【東京葬儀】女性に選ばれるお葬式

インターネット上のお墓、「ネット墓」について

現代では、ネットは日常生活の一部です。
そんなネット上に、故人をしのぶ場所を設ける方法は、いくつかあります。

この項では「ネット墓」の種類について、そのメリットについて解説します。

海外の「ネット墓」事情についてもお伝えします。

実際のお墓がある「ネット墓」

「ネット墓地」といいますと、インターネット上にお墓がある、と思われる方が多いかもしれません。

実際のところは、「ネット墓地」は、「実際に物理的にある墓地に、インターネット経由でおまいりできるサービス」の方が一般的です。

家のパソコンからや、スマートフォンから、お墓まで行かなくても、故人や先祖を悼むことができます。

まず「実際のお墓があって、そこにネットでお参りする」種類のものから、ご説明します。

この方式のサービスを従来のお墓の管理に加え、始める墓苑や寺院は、段々に増えています。

お墓参りだけではなく、法要に参加できたり、法事が行えるものもあります。
ライブカメラでのお参りができるところもあります。

この試みは、遠隔地に墓地を持っている多忙な都市生活者や、足腰がつらくなってきて、元気な頃に用意した墓苑に行けない方にとって、便利なサービスです。

物理的墓地を手に入れるには、より郊外に行かざるを得ない状況では、実利的で現実的な方法です。

ご遺族以外にも、友人や知人が、思い立ったときにお参りしやすいのも、「ネット墓」のメリットです。

いつまでも知己の方に親しんでお参りしてもらえることが、ご遺族の心を和らげる場合もあります。

お参りした記録を残せるところや、お花を供えるアクションが用意されているものもあります。

「リアル墓+ネットお墓参り」を提唱する寺院や墓苑は、基本的には実際の墓参をするのが本来の形、と言う立場を取っています。

ネットは、普段に故人をしのぶ役に立てて欲しい、と言うスタンスのところが多いです。

 

利用について

具体的な利用方法は、まずは「会員登録」が必要です。

「インターネット上の墓」に載せる情報としては、「実際にあるお墓の写真」を基本とします。

それに加え、「故人の出身地、経歴、戒名など」「故人の写真」「故人の声や動画」などの、故人をしのべるものを載せます。

費用は、登録料に加え、年会費、音声や動画がある場合は、所定の掲載料が必要です。
内容の変更に関しては、内容変更手数料が必要です。

実は、実際のお墓と、お参りするお墓を分ける発想自体は、昔からあったものです。
「埋め墓」と「参り墓」を、別に作る「両墓制」がそれにあたります。

故人が埋葬されている場所と、お参りする場所は必ずしも同一でなくていいのです。

重要なのは、まずは、ご遺族の心持がやすらかであること、ご遺体、ご遺骨がやすらかに安置されていることです。

「ネット墓」サービスとともに、実際のお墓参りも、現地で、動画やプロフィールを見ながらお参りできるサービスもあります。

デジタル媒体も旧来のお墓参りに利点が導入されています。
こういった「ハイテク墓」は屋内の納骨堂になっているお墓に多いです。

ペット用墓地の「ネット墓」も、サービスがあります。
こうしたものには、ペットロスを乗り越える助けになるものもあるでしょう。

 

