【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

遺体安置所を使いたいとき

葬儀の件数は、社会の高齢化にともない増えています。
火葬所の待ち時間が長いケースも増えました。

大切な方のご遺体を葬儀までどうするかは、年々重要になっています。

遺体安置所の種類と実情についてご説明します。

遺体安置所の種類と実情

遺体安置所は、公営の安置所と、民営の安置所に分類できます。

公営の遺体安置施設の場合は、火葬場または斎場の施設の一部として、安置所がある場合がほとんどです。

なので、基本的な利用時の要領は、通常の葬儀で斎場や火葬場を使う場合に準じます。

公営ですと、管理しているのは各市区町村ですから、根本的な受付先は、市区町村の担当部署です。

その市区町村に、故人が住んでいたか葬儀主催者が市区町村に住んでいるのが条件になっている場合が多いです。
在勤していると利用者の条件に入る場合もあります。

ですが、市外在住者でも、予約が空いていれば使わせてくれる施設もあります。

この場合、市区町村居住者と市外の利用者で違う料金体系を設けている場合もあります。

その安置所が、火葬場または斎場の施設の一部の場合、遺体の安置のみを受けてくれるかどうかは、各施設の状況によります。

火葬場の併設の場合、その火葬場を利用するなら、安置施設を確保できる場合が多いでしょう。

ですので、あとにご紹介するリストでは、火葬所と安置施設がある、公営と民営の斎場をリストアップしています。

しかし、予約が取れない場合、火葬場がなく、安置施設がある斎場も含めると、選択肢は広がるでしょう。

各葬儀会社で、公営、民営ともに、自社のページを通じて、各斎場の利用を案内しています。
これらは、その葬儀会社以外でも手配できる場合が多いです。

公営の遺体安置所

公営ならば、直接に市区町村の担当部署に問い合わせても対応してくれます。

実際的には、紹介ページからですと、各社のプランとセットで紹介するのが実情です。

葬儀社のページからでしたら、気に入ったプランか、妥当なプランがある葬儀社から問い合わせるといいでしょう。

葬儀を行う場合でしたら、葬儀会社を通すのが、手間の点ではおおいに楽になります。

葬儀を行わず、安置のみを依頼したい場合は、直接、市区町村の担当部署に問い合わせるのがいいでしょう。

ですが、直葬式というごく簡素なプランを用意している葬儀社は多いです。

公営の、市外居住者へのレンタル料金と葬儀会社の直葬を比べると、意外と価格差が少ない場合もあります。

手配の手間の少なさに関しては葬儀会社がおすすめです。

民営の遺体安置所

民営の遺体安置所は、公営と同じく、斎場や火葬場の付帯設備としての遺体安置所と、遺体安置や面会だけを考えたものがあります。

葬儀会社を通しての手配の手順は、公営での場合と変わりません。

民営の場合、自社施設と自社プランを持っていて、公式ページで提案している場合があります。
自社公式を含め、いくつかの会社からのプランを見比べるといいでしょう。

斎場や火葬場の付帯設備としての遺体安置所が、安置のみの場合も受け付けるかどうかは、各社の方針と状況次第です。

民営で注目すべきなのは、遺体の安置と面会に力を入れた、新しい業態の遺体保管施設です。

従来の遺体保管の葬儀として物足りない点は、面会などの制約が多いことでした。

葬儀まで日程が空いていても、安置所での保管では、限られた面会機会しか得られないことが多いのが、実情でした。
通夜まで面会できない場合もありました。

この問題点に対し、対策をしているのが新しい業態の遺体ホテルや遺体安置、面会専門の施設です。

新しい遺体安置所

社会の高齢化により、葬儀の機会は増えています。

ですが、同時に都市化や集合住宅化もすすんでいます。
特に都市部では、葬儀をしないからと言って、自宅に安置するのは難しいのが現状です。

旧来の葬儀の宗教的慣習よりも、自分らしい葬儀や、お別れのしかたを求める風潮もあり、新しい業態の遺体安置所の必要性が高まっています。

葬儀をしなかったり、ごく簡素にしても、きちんとお別れの時間が欲しい、という需要に応えたのが遺体ホテルや遺体安置、面会専門の施設です。

家族だけの密葬と直葬の間をとり、遺体安置と面会の機会の品質向上をはかったものです。

これらの会社は、整った遺体保全機材をそろえ、ご遺族や面会者が、快適に十分なお別れができる空間を整えています。

サービスが多い分、料金はかかりますが、それでも一般的な葬儀より、予算が安くなる場合が多いです。

新業態の遺体保管施設に関しては、利用者にはいい面が多いのですが、周辺環境には、あつれきをもたらしているケースもあるのが実情です。

従来の斎場ほどの敷地も必要がなく、住宅街に隣接した民間の遺体安置施設もあります。

自宅の近所に遺体を置いた施設があるのは困ると、住民が難色を示すケースもおきています。

業者がどう対応していくかに関しても、需要が増加する新しいタイプの葬祭施設を、一般の人々がどう受け入れていくかに関しても、模索が始まったばかりです。

どこでどんな葬儀を行うかは、どなたにも、ひとごとではない問題です。

遺体安置施設と火葬場が併設されている施設、遺体安置を扱う民間の会社(関東圏)

