【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

葬儀社の仕事はどこからどこまで?

葬儀社は、お葬式にかかわる手続きや式場の設営、葬儀の進行などを、ご家族に代わって行う会社です。

しかし、具体的にどんな仕事をしているのかは、あまり知られていないかもしれません。

葬儀社がどこまでやってくれるのかが分からないと、お葬式に関して具体的に考えることもできませんよね。

ですので今回は、お葬式の流れに沿って葬儀社の仕事を紹介します。

これから葬儀社を探されている方、必見です。

お葬式の流れ

まずは、おおまかなお葬式の流れを見ていきましょう。
(今回は、事故や事件などの特殊なケースは除きます)

①【臨終(病院、自宅で家族が亡くなる)】

葬儀社に連絡します。

※臨終:人が亡くなる間際、もしくは亡くなること。

②【亡くなった方を自宅や安置所へ移送】

寝台車と呼ばれる専用の車で亡くなった方(以下、故人様)を移送します。

※安置所:故人様の身体の変化を最小限に留めるための一時的な保管施設。公営と民営がある。

③【今後のお葬式の打ち合わせ、見積もり】

お葬式をする場所や日時など、葬儀社の担当者と具体的に打ち合わせを行います。

④【お葬式】

お葬式をあげます。

⑤【火葬】

お葬式終了後、火葬場に移動し、故人様を焼いて骨にします。

火葬時間は1時間ほどで、火葬場まで同行した方と待合室で歓談して待ちます。

この時間に、精進落としを食べる場合もあります。

※火葬:火を使って故人を葬ること。地域によって公営、民間火葬場がある。

※精進落とし:現代では、お葬式に参列してくださった会葬者への感謝の気持ちを込め、お料理をふるまうこと。

⑥【お骨上げ】

火葬が終わると、場内の収骨室へ移動し、2人1組で故人様の遺骨を骨壺にお納めします。

収骨後、同行していただいた方と別れ、お骨を持って帰宅します。

⑦【後段の設置】

お墓に納骨するまでの間、仮の祭壇を設置して、骨壺、位牌、写真などを飾ります。

以上が大まかな流れです。

葬儀社の仕事内容

次に、葬儀社の仕事内容を見てみましょう。

といっても、葬儀社によってどこまでやっているかは違います。

今回は、私の勤めている「東京葬儀」の仕事内容を紹介いたします。

①【臨終(病院、自宅で家族が亡くなる)】

連絡を受けたら、寝台車の手配をし、故人様のお身体を保全するためのドライアイスを用意してご希望の場所へお迎えに上がります。

②【亡くなった方を自宅や安置所へ移送】

ご搬送先や死亡診断書などを確認し、ご自宅や安置所へ移動します。

③【今後のお葬式の打ち合わせ、見積もり】

どのような式を希望されるのか聞き取りを行い、詳細な見積もり書を作成します。

要望によっても変わりますが、主として式場・火葬場の確保、協力会社(お寺様、お花屋さん、料理屋さん、香典返しなどのお返しもの屋さんなど)への手配などが葬儀社の仕事になります。

※香典返し:香典へのお返しの品のこと。

④【お葬式】

各協力会社を取りまとめて、式場の設営、お葬式に来られた方への案内、式中の司会などをおこないます。

⑤【火葬】

火葬場火葬炉から待合室への案内をいたします。

⑥【お骨上げ】

収骨室への案内と、お帰りなる方へタクシーの手配などおこないます。

⑦【後段の設置】

後段の設置と、相続など今後の手続き関係のアフターフォローを行います。

以上が主だった葬儀社の仕事です。

他には、お葬式の事前相談や法要手配なども行います。

なぜ、葬儀社によってやってくれる範囲がちがうのか

なぜ葬儀社によってやってくれる範囲が違うのか。

それは、その葬儀社がどこまでを「お葬式」と考えているかが違うからです。

お葬式をあげるには、様々な手配や準備が必要です。

お葬式が終わっても、納骨の手続きや仏壇・位牌の用意、遺産の相続や土地の名義変更など、残されたご家族が行うことは多岐にわたります。

そうした「お葬式に付随して起こる問題」をどこまでサポートするのか。

その考え方の違いで、葬儀社の仕事の範囲が決まるのです。

まとめ

今回は、他社様がどこまでされているかわからないので、自分の勤めている「東京葬儀」の仕事を例に書かせていただきました。

正直、葬儀社の仕事はどこからどこまでなのかというと、「その葬儀社のスタンス次第」としか言えません。

ですので、葬儀社を探す際は、「どこまでサポートしてほしいのか」をひとつの基準として持っておくと良いと思います。

皆様が心から納得してお葬式が頼める葬儀社が見つかることを願っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

木南 健(きなみ たけし)

後悔を残さない最期を

数年前に父が急死した際、今の仕事に就いていればどれだけ母や兄妹の支えになれたのだろうと考えることがあります。
過去は変えることはできません。

あの日、抱いた悲しみや不安の根底にあったものは父をしっかり送ってあげたいという想いです。

同じように、大切な人との別れによる「悲しみ」「不安」を抱く方々の支えとなり、その根底にある「大切な想い」を形にするお手伝いができればと思っています。

心に残ったこと

まだ駆け出しの新人だったころ、お葬式が終わった後、喪主様に笑顔で力強く握手をされたことです。

期待にお応えできたんだと言葉以上に感じることができ、とても嬉しかったです。

出身:岡山県岡山市

趣味:弓道、読書

好きな映画:「サトラレ」

好きな音楽:BEGIN