【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

公営斎場と民営斎場の違いと首都圏の状況、選び方

「公営斎場」と「民営斎場」の違いを知れば、納得が行く斎場選びの一助になります。

この項では概要を説明します。
加えて、都内と首都圏の斎場の状況をご紹介します。

斎場を選ぶときに注意するポイントも記載しました。

jiin

公営斎場と民営斎場の違い

斎場は「公営斎場」と「民営斎場」に大きく分かれます。

おおまかに言いますと、以下の通りです。

【「公営斎場」は、各地の自治体が運営している斎場】

【「民営斎場」は、葬儀会社や、それに類する関連の会社が運営している斎場】

その自治体に住んでいる方がなくなったとき、ご遺体を適切に扱い、火葬までを行うのは公的な側面も大きい事柄です。

ですので、自治体が斎場や火葬場の運営もします。

公営斎場利用の基本ルール

公営斎場は、基本的にはその自治体の居住者のためにありますので、利用に関して制限があります。

葬儀をされる故人がその自治体の居住者か、葬儀を主催する遺族がその自治体の居住者の場合に、利用できると考えていいでしょう。

利用料金もそのために便宜が図られています。

ですが、その自治体の居住者ではない方も利用できる施設もあります。

この場合、自治体居住者優先で空きがある場合は利用できるところ、単に予約の空きがあれば入れてくれるところがあります。

予約を申し込む先は、自治体ですが、直接でもできますが、葬儀会社に手配を頼むこともできます。

葬儀のときは余裕もないですから、葬儀会社に手配してもらうのがよいでしょう。

料金は?

利用料金についても、その自治体居住者と、外部からの利用では、若干違うことがよくあります。

ですが、全体的には、「民営斎場」よりも安価な傾向があります。
手頃なところから、「公営斎場」は人気が高く、混み合うことも多く、予約待ちが長い場合もあります。

サービスは、スタンダードなものが主流です。
といいましても、自治体でも、利用者が使いやすい斎場になるように、設備を見直していますので、民営にまけない近代的な斎場も多いです。

規模は火葬場が併設されたところは、大きめのところが多いです。
斎場単体ですと、市民集会場の規模の斎場もあります。

そういった施設は、家族葬や小規模葬儀での利用にも対応できるでしょう。

どれくらいの時間、利用できるの?

