【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式のかたち(宗教編3)キリスト教葬儀について①

キリスト教式のお葬式とは

キリスト教式の葬儀は、沢山の宗派がありますが、メジャーなものですと大きくふたつに分かれます。
「カトリック式」と「プロテスタント式」です。

式次第、用語、マナーが若干違いますので注意が必要です。

カトリック式

カトリックは伝統を重視します。
バチカンが本山で、ローマ法王はこちらです。

聖職者を「司祭」と呼ぶこともありますが、敬称としては「神父」さんとお呼びします。
ほぼ、洗礼者以外の葬儀は受け付けませんが、状況によるので伺ってみると良いでしょう。

礼拝での歌は「聖歌」と呼びます。
香典の表書きは「御花料」にしましょう。

カトリックでは、故人となった信者は神にゆだねられて、キリストの再臨と死者の復活を祈ります。
葬儀と告別式を別に行います。

プロテスタント式

プロテスタントは比較的柔軟です。
宗派はたいへん多く存在します。

聖職者の敬称としては「牧師」さんとお呼びします。

キリスト教者ではないけれど、この方式で葬儀をあげたいなどの要望は、こちらの方が融通が利きやすいと思います。

礼拝での歌は「賛美歌」と呼びます。
香典の表書きは「御花料」または「御ミサ料」にしましょう。

プロテスタントでは、故人は神に召され、その後を安らかに過ごすのです。
神への感謝と遺族の慰めのため、祈ります。

葬儀と告別式は分けずに行います。

キリスト教の思想

各宗派に共通するキリスト教の思想としましては、死は不幸な出来事ではないのです。

キリスト教では、死は命の終わりではありません。
「召天」「帰天」と言う用語にもそれは反映されていまして、神のもとに召される記念すべき出来事なのです。

なので「お悔やみ」は言わないようにしましょう。
ご遺族には、お知らせ頂いたお礼の言葉を述べるか、故人の安らかな眠りを祈る言葉を述べましょう。

「ご冥福をお祈りします」は誤りです。
「安らかな眠りをお祈りいたします」と言いましょう。

キリスト教では供物はなしです。

供花は白い花に限ります。かごに入れたアレンジか、花束が良いでしょう。
神の前には平等と言う考え方で、供花の名前札を外して供えることがあります。

キリスト教では、葬儀自体より、死の前に必要な儀式を行うことが重要です。

意識があるうちに、聖職者の立会いの下、神に祈りながら臨終のときを迎えることを重んじるのです。
葬儀も教会単位で、信者が助け合いながら行うことが多いです。

詳細がわからない場合の問い合わせ先は、故人の属していた教会か、同じ宗派の教会がいいでしょう。

葬儀者にお願いする場合、基本的にはどこでも大丈夫です。
キリスト教専門葬儀社もあります。

教派ごとの葬儀の流れ

詳しくは、次項「お葬式のかたち(宗教編4)キリスト教葬儀について②」で記載します。

キリスト教の儀式では、聖職者と教会が、儀式をすべて先導して進めてゆきます。
喪主にあたる祭主や遺族は、指示に従って補助的な役割を務めることが多くなります。

不安なことがあれば、教会の方と葬儀社に伺ってみると良いでしょう。
打ち合わせの上、進行をされることになると思います。

カトリックの「告別式」は、本来のカトリックの儀式にはありません。

仏教式、神道式にくらべ、キリスト教式では、参列者と故人、故人と遺族、遺族と参列者の、儀式でのかかわりは少なくなっています。

その形の違いは、死に対する考え方の違いでははあります。

日本の一般的な手順に類似した「告別式」は、世俗的なお別れの形に即したものだといえます。
宗教観はさまざまですが、どのかたちであれ、状況の中で、出来るだけのことが出来ればよいのです。

キリスト教特有のマナー

献花のお作法

キリスト教式葬儀では、祭壇には、お焼香ではなく「献花」が行われます。
献花の順序は、喪主→遺族→親族→参列者です。

献花の順番が来ましたら、祭壇へ進みます。
係がお花を渡してくれますので、右手のほうにお花が来る向きで、両手で丁寧に受け取りましょう。
その後、遺影に向けて一礼しましょう。

お花は、時計回りに回し、祭壇に根元を向ける向きにします。
上から置くのではなく、下からお花を両手で捧げもつようにして置きましょう。

献花が終わりましたら、ご遺族と聖職者さまに一礼してから、自席に戻ります。

聖歌や賛美歌の斉唱

キリスト教式葬儀では、聖歌や賛美歌の斉唱、聖書の文言を皆で唱える、などの手順があります。

参列者で信仰していらっしゃらない場合、抵抗のある方もあると思います。
追悼のお気持ちを持って、聞いているだけでも差し支えありません。

始まる前に聖歌や賛美歌、聖書の一節を印刷して配られることも多いですので、出来ればですが、周りの信徒の方と合わせて、お声を出すとより良いでしょう。

たどたどしくても小さくてもいいのです。

献花だけの参加は可能?

仏式の焼香のように部分での参加は、式次第の都合で難しいです。

キリスト教葬儀では、各部分がきっちり分かれています。
参加の場合は、全部参加するのが必須です。

通夜で遅くに訪れたい、夜に故人に付き添いたい

キリスト教では夜伽の習慣はありませんので、教会は夜は閉めて遺族は帰宅して休むことになります。

極力、時間内にうかがうようにしましょう。

教会の駐車事情

お車の場合、斎場のようなつもりで行くと、教会はほぼ駐車場がありません。

必ず、事前にコインパーキングを調べておきましょう。

この記事を書いた人

齋藤 親(さいとう しん)

お葬式は家族を知る場面

数年前、祖母が亡くなった時、普段仕事ばかりしている母が、祖母に対し心から感謝の言葉を伝えていたこと。

今まで涙を見せることのなかった兄が人目を気にせず泣いていたこと。
家族の中でも様々な想いがあることを知りました。

そのときの気持ちを忘れずに、ご家族一人一人を、笑顔にできるよう心がけております。

心に残ったこと

お父様のお葬式を終えたご家族が「たくさんの人からお父さんの話を聞けて、色んなお父さんを知ることができました。

家族葬か一般葬で悩んでいましたが、私たちの話を聞いて、一般葬をオススメしてくれた齋藤さんのおかげです」と言っていただけたことが心に残っています。

出身:茨城県つくば市

趣味:釣り、ボルダリング

好きな映画:「天空の城ラピュタ」

好きな音楽:山崎まさよし