【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

気になる葬儀ローンの実際

お葬式で心配なお金の問題について、大きな助けになるのが葬儀ローンです。

うまくローンを利用すれば、当座のお金にわずらわされずに、故人のために満足なお葬式をあげられます。

どんなものがあるか、ぜひ知っておきましょう。

葬儀ローンとは

一度に大きなお金が必要になるのがお葬式です。

そんなときに、お葬式のためのローンが、信販会社、ローン会社など各社で提案されています。
ろうきんや銀行にも、取り扱っている会社があります。

葬儀ローンも葬祭ローンも同じ意味です。

葬儀費用自体をカード払いできる葬儀会社もありますが、カードの限度額などを考えると使えない場合が多いです。

多額の現金を預金からとりくずすケースが一般的です。

いくらかはカードで払えたとしても、仕出しの飲食代やお布施などは、葬儀当日に現金で支払いが必要です。
飲食代だけで数十万円になることもあります。

葬儀費用の全国平均は200万円代です。

地域にもよりますし、簡素な葬儀ならば費用はもっと下がりますが、それでも数十万単位の金額を、数日の間に支払う必要が出てきます。

お香典でまかなうとしても、一般葬で半分をまかなえれば上等な程度でしょう。

葬儀それ自体のほかにも、外出が増えるので外食が増える、喪服を新調する必要があった、などの雑費が意外とかかります。
現金が手元にあるメリットは、そういうところにもあります。

予期していない時に、一家の経済をささえる方が亡くなられた場合は、銀行口座ごとストップしてどうにもならないこともあります。

葬儀ローンが助けとなる理由

葬儀ローンを利用する方の理由は、故人の保険金は出るが受け取りまでに日があるので葬儀には間に合わない場合が代表的です。

故人の名義の口座から預金が引き出せないか、日がかかる場合も多いです。

病気で療養をなさっていた場合、生前の医療費で当座のお金が残っていない場合もあります。

そういう場合には、借金はできればしたくないというお考えでも、葬儀ローンを検討する価値はあります。

葬儀はたった一度しかないですから、当座のお金がなくて不満が残るお別れになるよりも、お金をかけたいところはかけてお見送りをするのも、方法のひとつです。

手持ちの口座の定期預金をとりくずすよりは、葬儀ローンが得な場合もあります。
長期で大口の定期預金の満期が近い場合は、ローンに頼ったほうがいいことも多いです。

手持ち資金で足りるけれど、ローンも併用する方もいらっしゃいます。

故人の銀行口座で家族の生計をまかなっていた場合、金融機関に故人の死亡が知らされ、いちど口座がとまってしまえば、所定の手続きがすむまで預金を引き下ろせません。

手続きが済むまでの生活費に使う現金を残すためにも、葬儀ローンはいい方法です。

各種の葬儀ローンのメリットと違い

葬儀のときに借りられるローンの種類はいくつかあります。

葬儀ローンは、葬儀に使うためのお金を目的としたローンです。
フリーローンも、はっきりした目的がある場合に融資されるローンです。

葬儀ローンには、墓地のための費用も対象になるものもあります。
葬儀の場合の資金調達の事情にあったプランが多いです。

新販会社の葬儀ローン

葬儀をしようとするときに、まず出会うのが、葬祭会社のすすめるローンでしょう。

葬儀会社が、葬儀ローンも用意していて、事前の打ち合わせのときに、提案をする場合も多いです。
葬儀会社がすすめる葬祭ローンは、信販会社と提携していて、その提携する信販会社の葬儀ローンを案内します。

信販会社の葬儀ローンのメリットは、まずは審査が早いことです。

早ければ数時間で、遅くても2日の間には、融資ができます。
葬儀会社に支払期限を延ばしてもらわなくても、十分に間に合うタイミングでお金を用意できる場合がほとんどです。

