【東京葬儀】女性に選ばれる家族葬

いまさら聞けない!? 通夜、葬儀、告別式の違い

お葬式には「通夜」、「葬儀」、「告別式」と色々な呼び方があります。

それぞれ違う意味なのか、それとも同じ意味なのか知らない方は多くいらっしゃいます。

これらは一部地域の呼び方というものでは無く一般的な呼び方であり、意味が違うので覚えておいて損はありません。

お葬式「通夜」、「葬儀」、「告別式」はそれぞれどういうものなのか、単な流れをお伝えしていきますので、初めてお葬式に参列される方、初めて喪主を務められる方の参考になればと思います。

通夜


通夜はお葬式の中で一番最初に行われる儀式です。

おこなわれる時間は夜18時~19時の1時間程です。

一般的にはお坊さんが入場するとともに通夜開式となりますが、最近ではお坊さん入場の前にナレーションを入れることも多く見られます。

お坊さんによる読経が始まると次はお焼香です。

司会またはお坊さんの案内により喪主様からお焼香が始まり、家族・親戚その後、一般会葬者の順にお焼香へと進みます。

お焼香が終わったら家族・親族は席に戻りますが、一般会葬者は席には戻らず、順に通夜振る舞いの会場へ向かいます。

通夜振る舞いのお料理はご遺族からのおもてなしの意味のありますが、一口でも手を付けることがご供養になるともいわれております。

お料理を召し上がった方から順に式場出口へ向い、葬儀スタッフから会葬礼品や香典返しを受け取り、帰路につきます。

親族はお坊さんの読経、法話を最後までお聞きし、退場を見届けてからお食事の席へ移動します。

以上が現在の一般的なお通夜の流れになります。

お通夜はどんな立場の人が参列するものなか、一般の立場だけど行っていいのか?不安な方はいらっしゃると思います。

結論から言いますと訃報連絡でお断りの旨や、家族葬で行う意思表示が無い限り参列して問題ありません。

何故一般的に分からなくなってしまうのかというとお通夜の風習として、以前は親族や近しい人だけで集まり、一般の方は翌日の式に参列するものでした。

現在では逆で18時から行う通夜の方が一般の方が参列しやすい為、翌日の葬儀よりも通夜に参列して最後のお別れをされるようになってきました。

ご一般の方を呼ばれる場合は通夜を行うことが一般の方への配慮にもなります。

葬儀・告別式

葬儀は通夜の翌日、午前中からお昼過ぎの時間帯におこなわれ、その後続けて告別式、火葬と続きます。

葬儀の時間は40分~60分が一般的で、開始時間は火葬の時間の逆算で1時間~1時間半程前に始まります。

通夜と同様お坊さんの入場と共に開式となり、喪主、家族親戚、一般の順でお焼香をあげます。

葬儀時には一般の方も焼香が終わったら席に戻ります。(退室し、式場入口でお待ちいただく事もあります。)

会葬者全員の焼香が終わり、読経も終わったら続けて初七日法要を行うケースがよくあります。(初七日法要は火葬後に式場へ戻り、行うこともあります。)

初七日法要が始まったら、家族親族は開式から2度目の焼香を行います。(初七日法要は時間の都合上一般会葬者の方は焼香をしないケースもあります。)

焼香と読経が終わったら、お坊さんが式場を退場し葬儀の閉式となります。(閉式前に弔電やナレーションを入れることもあります。)

続けて告別式の開式となり、お花入れの準備へとなります。

式場内のレイアウト変更や祭壇花、供花のお花を摘みお別れ用のお花お盆を作る為、一旦式場外へ皆様移動していただきます。

5分~10分後式場内へ近しい家族から順に再度入場し、一緒にお入れしてさしあげたい思い出の品などやお花をお手向けします。

会葬者皆様のお花入れが終わったら、出棺の挨拶を喪主様よりいただきます。

出棺の挨拶が終わり、告別式の閉式となります。

閉式後式場外霊柩車へお棺の故人様をお連れします。

霊柩車へ乗棺したあと、ここから火葬場へ向かう方はマイクロバスへ乗ります。

一般の会葬者の方はここで出発のお見送りをします。

霊柩車が出発し、見えなくなるまでお見送りをします。

お見送りが終わったら散会になりますので、帰られる前に引換券を最初の受付で貰っている方は葬儀スタッフへ渡して、会葬礼品や香典返しを受け取ります。

まとめ

今回は簡単な形式のみをお伝えさせていただきました。

「通夜」と「葬儀」のおこなう内容自体は殆ど同じな為覚えずらいかもしれませんが、実は風習や宗教的な意味合いは全く違いますので、興味のある方は調べてみてください。

また、「告別式」は「葬儀」の後に続けて行う為、同じ意味と思われることがよくあります。

「葬儀」はお焼香をする。「告別式」はお別れのお花入れをする。と覚えていただければと思います。

この記事を書いた人

米田 可南子(よねだ かなこ)

私も遺族だったことを忘れない

私も自身の経験から看病の疲れや、葬儀の不安というのはよくわかりますので【ご家族様の立場に立つ】ということを心がけています。

しかし、中には、故人様を賑やかに送ってあげたいなど様々なご家族様の想いがありますので、自身の経験以外でもご家族様の想いに応えるために【コミュニケーション】という部分も大事にしています。

心に残ったこと

ご家族様は悲しみや不安の中でお電話をしますので普段から電話でのお話は相手の感情を汲み取ることを心がけています。

電話でお問い合わせいただいたご家族様から「米田さんと電話をして、絶対に東京葬儀さんにお願いしよう!と思えたわ」と言っていただけたときはとても嬉しかったです。

出身:高知県高知市

趣味:旅行、スポーツ観戦

好きな映画:「ルビー・スパークス」

好きな音楽:YUKI