【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

家族だけであたたかく見送りたいから。家族葬であげるお葬式について

「家族葬」という言葉をご存じでしょうか。最後は気心の知れた親族だけで静かに見送りたい、そんなお葬式が増えてきました。家族葬であげるお葬式の特徴をお伝えします。

そもそも、「家族葬」ってどんなお葬式?

「家族葬」とは、普段は縁が薄く義理だけで参列するような人には出席を遠慮してもらい、基本的には親族だけが参加するお葬式のことです。

本当に縁の濃い人たちだけでお別れができれば、経済的にも精神的にも負担が軽減されることから注目されてきました。

従来のお葬式は、たくさんの人が訪れるのが一般的でした。

親族、友人はもちろんのこと、喪主の仕事先で付き合いのある人々や、あまり行き来のないご近所さんなどにもお知らせ状を出し、また新聞のお悔やみ欄などにも葬儀日程を載せていたため、遺族は次々と訪れる顔もよく知らない人たちに頭を下げ続けなければなりません。

このような従来の葬儀では、多くの人に返礼品を渡し、通夜料理を振る舞う必要があるため、支払いは大変な金額となります。もちろん香典でかなりの部分をカバーできますが、どうしても持ち出しの部分が出てしまいます。

もてなしに忙殺される遺族は、故人とゆっくりお別れをする暇がありません。

「慌ただしくしている方が、悲しみが紛れていいのだ」という考え方もあります。しかし、本来なら、お葬式は遺族が故人とお別れする場であるはずです。

「かけがえのない故人との最後の時間を大切にしたい」という願いが、家族葬なら叶います。

家族葬にしたいと思ったら

もしも虚礼を廃し、密度の濃いお別れをしたいと願うなら、「家族葬にしたいけれど、どう思うか」とまずは近い親族に相談しましょう。

お葬式では喪主の意思が何より優先されますが、たとえば故人の兄弟、配偶者、喪主の兄弟といった近しい人の意見を無にしては、後にトラブルになります。

自分のお葬式を家族葬にしてほしいと願うなら、遺言しておくことが必要です。残された家族は「故人の遺志により家族葬にする」という免罪符を手に入れ、気持ちが楽になることでしょう。

ただ、遺言書に書いてはいけません。遺言書を開いてから葬儀についての希望を知っても遅いからです。生きているうちから喪主候補に口頭や書面で伝えておきましょう。

親族中心にすると、「それでも呼びたい人」が見えてくることも

家族葬をしようと決めると、「え、じゃあ、長年付き合いのある○○さんは呼ばないの?」という声が必ず身内から聞こえてくることでしょう。

家族葬では、参列者を親族に限るという決まりはありません。本当に親しかった人たちが別れを告げる場です。

実際、家族葬をしようと動きはじめ、フタを開けてみたら親族以外の会葬者がかなり増えてしまったという例がたくさんあります。

しかし、それでいいのです。本当に偲んでほしいと思える人をリストアップできたことになるためです。それが、本来のお葬式の姿なのです。

呼ばない人にもお知らせをするのが礼儀

参列しない人には、お知らせを出さなくてもよいだろうと考えてしまいがちですが、この考えがもとでトラブルが多発してしまうことがよくあります。

たとえば、それなりに交流がある人がずいぶん前に亡くなっていたことを、遺族ではない誰かから偶然聞いたとしたら、ショックは大きいでしょう。

「そんなに薄い関係性だっただろうか?」と切なくなりますね。

家族が直接は知らない人のなかにも、故人と関わり合った人はたくさんいるはず。生前お世話になった人たちの気持ちを、ないがしろにはできません。

できればお葬式の前に、逝去の知らせを出しましょう。気持ちがふさぐようなら、お葬式の後でも構いませんが、なるべく早めに出すのがおすすめです。

お葬式に呼ばない人への知らせは、故人が旅立った日や死因について、そして生前お世話になったことへの感謝を記し、「誠に勝手ながら、故人の遺志のため」葬儀は家族葬で執りおこなうことを書いて締めます。

香典や供物を辞退したいのであれば、その旨も添えます。葬儀日程や会場については、混乱のもととなるため書きません。

しばらくは弔問客や電話が絶えない

家族葬をおこなうと必ず出てくる悩みが、「お葬式の後、弔問客がひっきりなしに家に来て疲弊する」というものです。

参列できなかった人が、遺族へ励ましをと自宅を訪問したり電話をしたりしてくれるのですが、それがかえって遺族の負担になることがあります。

ただ、故人と関わりがあった人が「弔意を表す場が欲しい」と考えるのはもっともです。電話や弔電を全てシャットアウトするのは難しいでしょう。

そういった事態になることをふまえ、四九日や1周忌を目安にお別れ会を開くという選択をする家族もいます。

あらかじめ、お別れ会を開催することを逝去の知らせにしたためておけば、「それなら、お別れ会の知らせを待とう」と考え、弔問や電話を控えてくれる人は多いでしょう。

遺族はお葬式の後、気持ちの区切りがついたらゆっくりお別れ会の準備をすればいいのです。

おわりに

家族葬は、密度の濃いお別れを実現できる方法です。故人や喪主の付き合いの範囲があまりに広い場合は、後日お別れ会を開くことも考えるといいでしょう。

まだまだ元気なうちから、どんなお葬式が望ましいか語り合う機会を設けるのが理想的です。

この記事を書いた人

奥山 晶子(おくやま しょうこ)

山形県生まれ。冠婚葬祭互助会で2年間働いた後、出版業に従事。出版社の社員時代に日本初の喪主向け葬儀実用誌『フリースタイルなお別れざっし 葬』を発行(不定期)。以後、葬儀や墓について執筆するライターへ。

著書に「葬式プランナーまどかのお弔いファイル」(文藝春秋)、「終活」バイブル 親子で考える葬儀と墓 (中公新書ラクレ)などがある。2013年より2年間、「NPO法人葬送の自由をすすめる会」の理事を務める。