おすすめの葬儀ローンがあるなら、それで問題がないだろう、と考えて、そのまま決めてしまう方も多いですが、信販会社の葬祭ローンは、金利が高めなことが多いです。

8%~18%の金利は、ローンとしては高いほうです。
この金利は固定の金利です。

葬儀ローンは、葬儀会社のすすめるもの以外にもあるのは、頭に入れておくといいでしょう。

葬儀会社のすすめもあるでしょうが、各種ローンの使い方を工夫すれば、より便利でお得に使えます。

すぐに用意できる現金が不足している場合には、信販会社の葬儀ローンの審査の早さ、申し込みの簡単さは大きなメリットです。

ですが、信販会社の葬儀ローンの金利は高めです。
とりあえずいくらかの手持ちはある場合は、信販会社以外のローンを使う余地ができてきます。

金利、システムなどを見比べて、もっともご遺族の納得がいく、信販会社や金融機関のローンを使うのがベストな選択です。

金融機関の葬儀ローン

銀行でも、葬祭ローンにあたるローンが用意されています。

フリーローンや多目的ローンと言う名前で取り扱っています。

審査が降りるまでの期間は、信販会社についで早いです。
短くて2日から1週間程度の期間でお金が用意できます。

審査は信販会社の葬祭ローンに比べ、収入を得ている会社への勤続年数が含まれる場合があり、やや厳しい傾向があります。

ですが、審査が通れば、金利の面ではメリットが高いです。

収入の継続性と安定性を求めるので、不定期雇用だと不利な場合があります。

大手銀行・ネット銀行

大手銀行では、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行銀行、みずほ銀行、りそな銀行(埼玉りそな銀行)が扱っています。

大手銀行の銀行系のフリーローンは、金利は4%~14.5%程度です。この金利は変動金利ですが、比較的安定しています。

他にも、銀行各社のフリーローンがあります。
ネットが中心の楽天銀行、住信SBIネット銀行もフリーローンを扱っています。
繰上げ返済手数料が無料だったり、独自の工夫がある場合もあります。

ネット銀行の場合は、そのネット銀行に口座を持っているのが、審査の必須条件です。

地方銀行

地方銀行のフリーローンも、普段、その銀行と付き合いがあれば、選択肢に入ります。

葬祭につかうのを目的にしたメモリアルローンやフリーローン、多目的ローンと言う名前で扱っています。

地方銀行のフリーローンの利用条件には、その銀行の営業区域内に住んでいることが含まれる場合があります。
年金の振込先が、その地方銀行であることが条件の場合もあります。

地元のお客さんであることを重視して、大手メガバンクよりは、収入先の安定性を求めない傾向です。
また、契約時には来店しての手続きが必要な場合があります。

信用金庫・ろうきん

信用金庫やろうきん(中央労働金庫)のフリーローンや個人ローンもあります。

融資の審査には、ろうきんならば、1週間から10日かかります。
金利は2%~9%で、下限のものですと安いです。

信用金庫ですと、短くて2、3日から10日以内で、審査が通る場合が多く、金利は5%~10%です。

普段から信用金庫やろうきんに付き合いがある場合には、選択肢になるでしょう。

まずは、会員であることが必須条件です。
信用金庫、ろうきんでは、その管轄内に住んでいることや働いていることが求められます。

企業と、会員である個人が相互扶助をはかる金融機関なので、比較したみかけ上の金利の上限、下限とは別に、有利なプランがあることがあります。

各葬儀ローンの比較

それぞれのカテゴリーの葬儀ローン、フリーローンは、どれも10万円程度から、お金が借りられます。

上限は、銀行系のフリーローンなら300万円程度、そのほかの葬祭ローン、フリーローンは、500万円程度までです。

融資金額の上限には、あまり違いがありませんが、返済年限や返済回数の違いは大きいです。

信販会社の葬儀ローンは、6回~60回の分割です。
大きな金額を借りた場合は、一度に返す金額は大きくなります。

60回を毎月としますと5年ですから、比較的短期間で返済するローンです。
頭金がなくても良く、ボーナスの併用ができます。

比較的近い時期に、まとまったお金のあてがある場合の、当座の資金に向いたローンです。

金利が高いので、大きな金額を借りると、他の方法に比べて総額が大きくなってしまいます。

銀行のフリーローンは、7年から10年程度の期間のうちに返済するプランですから、信販会社の葬儀ローンと比べると、長い期間で返すローンです。

ですので、収入源の継続性と安定性を求められるわけです。
近い時期に大きな収入の当てはないけれど、長期的に安定した収入のあてがあるに向いています。

基本的にはボーナスで返済はできません。
生活状況が変わりやすい状況の方には、この点でも向かないといえます。

信用金庫のフリーローンは、8年以内くらい、ろうきんのフリーローンは、10年以内の返済期間です。
こちらは、ボーナスの併用ができます。

葬儀ローンの選び方と手順の実際

葬儀ローンの選び方

葬儀に限らず、お金を借りるときは、どの時期に、いくらのお金が必要か、いつ、どれだけの資金が入るかを段階だてて考えると把握しやすいです。

信販会社の葬祭ローンでまとめて大きな金額を借りてしまうと、金利がかさみます。

審査の時間がかかるのが問題でしたら葬祭ローンを必要な額だけで、短め、少なめに借りて、早めに他のローンで借り換えをすると得になる場合もあります。

比較的、余裕がある場合は、金利の安いプランから優先してみていくのがいいでしょう。
この点では、条件があうなら、信用金庫、ろうきんの、要望にあう金利が安いプランから探すのがおすすめです。

