【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

葬儀社っていつ連絡すればいいの?ケースごとに見る依頼の流れ

お葬式のことなんて、できれば考えたくないですよね。

しかし、身内の不幸はどんなタイミングで訪れるかわかりません。

病院で亡くなる方や、事件事故に遭われる方、ご自宅で最期を迎える方など様々な方がいらっしゃいます。

今回は、葬儀社に依頼するいくつかのケースを、実例を交えお伝えしていきます。

病院から連絡があった場合


ご逝去される方の多くは、病院で最期を迎える方がほとんどです。

病院から連絡を受けた家族が到着した段階で、お医者様から死亡診断書が発行されます。

一般的にお式までの間、病院で故人様がお休みになることはできず、ご自宅または安置のできる施設への移動が必要です。

病院からの移動は、病院指定の葬儀社が行うこともありますが、すでにお願いする会社が決まっていればそちらへ連絡するほうが安心です。

多くの場合、病院側から「〇時までにはご移動お願いします」といった指示がありますが、慌てる必要はありません。

まずは葬儀社に連絡をして、お迎えのお車を手配してもらいましょう。

その後は、葬儀社からの案内に沿って行動をすれば、急いでやらなければいけないことはほとんどありません。

もし、ご家族の中で病院に駆けつける方がいらっしゃる場合は、その旨を葬儀社に伝えてください。

お迎えのお時間を調整してくれるかもしれません。

まずは落ち着いた行動を心掛けましょう。

警察署から連絡があった場合

何らかの事故に巻き込まれた場合や、事件性のある亡くなり方をした場合は、病院で息を引き取られた時とは違う流れになります。

まず、警察署に到着をした段階で身元確認が行われます。

その後警察から死因の説明があり、何をすればよいか指示を受けます。

病院や老人ホームなどの特定の施設以外で亡くなられた場合、必ず警察を介して検視が行われます。

検視は亡くなった方の死に事件性がないかなどの確認をすることで、警察署からの移動は検視が終わった後に行います。

その為、連絡が来てから故人様を移動するまでに日数を要する場合もあります。

この場合、葬儀社に連絡するタイミングは警察に指示を仰いでください。

さらに、死因が判明しない場合は行政解剖が行われ、事件性が疑われる場合は司法解剖となります。

この場合、解剖を行う場所に搬送をしなければならないので、長い期間故人様をお預けする形になります。

補足としまして、警察を介して検視を行う場合は「死亡診断書」ではなく「死体検案書」が発行されます。

料金については検視を担当するお医者様によって異なりますので、その都度確認が必要です。

自宅で看取った場合

最後になりますが、ご自宅で最期を迎える場合です。

係りつけのお医者様にご連絡をするか、訪問介護などをお願いしている場合は看護の方に連絡をして、指示を仰いでください。

お医者様が到着後、診断を経て死亡診断書が発行されます。

その後、葬儀社へ連絡する流れになります。

故人様のお身体をお守りするため、葬儀社がドライアイスでの処置をしてくれます。

ただ、死亡診断書が発行されてからでないと処置を進めることができませんので、後日発行される場合などは注意が必要となります。

また、ドライアイスの効果は24時間~36時間しか持ちませんので、担当者が毎日ご自宅へ交換しに来てくれます。

どなたかの立ち合いが必要となるので、故人様が一人で住んでいた場合はその都度ご相談しなければいけません。

お式までの期間が長く空いてしまう場合、故人様のお身体にも大きな負担がかかります。

お部屋を涼しくするなど、担当者からのアドバイスを貰って、お葬式までの期間ゆっくりと過ごされるのが故人様も安心されるのではないでしょうか。

まとめ

以上が、一般的なご依頼の流れです。

ご家族の中でご心配な方がいらっしゃる方の参考になれば幸いです。

万一の際に備えて葬儀社を探しておくことは、限られた時間を安心してお過ごしいただくためにも重要なことです。

その時になってからではなく、事前に葬儀社を選ばれることをお勧めしています。

この記事を書いた人

齋藤 親(さいとう しん)

お葬式は家族を知る場面

数年前、祖母が亡くなった時、普段仕事ばかりしている母が、祖母に対し心から感謝の言葉を伝えていたこと。

今まで涙を見せることのなかった兄が人目を気にせず泣いていたこと。
家族の中でも様々な想いがあることを知りました。

そのときの気持ちを忘れずに、ご家族一人一人を、笑顔にできるよう心がけております。

心に残ったこと

お父様のお葬式を終えたご家族が「たくさんの人からお父さんの話を聞けて、色んなお父さんを知ることができました。

家族葬か一般葬で悩んでいましたが、私たちの話を聞いて、一般葬をオススメしてくれた齋藤さんのおかげです」と言っていただけたことが心に残っています。

出身:茨城県つくば市

趣味:釣り、ボルダリング

好きな映画:「天空の城ラピュタ」

好きな音楽:山崎まさよし