特に遺体安置に重点を置いた民間会社

関東寝台サービス:千葉県流山市西深井588番地

遺体搬送と遺体の預かりを請け負う会社です。
安置施設を持っていて、開いている時間は焼香ができます。

斎場に関しては、各葬儀会社が独自に自社の案内ページから自社へ誘導しているのが実情です。

電話番号に関しては、公式と思われるものを記載します。

23区内の斎場は駅から近い場合が多いです。
桐ヶ谷斎場、戸田斎場に関しては駅からタクシーかバス利用が妥当です。

東京都23区:民営斎場

【戸田斎場:東京都板橋区舟渡4-15-1 電話番号:03-3966-4241】

東京23区北部を広くカバーする規模が大きい葬祭場です。
各葬儀会社から案内がありますが、公式では提携はしていないとの記載です。

【戸田サービス館:東京都板橋区舟渡4-16-1 電話番号:03-3967-4241】

公式ページはないようですが、検索すると各葬儀社から手配が案内されています。
戸田葬祭場に隣接しています。

【桐ヶ谷斎場:東京都品川区西五反田5-32-20 電話番号:03-3491-0213】

東京23区南部をカバーする斎場です。
鉄道利用とバス利用が便利な斎場です。

【代々幡斎場:東京都渋谷区西原2-42-1 電話番号:03-3466-1006】

東京23区南部をカバーする斎場です。
鉄道利用が便利な斎場です。

【堀ノ内斎場:東京都杉並区梅里1-2-27 電話番号:03-3311-2324】

東京23区の西部をカバーする斎場です。
鉄道利用が便利な斎場です。

【落合斎場:東京都新宿区上落合3-34-12 電話番号:03-3361-4042】

23区内で比較的アクセスがよい斎場です。
都心部の需要をカバーします。
鉄道利用が便利な斎場です。

【町屋斎場:東京都荒川区町屋1-23-4 電話番号:03-3892-0311】

東京23区東部をカバーする斎場です。
鉄道利用が便利な斎場です。

【四ツ木斎場:東京都葛飾区白鳥2-9-1 電話番号:03-3601-0424】

東京23区東部をカバーする斎場です。
鉄道利用が便利な斎場です。

東京都多摩地域:民営斎場

【南多摩斎場:東京都町田市上小山田町2147 電話番号:042-797-7641】

多摩地区をカバーする規模が大きい斎場です。
南大沢駅からタクシー、または車での利用がいい立地です。

【日華斎場・多磨葬祭場:東京都府中市多磨町2-1-1 電話番号:042-361-2174】

こちらも規模が大きい斎場です。
鉄道各線から、タクシー、バスの利用が必要です。

埼玉県:民営斎場

【谷塚斎場:埼玉県草加市瀬崎町1839 電話番号:048-922-2342】

大規模な自社の葬祭施設を持っている葬儀会社です。
鉄道と徒歩、または、バスの利用が便利な立地です。

この記事を書いた人

坪木 陽平(つぼき ようへい)

家族以外で一番近い存在に

数年前、祖父が亡くなった時両親と葬儀の準備を進めました。
初めて会う方には勿論、ご住職やご会葬者、葬儀社の方にも気遣いばかりで、気が付いたら葬儀は終わっていました。

振り返れば祖父を想いながらしっかり見送ってあげられなかったことが心残りです。
自分の経験からご家族の想いを大切にしたお見送りをしていただきたいと思っています。

私にはいつでも何でもどんなに些細なことでも、遠慮しないでおっしゃっていただける関係づくりを目指しています。

心に残ったこと

お葬式を終えてから半年経ったお客様から電話が来て「元気してるのー?寒くなったから風邪ひかないようにねー」と息子に電話するかのように気軽に連絡いただけたことです。

これからも一人一人との繋がりを大事にしたいと思わせてくれました。

出身:新潟県妙高市

趣味:ラーメン屋巡り、断捨離

好きな映画:「そして父になる」

好きな音楽:GLAY