その次の策は、都市銀行や、地方銀行のプラン、ネット銀行のプランも見てみましょう。

カードローン

借金をする場合には、カードローンもあります。

亡くなってからの、初動のごく短期間に、カードローンがうまく使える場合があります。
7日間まで金利無料などの、借りてすぐに返せば金利がかからないプランを、数日間のつなぎに使います。

この方法は、次に入るお金の調達時期が確実で近い場合に有効です。

カードローンの中でも低金利のものは、ある程度、長いスパンで見てお金を借りても、問題が発生しにくいでしょう。

葬儀会社の案内する葬儀ローンと余り変わらない金利のものもあります。

葬儀の依頼主の手持ちが少なく、早急に資金を用意しなければならない場合、葬儀会社が提案するプランにカードローンも含まれる場合があります。

葬儀ローンの利用方法

申し込みに関しては、葬儀会社からの葬儀ローンの申し込みは、葬儀の段取りに含まれていて、手間がとても省けます。
疑問点にも答えてもらいやすいです。

一般的な必要書類は、本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証)の写し、ローンの契約書、葬儀の見積もり書類です。
仏具や墓地に関しても対象になる場合は、それらの見積書も用意します。

出せば必ず審査が降りるわけではないので、だめだったときのことも考えておく必要があります。

そのほかのローンは、自分で申し込む必要があります。

資料請求が必要な場合がありますから、店舗を通ったときに立ち寄ったり、インターネットから請求しておくといいでしょう。

手元に資料があると、葬儀会社の提案するローンとの比較もしやすいです。

必要書類

銀行のフリーローンの、一般的な必要書類は、本人確認書類の写し、ローンの申し込み書、所得の証明書(源泉徴収票などの収入がはっきりわかるもの)です。
それと葬儀、仏具などの見積もり書類です。

ネットか、店舗で申し込みができます。
詳細を質問したい場合は、店舗のほうが便宜がいいでしょう。

信用金庫のフリーローンは、必要書類が、ここまでにあげたものより多いです。

本人確認書類の写し、ローンの申し込み書、所得の証明書(源泉徴収票などの収入がはっきりわかるもの)、葬儀、仏具などの見積もり書類が必要です。

それに加え、印鑑、住民票、印鑑証明書が必要になります。

ろうきんのフリーローンの必要書類は、本人確認書類の写し、ローンの申し込み書、所得の証明書(源泉徴収票などの収入がはっきりわかるもの)、葬儀、仏具などの見積もり書類が必要です。

それに加え印鑑、住民票、印鑑証明書がいります。

未成年で就労している場合、親権者の同意書が必要な場合もあります。

どの金融機関も、ネットでの仮審査のページを持っている場合が増えました。
地方銀行ならば、来店が必要な場合もあります。

まとめ

葬儀のお金ならではの考え方としては、お香典のお金をどう見積もるか、ということです。

この点では、小規模な葬儀が増えた現代では、従来のようにお香典で足りるからと考えるわけにはいきません。

では、お金を借りるときに、大きな金額のほうが安心かと言うと、そうでもありません。
金利が余計にかかるからです。

お香典がある程度入ってくる一般葬と、ほとんど身内だけの家族葬などの小規模な葬儀では、見積もり方を変える必要があるでしょう。

それも含めて、葬儀のプランを考えましょう。

この記事を書いた人

木南 健(きなみ たけし)

後悔を残さない最期を

数年前に父が急死した際、今の仕事に就いていればどれだけ母や兄妹の支えになれたのだろうと考えることがあります。
過去は変えることはできません。

あの日、抱いた悲しみや不安の根底にあったものは父をしっかり送ってあげたいという想いです。

同じように、大切な人との別れによる「悲しみ」「不安」を抱く方々の支えとなり、その根底にある「大切な想い」を形にするお手伝いができればと思っています。

心に残ったこと

まだ駆け出しの新人だったころ、お葬式が終わった後、喪主様に笑顔で力強く握手をされたことです。

期待にお応えできたんだと言葉以上に感じることができ、とても嬉しかったです。

出身:岡山県岡山市

趣味:弓道、読書

好きな映画:「サトラレ」

好きな音楽:BEGIN