01

実際のお墓がない「ネット墓」

「インターネット上に墓所をつくり、実際の墓地を持たない」タイプのネット墓も、サービスの提供が始まっています。
こちらは、前者ほど、数が多くありません。

散骨や本山納骨など、合祀したり、お骨が自然に帰ってしまった後も、個人的な記念碑をネット上に残せるのがメリットです。

基本的な「ネット墓」の様子は、先にのべた「実際の墓地があるタイプ」とあまり変わりません。
「墓地の写真」や「ライブカメラ」はありません。

「公開範囲」に関して、「パスワードをもうけ、ごく一部に公開するもの」と「誰にでも、ネットにつなげれば見られるもの」があります。

「公開範囲を項目ごとに指定できるもの」など、公開オプションがつけられるサービスもあります。

利用について

具体的な利用法も、先に述べたタイプに似ています。
一例を挙げますと、「会員登録」後に利用ができます。

「基本料金」に、会員の会員専用ページへのアクセス権、オーナー用トップページ、公開するメモリアルページ、保存期間分の維持料が含まれます。

「ホームページの内容自体」は「オプション」になり、写真、文章、動画、ムービー、位置情報など、載せる内容によって料金が違います。

「オプション」にホームページ作成料を含む場合が多いです。

「基本料金」内の年間維持費は、かかる場合とかからない場合があります。
加えて、「維持費」として年間に基本料金以外の費用がかかる場合もあります。

費用については、業者によりますので、つど確認が必要です。

永久に残るものではなく、登録から20年や30年の年限を区切って契約する場合が多いです。

これは、実際の墓地の「永代供養」が実際は50年程度で契約更新になるのに似ています。

段々と、故人の知己はいなくなりますから、妥当といえましょう。

実際のお墓がない「ネット墓」は、気軽にしのんでもらえる「ネット墓」共通のメリットに加え、建立費用が安い、というメリットがあります。

「サーバーが不具合になって消えたら、何も残らないではないか」と言う批判もあります。
確立されたシステムや、ネット墓の「常識」は、始まったばかりで、まだ確立されていません。

「デジタル遺品」の整理を請け負う会社で、遺品から見つかった写真などから、ネット上に「ネット墓」をつくってくれるところもあります。

生前からお願いしておけば、所定のアドレスに、あらかじめ用意した「死亡通知」を送ってくれるサービスもあります。
「ネット墓」は「葬儀の生前準備」と相性がいいサービスでもあります。

imasia_1120867_XL

海外のネット墓

海外では「ネット墓」は「サイバーストーン」と呼ばれます。

故人の生きた証をネット上に置いてしのぶもの、生前から「自分史」を記録して、死後もその存続を望むものなど、いくつかスタイルがあります。

SNSを通じて、考え方を同じくする人々が「死を考え、死後を考えるネットワーク」を作り、交流しています。
新しい形の「お墓の文化」ができ始めています。

故人をしのぶコメントが投稿できたり、交流ができ、日本よりは能動的な動きです。

まだ日本ではSNS的な「ネット墓」はひろまっていないです。

Facebookでは、亡くなった方のアカウントをレガシーアカウントとして、通常とは別の管理をします。

死後のアカウントの管理人を指名したり、アカウントの削除の指定もできるようになっています。
広い意味では、こういうものも「ネット墓」の一種といえます。

まったくいじれない「追悼アカウント」から、「墓守」のようなことができる管理人を設定したものが、レガシーアカウントです。

ユニークな試みとしては、SFのようですが、「故人の仮想人格」をネット上に存在させるものも、実現は遠いものの考案されています。

故人の生きていたときの言葉や活動履歴などの情報を再構成し、アルゴリズムと人工知能を使い、リアクションをする故人に似たアバターと会話できるわけです。

もちろん、倫理的な問題は取りざたされるでしょう。

開発者は、「復活させるのではなく、あくまでも故人をしのぶ一助として開発している」とのことです。

imasia_8325389_XL

実際のお墓のメンテナンス代行サービス

「ネット墓」が発達しても、「実際のお墓」がある場合、誰かがそのお墓を保守する必要があります。
ネットから注文できる、「お墓保守の代行サービス」についても記載します。

お墓の「状況確認」をして、写真を撮ってきてもらう、「掃除」を簡単なものから、徹底的なものまで、要望に合わせて行う、という業者はいくつかあります。

定期的にすると割安になる「パック料金」もありますから、必要であれば検討してもいいでしょう。
お花を上げたり、植木の剪定もするメニューを用意している場合もあります。

「お墓のメンテナンスサービス」と「ネット墓」のお参りを併用するのは、遠隔地のお墓を持っている方にはいい方法です。

普段、お参りしている場合も、専門業者の清掃で、古い墓石も見違えるようにきれいになる場合がありますので、時々は利用するのもいいでしょう。

先に見積もりが取れますので、相談して、対応やサービスがご希望に合うところを選ぶとより良いでしょう。

この記事を書いた人

tsuboki

坪木 陽平(つぼき ようへい)

家族以外で一番近い存在に

数年前、祖父が亡くなった時両親と葬儀の準備を進めました。
初めて会う方には勿論、ご住職やご会葬者、葬儀社の方にも気遣いばかりで、気が付いたら葬儀は終わっていました。

振り返れば祖父を想いながらしっかり見送ってあげられなかったことが心残りです。
自分の経験からご家族の想いを大切にしたお見送りをしていただきたいと思っています。

私にはいつでも何でもどんなに些細なことでも、遠慮しないでおっしゃっていただける関係づくりを目指しています。

tsuboki
心に残ったこと

お葬式を終えてから半年経ったお客様から電話が来て「元気してるのー?寒くなったから風邪ひかないようにねー」と息子に電話するかのように気軽に連絡いただけたことです。

これからも一人一人との繋がりを大事にしたいと思わせてくれました。

出身:新潟県妙高市

趣味:ラーメン屋巡り、断捨離

好きな映画:「そして父になる」

好きな音楽:GLAY