【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

わかりにくいお葬式でのお金のこと(2) お布施、戒名

わかりにくい「仏教僧侶へのお布施」

お葬式での聖職者へお渡しするお金のことは、たずねづらくわかりにくいことです。
「お気持ちで」と言うお返事は多いですよね。

まずは、出会うケースが多いであろう仏教の場合をご説明します。

「お布施」は「六波羅蜜」と言う行(修行ですね)のひとつです。

六つの徳目がありまして、それらを実践することで、悟りに近づくとなっています。
この「六波羅蜜」は仏門僧侶だけではなく、誰もにとって大切である、と仏教ではとらえています。

法要でお渡しする「お布施」は「財施、法施、無畏施」のうち「財施」にあたります。
僧侶は「法施」を施し、受ける側は「財施」を施すのです。

梵語では、お布施を「ダーナパティ」といいます。
日本語では「檀那」と言う言葉に転訛して呼ばれています。

これが良く聞く「檀家」「檀徒(金銭物質でお寺を支える人のこと)」と言う言葉の語源です。

思想的意味合いとしては、これは僧侶ではなく、ご本尊に捧げるお金となりまして、
そこで「お気持ちで」と言う言葉が意味を持ってくるわけです。

金額はないのです。よって「~~料」と言う言い方は正確ではありません。
実質的にそうとらえても問題ないですが、本来の意味を知っておくのが良いでしょう。

「皆様はお布施はどれくらい包まれていますか?」と伺えば、目安を教えていただけるでしょう。
どうも伺いにくかったら、同じ菩提寺の檀家総代さんに尋ねるのも、良い方法です。

葬儀社からのご紹介の場合は、葬儀社に聞いてみるのがよいです。

また、本人の経済状況、お寺とのお付き合いで変わってきます。
予算がない場合でしたら、「いくらくらいまでなら用意できるのですが」と事情とともに相談してみましょう。

「お布施」の相場

その実際についてです。

「お布施」の内訳について、「導師さまお布施」「お膳料とお車料」「初七日法要お布施」があります。
合計相場が25万円から30万円くらいになっています。

調査によってはもう少し高い場合もありますが、大都会は高く、地方は低い傾向があります。
かなり違いますので、悩まれた場合は地域の慣習に従うのがよいでしょう。

導師さまに20万から25万円、お膳とお車に2万、初七日法要に3万くらいです。

二人以上でいらっしゃる場合、「脇導師さまにお布施15万円」程度と、「お膳お車で2万」くらい追加です。

「役僧さまですと、お布施10万円」程度、「お膳お車で2万」くらい追加です。
お膳代はお出しするお料理で若干上下します。

遠方からで、宿泊される場合は、その宿泊費はお呼びした方で支払いになります。
見落とさないようにしましょう。

わかりにくい「戒名」

「戒名(法名)」は「仏教の出家者としての名前」です。

葬儀では、この「戒名、法名」を与えられ、仏弟子として引導を渡され彼岸へ向かうという思想で、葬儀を行います。
菩提寺があり、そこのお墓に入る場合は必須となります。

特定の宗派を信仰せず、民営や公営の墓地を選択する場合、なくても問題ありません。

「お布施」と「戒名料(便宜上そう呼びます)」は、別個にかかるものです。
普通戒名ではない場合には、別途、追加する必要があります。

戒名(法名)の概要は以下のようになります。

上から順番です。

「~~院殿 ~~大居士」「~~院殿 ~~清大姉」

「~~院 ~~居士」「~~院 ~~大姉」

「~~院 ~~信士」「~~院 ~~信女」

「~~居士」「~~大姉」

「~~信士」「~~信女」

「~~童子」「~~童女」は子供に使われます。

「~~嬰児」「~~嬰女」は乳幼児に使われます。

宗派ごとの違いもあります。
構成が違いますので、故人の宗派が明確であることは必須です。

わからない場合は俗名(生前の名前です)で、葬儀を行いましょう。
あとで、お墓や遺骨を管理する菩提寺さまに相談しましょう。

まだお墓などが決まっていないうちに亡くなられた場合も、その手順が良いでしょう。

「戒名」の相場

気になるその相場ですが、
「信士、信女」「釈○○」であれば「導師様へのお布施に含む」(普通戒名)事が多いです。

地方によって別途となります。
その場合、30万から50万程度です。

「居士、大姉」であれば「居士号、大姉号のお布施」が別途25万円くらい程です。
「院号」があれば「院号のお布施」が別途50万円くらいになります。

これも地方によって異なるため、ご自分の地域の風習をご確認ください。
プラス30万程度の幅があります。

なぜ、名づけに安くはないお布施が必要かと申しますと、
「戒名、法名は、その宗派や仏道への貢献を反映し与えられる」物だからです。

「院殿号」は昔であれば、天皇陛下や大名に特別に与えられたものです。

信仰が深く、寺院に大きな貢献を果たした人や、社会の大きな役目を果たした人にも与えられました。
「院号」であれば、御奉行や役つきのお侍などでした。

現代でも、寺院なり、社会なりの貢献者に与えられるということになっています。
普通の信徒は、「信士、信女」です。

「戒名のお布施」は、この貢献を、物施でまかなうと言う部分があります。
ご遺族のお気持ち次第ですが、どのお名前でも、故人を思い名づけられたものに違いありません。

「戒名」のお布施のマナー

どのタイミングでお渡しするのがいいかは、葬儀社に訪ねれば頃合を教えてもらえます。
お渡しの仕方も悩まれると思います。

故人の葬儀(どの法要なのか申し上げましょう)に、お勤め戴いた感謝の言葉とともにお渡しします。
(戒名を頂戴して、その分を含め一緒にお渡しするときは、戒名を戴いたお礼も添えます)

「お布施でございます、お納めくださいませ」という申し上げ方がよいでしょう。
「どの法要であるか、戒名のお布施は含まれるのか」はきちんとお伝えしたほうが後ほど角がたちません。

「布施盆または切手盆」にのせて、文字が僧侶さまのほうを向くようにお出しします。
今後もお世話になる菩提寺でしたら、今後もよろしくお願いする旨、言い添えるのが円滑です。

お盆がない場合は、袱紗に弔事包みにして持ち運び、お渡しするときに開きます。

弔事の袱紗は地味な色「紫、紺、灰、緑、またはそれに類する色」のものを用います。
「紫」は慶事にも対応しますので、一枚持つならお勧めです。

表書きは「お布施」が宗派問わずです。薄墨は使いません。

もっともフォーマルな方法では、半紙包みにしたお札を、奉書紙でさらに包みます。
つるつるした方が表です。
包み方は、慶事の上包みの方法に準じます。

または、白い封筒に入れてもよいです。
表面や裏面に郵便番号枠などがない、無地のものを使用します。

市販の「お布施」文字入り封筒は、半紙の中包みは必要ありません。
裏面に住所と金額欄があるので記入すると、わかりやすく便利です。

旧字体を用います。
特に風習がある地域以外では、水引はつけません。

封筒にお札を入れる向きは、封筒表が自分のほうに見えるように持って、
お札の表面は同じように合わせます。人物絵が封筒口に近いほうになるように入れます。

「諭吉さんは最後まで見える」と覚えるとわかりやすいです。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック