できる限り接触機会を減らすため、通夜を自粛する動きが進んでいます。
もちろん強制ではありませんが、会葬者の間隔を空けたり、通夜の料理を用意しないなど対策が必要とされています。
ご参列頂いた方に対しては、お料理の代わりにお品物を別途でご用意してお渡しをすることで、
より丁寧にお返しされるご家族が増えてきています。

ここで一番注意が必要なのは、菩提寺様のお考えとの折り合いの付け方です。
本来お通夜は仏教的な意味合いが強く、菩提寺様の中には一日葬や火葬式を良しとされないお寺様がいらっしゃいます。
それ自体はとてもありがたいことですし、しっかりとご読経を上げていただくに越したことはありません。
しかし現在の状況は今までとは大きく違い、「お通夜を行いたいけれどできない」というご家族が大半だと思います。
お寺様にもご協力をお願いし、そういったこともお手伝いしてくれる葬儀社を探してください。

法要も自粛へ

ご火葬が終わってから次にご家族が気にされるのが、四十九日法要です。
お墓をお持ちであれば納骨もあわせて、親族集まって食事に…というのが今までの主流でした。
しかし新型コロナウイルスの影響は法要にも出てきています。
法要をする場所の問題と、食事処も土日は休業するところも。
これでしっかりと見送れているのかなとご不安になる方もいらっしゃると思いますが、
一番大切なのは故人様を想うお気持ちです。
写真を食卓において、家族で思い出話を語る。そんな記念日になさってはいかがでしょうか。

最後に

葬儀社目線でお話をさせていただきました。
大きな流れから細かなところまで、まだまだ葬儀業界も変化・対応に追われています。

葬儀は専門的な事が多く、私もお客様から「何が分からないかが分からない」というお声をたくさん頂戴します。
まずは気になった点を書き出して、葬儀社にご質問いただければ一つ一つお応えいたします。

 

この記事を書いた人

吉田 一海(よしだ かずうみ)

ロマン溢れるドラマメーカー

【吉田の「心理テスト」の結果は!?】プロフィールはコチラ