【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式のタブー?~写真撮影について~

今は、高性能なカメラが付いた携帯電話が普及した事もあり、手軽に写真撮影が出来るようになりました。

葬儀の際にも、親族や葬儀会社スタッフが祭壇や会場の様子を撮影することは当たり前の光景となりつつあります。

だからといっていつでもどこでも撮っていいものでもありません。

今回は、実際に私が喪主様やご家族に写真撮影についてお伝えしていること元に書いてみようと思います。

写真撮影のルール

そもそもお葬式で写真を撮ってもいいのかについてですが、撮影はOKです。

ただし、いくつかルールがあります。

ルールその1 火葬場(厳密には火葬炉前)と収骨室は撮影禁止

理由としては、火葬炉や収骨室は横並びにあり、個別の区切りがない所が多いので、他の遺族を撮ってしまう可能性があるからです。

最後のお別れ中に知らない人に勝手に写真を撮られるというのは気分のいいものではありません。

珍しいから、記録として、などはただの自己満足でしかないので控えましょう。

ルールその2 事前の了承を得てから撮影

了承を得る必要がある人物が最低でも2名います。

喪主様とお坊様などの宗教者です。

当然といえば当然のことなんですが、喪主様が嫌がっているのに撮ることは控えましょう。

宗教者の方も、宗教上ダメなこともありますし、お経をあげている姿をパシャパシャと撮られるのを快く思わない方もいらっしゃるので気を付けましょう。

写真撮影をする目的、意味

お葬式における写真撮影は、思い出を残すことよりも記録を残すことが目的としてあります。

特に、式場に入りきらないほどの人数が参加されるお葬式になると、喪主様もどんな方が来てくれたのか把握しにくいものです。

お葬式が終わった後のお礼をするのにも役立ててもらっています。

あとは、最近のお葬式は生花で作ったデザイン性の高い祭壇を用意するので写真に残される方が増えています。

祭壇の両脇に飾るご供花もそれぞれ提供してくれた方の名札がついています。

実際、私の担当した家族の方より、お葬式が終わって落ち着いたときに改めて確認できて「助かった、役に立った」というお声をいただいています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

お葬式中の写真撮影は、宗教上で禁止といわれることは実はあまり多くありません。

どちらかと言えば、マナーに関するものになります。

お葬式には、色んな方が、亡くなった方に対してそれぞれ色んな思いをもって参列されます。

その中でも、喪主様を中心とした家族のご意向が一番に反映されるお葬式がよいお葬式だと思います。

大事なお別れの時間を快く過ごせるように細かいところにも目が届く葬儀社を探しましょう。

皆様が心から納得してお葬式が頼める葬儀社が見つかることを願っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

木南 健(きなみ たけし)

後悔を残さない最期を

数年前に父が急死した際、今の仕事に就いていればどれだけ母や兄妹の支えになれたのだろうと考えることがあります。
過去は変えることはできません。

あの日、抱いた悲しみや不安の根底にあったものは父をしっかり送ってあげたいという想いです。

同じように、大切な人との別れによる「悲しみ」「不安」を抱く方々の支えとなり、その根底にある「大切な想い」を形にするお手伝いができればと思っています。

心に残ったこと

まだ駆け出しの新人だったころ、お葬式が終わった後、喪主様に笑顔で力強く握手をされたことです。

期待にお応えできたんだと言葉以上に感じることができ、とても嬉しかったです。

出身:岡山県岡山市

趣味:弓道、読書

好きな映画:「サトラレ」

好きな音楽:BEGIN