【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式の準備は大丈夫?【その2】病院以外で亡くなった時の流れ

このシリーズでは、家族に不幸があった際の一般的な家族側の流れをご紹介します。

もし自分の家族に突然の不幸があったら、驚きと悲しみ、そして「今後どうしたらいいの?」「何が必要なの?」といった不安で、きっとパニックに陥ってしまうでしょう。

そうしたパニックに陥らないように、「もしもの時」の流れを知っておきましょう。

大切なご家族の最期に、慌てることなく穏やかにお付き添いするための参考になればと思います。

「人には聞けない、家族に不幸があった際の流れ… その1(病院で亡くなった時)」と合わせてご覧ください。

大切な方の最期を、ご自宅や介護施設、その他で看取るケース

この記事では、家族の最期を病院以外で看取る場合の流れを紹介します。

病院以外で最期を看取る場合、対象の方の置かれている状況により、大きく3パターンの流れがあります。

1つ目は、施設内で看取り介護を行っていない介護施設施、またはかかりつけの医師がない状態で容態が急変した場合。

この場合、直ぐに救急車で病院へ搬送され、病院の医師の診断を受けます。

その後は同シリーズ「お葬式の準備は大丈夫?【その1】病院で亡くなった時の流れ」と同じ流れです。

2つ目は、施設内で看取り介護を行っている介護施設、または訪問介護と掛かりつけの医師がいる自宅で容態が急変した場合。

この場合では、施設または自宅へ直接医師が駆けつけ診断をおこないます。

医師の診断が終わった後、看護師の手により「清拭」または「エンゼルケア」と言われる処置や浴衣への着せ替へが行われます。

その後は同シリーズ「お葬式の準備は大丈夫?【その1】病院で亡くなった時の流れ」

と同じ流れです。

3つ目は病院や介護施設、自宅など、全ての場所から共通して搬送される可能性のある「警察案件」といわれるケースです。

事件や事故、また死亡の原因を特定できない場合、故人様は一旦警察へと搬送され、「検案」と言われる死因特定の検査を受けます。

死因をその場で特定(証明)できない場合、ご自宅での自然死でも警察案件になることはよくあります。

状況によりその後の流れが大きく異なるため、警察案件の場合は警察から今後の流れの説明があります。

それでは、「警察案件」の大まかな流れをご紹介します。

亡くなられた場所の近くにご家族様がいらっしゃった場合や、ご自宅で亡くなられた場合、警察からご家族様へ事情聴取がおこなわれます。

同時に、警察内でご遺体の死因特定の「検案」がおこなわれます。

事情聴取に問題がなく、死因の特定も出来た段階で、「葬儀社を呼んでください」と指示されます。

事故や自宅での自然死など、死因特定の証明がしやすいケースでは、半日から数時間で事情聴取と検案が終わり、警察署へ葬儀社を呼んでお葬式準備の流れになります。

警察案件の検査にて死因が特定できなかったり、損傷が激しく本人であると証明ができない場合は、長期の検査になり、1週間から2ヵ月程かかることがあります。

長期検査になる旨はご家族様へ伝えられますが、具体的にいつ検査が終わるのかは検査の内容などによって変わりますので、ご家族様でも具体的には伝えられないケースが多くあります。

検査が終わった段階で、警察から「〇〇の場所へ葬儀社を呼んでお迎えに来てください」という旨の連絡が来ます。

その後は故人様に葬儀の日までお休みいただく場所を葬儀社とお決め頂いて、ご安置の後お打合せになります。

まとめ

介護施設や自宅訪問介護の場合は、最終的に病院で看取る形と同じ流れになるケースが殆どです。

ただ、事故や事件の時だけでなく、ご自宅や介護施設、病院で亡くなったでも「警察案件」になる可能性があります。

どうなるかは、当然予測できません。

もし警察案件になったとしても、親身に相談にのってくれる葬儀社に出会えることを祈っています。

この記事を書いた人

坪木 陽平(つぼき ようへい)

家族以外で一番近い存在に

数年前、祖父が亡くなった時両親と葬儀の準備を進めました。
初めて会う方には勿論、ご住職やご会葬者、葬儀社の方にも気遣いばかりで、気が付いたら葬儀は終わっていました。

振り返れば祖父を想いながらしっかり見送ってあげられなかったことが心残りです。
自分の経験からご家族の想いを大切にしたお見送りをしていただきたいと思っています。

私にはいつでも何でもどんなに些細なことでも、遠慮しないでおっしゃっていただける関係づくりを目指しています。

心に残ったこと

お葬式を終えてから半年経ったお客様から電話が来て「元気してるのー?寒くなったから風邪ひかないようにねー」と息子に電話するかのように気軽に連絡いただけたことです。

これからも一人一人との繋がりを大事にしたいと思わせてくれました。

出身:新潟県妙高市

趣味:ラーメン屋巡り、断捨離

好きな映画:「そして父になる」

好きな音楽:GLAY