【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

葬儀社が、迎えに来るまでにできること

非日常な「お葬式」。

今回は、お葬式にまつわる「亡くなった直後」の対応と心構えに注目してまとめてみました。

「何事も一(はじめ)が肝心」といいますが、これはお葬式の一(はじめ)です。

知って損はないですよ。

流れを知ろう

まずは、「人が亡くなる~お葬式」までの流れを見ていきましょう。

①人が亡くなる・・・医師により「死亡診断書」が作成される。

②葬儀社を決める。

③移動・・・病院で亡くなった場合、遺体の搬送先を決める。

④安置(あんち)・・・お葬式当日まで自宅もしくは安置所でにお身体を安置。

⑤葬儀社とどんなお葬式にしたいか打ち合わせ。

⑥お葬式

今回、注目するのは流れの①~③の部分です。

注意点をまとめると、

・葬儀社へ連絡するタイミングは、死亡が確認されてからなるべく早い段階で連絡を入れておきましょう。

・その間、病院で亡くなった場合は、故人様を清拭(エンゼルケア)したり、移動にむけての準備をしてくれます。(葬儀社が迎えに伺うにも同程度の時間を要しますので、葬儀社の到 着をあまり待たずに済みます。)

・自宅死亡の場合は、かかりつけの医師がいるならそちらへ連絡、いなければ救急車を呼びましょう。死亡確認がさ れてから、葬儀社へ連絡を入れます。

・これから向かう安置場所を考える。

状況にもよりますが、総じて非日常なことですので、多くの方は冷静でいられません。

深呼吸をして落ち着いて行動しましょう。

万一、葬儀社が決まっていなくても焦らないで大丈夫です。

病院からの「葬儀社の方はいつ来ますか」などの質問はプレッシャーに感じます。

「葬儀社が決まってない」、「一度落ち着きたい」、この2点を病院にしっかりと伝えましょう。

そこでよくあるのが、病院側から常駐している葬儀社を紹介されるパターンです。

お葬式の費用を抑えたい方は要注意です。

病院に常駐している葬儀社は常駐している分、人件費がかかっています。

その人件費分、請求される葬儀代金は高額になりがちです。

よっぽど特殊なルールがないかぎり無理に病院常駐の葬儀社を使う必要はありません。

近しい人の「死」が自分にどんな影響を及ぼすのか

私の父は、くも膜下出血で急死しました。

数年前の2月某日の朝、父が風呂場で倒れました。

父を発見した時には、触れた体が冷たく、素人なりにもダメだろうと思いました。

母は救急車を呼び、その間に、私は車で数十分の場所に住んでいた兄を迎えに行きました。

運転中「冷静に」と「普段より事故に注意」を頭の中で繰り返していました。

兄が住む家に到着し、車から降りた瞬間、何の変哲もない道路に転がっていました。

なにが起きたのか分かりませんでした。

どうやら無事に到着できた安堵から一瞬気が緩み、足がもつれてこけていたようです。

これまで経験したことのない、「心」と「体」と「頭」がバラバラな感覚でした。

その場で、数十回深呼吸をし、ようやく冷静になれました。

、、、これはほんの一例で、近しい人の「死」というのは、自分にどんな影響を及ぼすか未知数です。

「自分は大丈夫!」と過信しないことをおすすめします。

まとめ

冷静でいられる自信がない人はどうすればいいのか。

答えは「冷静でいられる普段からお葬式について考える」です。

特に、「一人で考えない」、「専門家の意見を聞く」ことをおすすめします。

一人で悩まれるより家族全員でお葬式について話しあってみましょう。

できれば、亡くなる対象の人も交えて、話し合えることが理想です。

それに、信頼できる葬儀社が事前に見つかっていればいざという時に心強いですよ。

皆様が心から納得してお葬式が頼める葬儀社が見つかることを願っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

木南 健(きなみ たけし)

後悔を残さない最期を

数年前に父が急死した際、今の仕事に就いていればどれだけ母や兄妹の支えになれたのだろうと考えることがあります。
過去は変えることはできません。

あの日、抱いた悲しみや不安の根底にあったものは父をしっかり送ってあげたいという想いです。

同じように、大切な人との別れによる「悲しみ」「不安」を抱く方々の支えとなり、その根底にある「大切な想い」を形にするお手伝いができればと思っています。

心に残ったこと

まだ駆け出しの新人だったころ、お葬式が終わった後、喪主様に笑顔で力強く握手をされたことです。

期待にお応えできたんだと言葉以上に感じることができ、とても嬉しかったです。

出身:岡山県岡山市

趣味:弓道、読書

好きな映画:「サトラレ」

好きな音楽:BEGIN