「公営斎場」を借りる場合の時間割は、公民館などに似ていて、午前、午後、夜間、深夜、の区切りになっています。

この点に関しては、融通は利きにくいです。時間がずれ込むのが予想される場合、十分な枠を取っておくのがいいでしょう。

必要時間について不安な場合、葬儀会社の担当に相談しましょう。

民営斎場利用の基本ルール

「民営斎場」は、どなたでも利用できる葬祭施設です。
予約が空いていれば利用できます。

実際的には、居住地域の近くが、葬儀の主催者、会葬者ともに利用しやすいでしょう。

予約を申し込む先は、利用したい斎場を経営している会社です。
葬儀会社の直営の斎場なら、必然的にその葬儀会社のプランこみの利用になる場合がほとんどです。

斎場によっては、各葬儀会社を通しての受付で使えたり、斎場自体に聞くと、会場に慣れた葬儀会社を紹介してくれる場合もあります。

寺院の経営ならば、葬儀もまとめての申し込みに限られている場合もあります。

民営斎場の運営元

運営元は様々です。

葬儀会社の直営でしたり、仕出しのお料理を扱う業者が運営していたり、寺院や宗教施設が運営していたりします。

規模もさまざまで、火葬場を併設して、広い範囲の需要に応えるものから、家族だけのリザーブができたり、よりプライベートなサービスをうちだしたものまであります。

経営母体になる企業の考え方や、得意なサービスを反映した施設が多いのが特徴です。
遠方からの利用を見込んだ、宿泊施設が充実したところも多いです。

一軒家を丸ごと借りられるところや、ホテル並みのサービス、特徴のある仕出し料理があるのは、民営ならではです。

「DIY葬」「自由葬」など、こだわりがあり、新しい形の葬儀をしたい場合、思い描くプランをうまく実現してくれる民間の斎場をみつけるのが、いい方法です。

民営斎場の料金・予約

料金については、「民営斎場」は、公営斎場よりも高くなる傾向があります。
プランがさまざまですので、よく説明を把握しましょう。

斎場を借りる時間割も、会場によりますから、これもきちんと把握するのが重要です。

会場によってはフレキシブルな対応が可能な場合もあります。希望を伝えて相談してみるのはいい方法です。

基本料金でできること以外に、多くのオプションがつけられるのは「民営斎場」の利点です。

ですが、必要なものをよく考えて選ばないと、予算オーバーになりやすいのが注意すべきポイントです。

「公営斎場」から予約がうまっていく場合が多いですので、葬儀までの待ち時間を短くしたい場合は、「民営斎場」の方が空きが見つけやすいです。

ネット上では各社の案内がありますが、迷った場合は、斎場の公式電話やHPから連絡するのがいいでしょう。

首都圏での斎場の状況

地方では、公営の斎場よりも、民営の斎場が主体です。
火葬場を併設する場合など、そのほうが建設しやすい場合もあります。

民間の葬祭施設も作られましたが、地方では公営に合併されていきました。

東京の斎場

首都圏の、特に東京では、公営よりも民営が主体になっているのが特徴です。

これは歴史的にみて、明治に入り、都市部の人口が増加し、葬祭施設の需要が増えていくなかで、まずは民間の業者が火葬場や葬祭施設の整備に乗り出したという事情があります。

自治体はそれにおくれを取り、十分な設備もあったのであらためて整備しなくても、需要が足りたというわけです。

もっとも、さらに人口も需要も増えていますので、特に東京では、両方の斎場や葬祭施設を足しても、十分にまかなえるとはいえない状況にあります。

都内の、特に23区では、会葬者の交通は電車を利用するのを前提とするのがいいでしょう。

駐車設備が大きい斎場は限られています。
遺族のための駐車場は確保できる場合もありますが、それも業者が利用せず空きがあればと言う場合が多いです。

火葬場併設の会場も多くはありませんので、出棺後、霊柩車に付き従い、遺族と近親者は、都内の交通ベースで車をチャーターして移動することになります。
十分な時間の余裕を見たほうがいいでしょう。

遺族、近親者に移動が厳しい方がいる場合、なるべく火葬場と斎場が近い場所が望ましいです。

大きな規模に対応できる斎場は限られていて、その場合も駐車設備は余り多くはないため、電車移動を前提にするのがいいようです。

会場自体のバラエティーに富んでいるのは、東京都内のメリットです。

埼玉・千葉・神奈川の斎場

東京都下よりも、交通に粗密があるのが、埼玉県、千葉県、神奈川県の状況です。

斎場を選ぶ場合、「会葬者の人数」と、予想される交通を考えて、斎場を選ぶといいでしょう。

埼玉県、千葉県、神奈川県の斎場の分布は偏っています。
会葬者が多い場合、自宅のそばでお別れをするよりは、交通がいい会場で宿泊ができる会場を選び、ご遺族、親族も宿泊されるほうがいい場合もあります。

家族葬などの小規模な葬儀の場合にも、民営の斎場を選ぶ場合ですが、希望のプランがかなえられる斎場があれば、遠めの斎場を選ぶのも選択肢の一つです。

東京に隣接した県境付近なら、東京都内の民間斎場を選ぶのも、検討できます。

斎場の傾向に関しては、人口密集地の斎場事情は東京に近く、密集地を離れると郊外型に近いです。
大きな斎場は、ターミナル駅や路線のそばがより多いです。

火葬場併設会場に関しては、郊外に出ると、東京の火葬場よりも、広い地域をカバーすることを前提とした、公営の大規模なものがあります。

最近の流行である、小規模葬着に適した民営の斎場は、人口密集地により多いです。

地元の斎場を選ぶメリットはもちろんあります。

東京よりは、公営斎場に力を入れている自治体が多いですから、まず公営斎場から探し始めるのもいいでしょう。
とれればリーズナブルに斎場を利用できます。

寺院など、宗教施設での葬儀に関しては、地方では檀家になっている菩提寺が使える場合が多いです。

都内の寺院では、境内に貸し会場として使える斎場を設けているか、葬儀社から手配した斎場に、つながりのある寺院や宗教施設から僧侶や宗教者に来てもらう場合が多いです。

斎場選びのコツ

規模・施設から決める

斎場選びに重要なことは、まず、どんな葬儀がしたいかのイメージをはっきりさせることでしょう。

ご不幸は必ずしも予測できるものではありません。
また、闘病の後で覚悟をしていた場合も、動揺しているところに多くの事柄をきめなくてはなりません。

葬儀の会場規模を決める大きな要素として上げられるのが「会葬者がどのくらい来るか」です。

まずは、故人から見て、どのくらいの近さの方までで、会葬者を考えるかを決めましょう。

「家族だけ」、「家族と親族」、「友人など私的なつながりまで」、「公的な繋がりまできてもらう」といった範囲の違いが考えられます。
この人数の規模が無理なく入る会場を選びます。

