【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

香典、受け取る?受け取らない?迷ったときに必要な考え方について

葬儀の連絡を受けたら香典の用意をする、それは昔から当たり前の流れでした。しかし、現代では、「香典は受け付けているか?」と一歩引いて、考えなければならなくなっています。

自分が喪主になったときのためにも、香典を受け取るべきか否かについて、考え方を知っておきましょう。

「香典辞退」の葬儀が増えている

葬儀のお知らせ状の最後に、小さい文字で「ご香典、ご供花、ご供物の儀は辞退申し上げます」などと書かれているものを受け取ったことはありませんか。

最近では、香典を受け取らない葬儀が増えてきています。

参列者の立場だったら、無理に渡すのはマナー違反

参列者の立場であれば、「本当に香典を持って行かなくていいの?」と不安になることでしょう。香典辞退がまだ珍しかった頃は、気を回して香典を持っていく参列者もいました。

しかし今では、無理に香典を渡すのはかえってマナー違反だという意識が浸透してきています。

喪主の立場になると、受け取るか受け取るまいか迷う

さて、参列者であれば喪主の意向に沿えばいいので、あまり気を使う必要がありません。

しかし、いざ喪主の立場になると、香典を受け取るべきかどうか迷うのではないでしょうか。

香典を受け取る場合のメリットと、受け取らない場合のメリットを比較し、自分にとって負担の少ない方を選びましょう。

香典を受け取る場合のメリット

持ち出しの負担が軽くなる

一般参列者の香典相場は5千円、親族の香典相場は1万円ほどです。単純に考えて、一般参列者が100人来れば50万円の香典が集まることになります。

これにより、持ち出しの負担がかなり軽くなります。

大事な家族の葬儀にどんな人が来たかがわかり、関係性の再構築が可能

香典袋には名前と住所が書いてありますが、これは四九日をめどに香典返しを送る場合に参照するためのものです。

これをもとに、疎遠だった人と関係性の再構築ができる可能性があります。

亡くなった家族がどんな人にお世話になっていたかを知る最後の手段でもあり、人とのつながりを大切にしたい人にとって、香典を受け取ることは大事だといえるでしょう。

参列者をためらわせずに済む

惰性や世間体で香典を持ってくる人もいれば、亡くなった人のために何かお供えしたいと純粋な気持ちでいる人もいます。

そういった人は、香典もお花もお供物もダメといわれてしまうと、自分の真心をどこに向けたらよいかわからなくなってしまい、困惑させてしまうことがあるでしょう。

気持ちを捧げ、また受け取るための手段として、香典や供花は有効なのです。

香典を受け取らない場合のメリット

香典返しによる費用負担がない

香典は半返しが相場とされ、5,000円の香典をもらったら2,500円程度の品物をお返しするのが一般的です。

香典を辞退すれば、この香典返しによる費用負担が一切なくなります。

葬儀時に手渡しするだけではなく、発送をしなければならない場合、発送費用も浮かせられると思うと、意外と大きな金額です。

わずらわしさから解放される

どこの誰からいくら香典をもらったか、香典返しは十分か、それとも後で何か送る必要があるかなど、香典を受け取ると記録したり手配したりしなければならないことがたくさんあります。

これらのわずらわしさから解放されることは、葬儀後も手続きや法要準備に忙殺される遺族にとってありがたいことです。

発送の手間が省ける

葬儀時の香典返しが十分でなかった場合、つまりお返しものがいただいた香典金額の半額に満たなかった場合には、四九日にあわせて追加の品物を発送するしきたりがあります。

この手間が省けるだけで、忙しい遺族にとっては助かるでしょう。

自分がこれから参列者とどんな付き合いをしていきたいかを考えるのが大事

香典を受け取るべきかどうかを考えるときは、心身の負担について総合的に考えることが大事です。

「のちのち煩わしくないから」と安易に香典を辞退すると、昔ながらの価値観を持つ親族から「どうして香典を受け取らないのか」となじられたり、無理に香典を押し付けられて想定していないお返しものが生じたりと、かえって面倒なことになりかねません。

どちらにしても、面倒なことは生じます。要点は、自分がこれから参列者とどんな付き合いをしていきたいかにあるのではないでしょうか。

将来的にどんな人づきあいをしていきたいかを考えてみましょう。

おわりに

香典を受け取るにしても、受け取らないにしても、最終的に判断するのは喪主です。周りの人の意見も汲み取りながら、いざ決心したらブレることなく自分の判断を通しましょう。

一番困ってしまうのは、香典を辞退しながらも持参した人からは受け取ってしまい、それを見ていた参列者らが我も我もと後から香典を持ってくる状況です。

一度受け取らないと決めたらそれを通すことを念頭に置いて、葬儀に臨みましょう。

この記事を書いた人

奥山 晶子(おくやま しょうこ)

山形県生まれ。冠婚葬祭互助会で2年間働いた後、出版業に従事。出版社の社員時代に日本初の喪主向け葬儀実用誌『フリースタイルなお別れざっし 葬』を発行(不定期)。以後、葬儀や墓について執筆するライターへ。

著書に「葬式プランナーまどかのお弔いファイル」(文藝春秋)、「終活」バイブル 親子で考える葬儀と墓 (中公新書ラクレ)などがある。2013年より2年間、「NPO法人葬送の自由をすすめる会」の理事を務める。