【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式ライブラリ

お葬式の価値を高める「ナレーション」とは

皆様は、お葬式にどのようなイメージがあるでしょうか。 お葬式には、故人を偲ぶ場面が数多く存在します。 最近はお坊さんを呼ぶお葬式ではなく、無宗教でお葬式を執り行う方も増えてきました。 思い出のDVDを作成して上映したり、 続きを読む >

最低でもこれだけは知っておこう!喪主が女性の場合の注意点

家督制度がなくなった現代社会では、喪主を決める基準は、亡くなった方の配偶者が一番手となります。 そうなると、当然女性の方が喪主を務める機会があります。 喪主の主な役目として、「葬儀社を決める」というものがあります。 今回 続きを読む >

【最新葬儀事情】そぼくなお葬式の疑問 ~想い出コーナー、メモリアルコーナーの作り方~

参列したお葬式で、故人の写真や趣味の道具などが飾られた「想い出コーナー」をご覧になったことはあるでしょうか。 故人と家族の想い出の品々を、参列してくれる方に見てもらうためにお飾りする場所を指します。 式場の一角やロビーを 続きを読む >

心に残るお葬式を。思い出料理のススメ

関東では通夜料理を来られる方皆様に振舞う風習があります。 料理をお出しする側の風習として、来ていただく方へ料理を振舞うことで「故人様の徳を積む」という意味があり、召し上がる側の方は「食べることで故人様の供養に繋がる」とい 続きを読む >

お葬式の素朴な疑問 ~葬儀社が伝える骨壺の種類と価値~

近年、新聞やテレビでもお葬式についての話題を目にする機会が増えてきました。 生前から自分自身や家族のためにお葬式の準備をしたり、故人の為に個性豊かな見送り方が注目されています。 お葬式の形式だけでなく、棺や骨壺などの物品 続きを読む >

お葬式の素朴な疑問 ~葬儀社が伝える棺の種類と価値~

今のご時世、お葬式について一度は考えたことはありませんか? 最近は、近親者のみで執り行う家族葬が注目され、小規模なお葬式が人気を博しています。 簡素なお葬式を希望される方が増えた理由は様々ですが、どんな方でも無駄だと感じ 続きを読む >

都内のお葬式の流れ ~喪主になったら~【通夜3】

このシリーズは現在の一般的なお葬式の流れの例を元に、喪主目線でおこなわなければいけない事と注意点についてご説明していきます。 目次 ※時間軸は例です。実際の状況により前後します。 【都内のお葬式の流れ】喪主のふるまい 1 続きを読む >

都内のお葬式の流れ ~喪主になったら~【通夜2】

このシリーズは現在の一般的なお葬式の流れの例を元に、喪主目線でおこなわなければいけない事と注意点についてご説明していきます。 目次 ※時間軸は例です。実際の状況により前後します。 【都内のお葬式の流れ】喪主のふるまい 1 続きを読む >

都内のお葬式の流れ ~喪主になったら~【通夜1】

このシリーズは現在の一般的なお葬式の流れの例を元に、喪主目線でおこなわなければいけない事と注意点についてご説明していきます。 目次 ※時間軸は例です。実際の状況により前後します。 【都内のお葬式の流れ】喪主のふるまい 1 続きを読む >

思い出に残るお葬式 メモリアルコーナーのすすめ

お葬式に参列されたことのある方は、故人様のお写真や故人様にゆかりのある品物が、展示されている式を見かけたことがある方もいらっしゃると思います。 「思い出コーナー」は近年のお葬式でよく見かけるようになりました。 しかし、実 続きを読む >

通夜には、通夜の意味がある

お通夜とは本来、家族が亡くなった夜近しい家族や親戚が集まって、夜通し線香を絶やさず、最後の時間を故人様と過ごす時間でした。 医学まだ未熟だった時代、同時に死の確認をする意味もありました。 現在お葬式場でお通夜を行う場合、 続きを読む >

プロが答える!葬儀のギモン 弔電・供花・供物って?

お香典は、いただいたら、当日その場で香典返しお渡しするか、もしくは後日、お返しものをお送りするのが一般的です。 弔電やご供花などをいただいた場合も、お返し物をした方がいいのか? そもそも香典や弔電、供花を出す風習はどうい 続きを読む >

お葬式節約術!~お通夜料理編~

葬儀費用の中でも大きな割合を占めてくる、おもてなしお料理費用 来られる方へ失礼のないようにお出ししつつ、出来れば費用は抑えたいものです。 関東お通夜料理に関する風習と、実際にお出しする際のポイントをお伝えしていきます。 続きを読む >

お葬式の価値が変わる?~湯灌って?~

一言でお葬式といってもお葬式には、多くのイベントが含まれています。 その一つが「湯灌(ゆかん)」です。 湯灌とは、簡単に説明すると亡くなった方の身体を専用のお風呂できれいにする儀式のことです。 葬儀に臨む前に行われる儀式 続きを読む >

家族葬と密葬の違いってわかりますか?

葬儀業界でも主流になってきた「家族葬」ですが、お客様から「密葬」と何が違うんですか?という質問をお受けすることがあります。 インターネットで検索をすると、情報が多すぎて何が正しいのかわかりにくいですよね。 あるサイトでは 続きを読む >

お葬式にむけてラストメイク~病院で行うメイクとの違い~

今から60年前まで8割以上の方の死に場所「自宅」でした。 最近では、全体の約8割の方が「病院」で亡くなる時代になりました。 それに合わせて、死に化粧といわれるメイクの在り方も変化してきました。 今回は亡くなった直後におこ 続きを読む >

お葬式のタブー?~写真撮影について~

今は、高性能なカメラが付いた携帯電話が普及した事もあり、手軽に写真撮影が出来るようになりました。 葬儀の際にも、親族や葬儀会社スタッフが祭壇や会場の様子を撮影することは当たり前の光景となりつつあります。 だからといってい 続きを読む >

家族葬はなぜ人気?みんなが悩むお葬式のカタチ

最近、「家族葬」という言葉を目にすることが増えてきました。 家族葬は、近所の方や友人、会社関係の方は呼ばずに、身内のみであげるお葬式です。 ただし、葬儀社によって考え方や説明の仕方が異なります。 ある会社では、近しい親族 続きを読む >

葬儀の知識~東京都内のご安置所について~

ご家族が亡くなられた日からお葬式までの期間、故人様にはご自宅、または「安置所」と言われる専用の施設でお休みいただくことになります。 ※法律上亡くなってから24時間は火葬が出来ませんので、最低でも1日はご自宅または安置所で 続きを読む >

葬儀社の仕事ってどんなもの?ちょっと気になる葬儀のお仕事

あなたは葬儀社についてどんなイメージを持っていますか? 最近では「終活」なども世間で浸透してきているので、一昔前よりは注目される業界になりましたね。 しかし、「葬儀社は人の死を商売にしている仕事だ」という言葉を今でもよく 続きを読む >