予算に限りがあり、その場合は、規模を縮小します。
来て欲しい人すべてに来てもらえないこともあるでしょう。

上記の分類で考えてゆくと角が立ちにくいです。

会場の広さにあわせて、祭壇やお花を見ばえがするようにセットしますから、斎場の「箱」を小さくするのは、費用を抑える効果が高いです。

便利な場所にあり、利用したいけれど会場が大きいと感じる場合、「ホール半分」や「必要な部分だけ」のレンタルが可能な会場もありますので、たずねてみるといいでしょう。

葬儀の様式について、一般的な方法の式次第なら、公営、民営の別で、やりやすさが変わるわけではありません。
どの会場でも無理なく行えます。

コストの面で考えると、この場合は公営からさがしていくのがいいでしょう。

バリアフリーであること、受付が屋外か屋内か、などは、違いがありますのでチェックしましょう。
冬や夏の葬儀では、受付が屋内にあるととても楽になります。

宿泊の対応ができるかもチェックポイントです。
遠方から来る親族がいる場合、宿泊は重要です。

宿泊可能な斎場が確保できない場合、宿泊できるホテルがそばにあるところが便利です。
ご遺族が故人に付き添いたい場合も可能かどうかチェックしましょう。

コンセプトから決める

一般的な様式よりも、よりプライベートさを大事にしたい要望がある場合や、無宗教の葬儀や自由葬については、民間斎場から探していくのがいいでしょう。

家族だけの空間を確保しやすかったり、自由なオプションをつけられる斎場があります。

ホームページで、コンセプトや特徴を押し出してプランを紹介しているところも多いです。

小規模葬着が得意な葬儀社が自社運営の斎場を持っている場合もあります。

この種類の斎場は、コストの面では特に安いことはないかもしれませんが、より希望を取り入れた葬儀がしやすいといえます。

新しいかたちとしては、「ホテル葬」というものがあります。
斎場としてホテルを使うものです。

各ホテルでプランを紹介していますが、お線香など火気を使えない、ご遺体は搬入できない、など、一般の斎場とは違ったところがあり、完全な代替手段とはいいがたいようです。

大規模な会葬者が予想され、ですが、会場確保や準備の状況が整わない場合、「身内での葬儀」と「公的な告知としての葬儀」を分ける方法も考えられます。

そういう場合には、「ホテル」は斎場として検討に入るでしょう。

メリットとしては、会食がある場合に環境が整えやすいこと、宿泊対応が万全なこと、交通が至便なことがあげられます。

まとめ

利用したい斎場がはっきりと決まっている場合、その斎場を使える葬儀会社に依頼するのがポイントです。

最近では、生前から葬儀に関心を持ち、斎場を検討する場合も増えています。

故人が、「ここがいい」と希望を述べているケースもあります。
斎場に直接連絡して、その会場が得意な葬儀会社を紹介してもらうのもいいでしょう。

葬儀会社の見積もりをするときに、まずその斎場での葬儀ができるか、たずねてみるのも無駄がない方法です。

この記事を書いた人

齋藤 親(さいとう しん)

お葬式は家族を知る場面

数年前、祖母が亡くなった時、普段仕事ばかりしている母が、祖母に対し心から感謝の言葉を伝えていたこと。

今まで涙を見せることのなかった兄が人目を気にせず泣いていたこと。
家族の中でも様々な想いがあることを知りました。

そのときの気持ちを忘れずに、ご家族一人一人を、笑顔にできるよう心がけております。

心に残ったこと

お父様のお葬式を終えたご家族が「たくさんの人からお父さんの話を聞けて、色んなお父さんを知ることができました。

家族葬か一般葬で悩んでいましたが、私たちの話を聞いて、一般葬をオススメしてくれた齋藤さんのおかげです」と言っていただけたことが心に残っています。

出身:茨城県つくば市

趣味:釣り、ボルダリング

好きな映画:「天空の城ラピュタ」

好きな音楽:山崎まさよし