【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

早め早めが吉!葬儀社を探すタイミング

ご逝去後じゃ遅い!

「亡くなってから葬儀社を探したので、冷静な判断が出来なかった」
「準備や手配に追われて、心休まる時間がなかった」
「病院に紹介された葬儀社に言われるがまま頼んだら満足いく式が出来なかった」
「不要なオプションがいくつも付いていて、驚くほど高額になっていた」

これらはよく聞くケースです。
満足のいくお葬式にする為にも、ご心配な方がいるのであれば早めの準備を心がけましょう。

「亡くなってからじゃないと葬儀社に連絡しちゃいけないのでは…?」
と思う方もいるかもしれません。

が、そんな事はありません。
葬儀社は、事前の相談を推奨しております。
理由は次の通りです。

①心の余裕が生まれる

ご逝去後、すぐにこれからの事を考える事は難しいです。
いろいろな感情や想いがあるでしょう。
事前に葬儀社が決まっていれば、連絡1本ですぐに駆けつけ、その後の事を全てサポートいたします。
準備や手配に追われることなく、故人様に心を向けることが出来ます。

②満足できるお葬式を

どんな式にしたいのか。これもすぐに決められるものではありません。
なので、事前に担当と相談しながら決めておく事が大切です。
「もっとこうしたかった、ああすればよかった」
そんな後悔をしない為にも、しっかりと準備をしましょう。
ご本人様と話し合っておくのもいいかもしれません。

③納得できる金額で

心と時間に余裕が無い時は冷静な判断をすることは難しいです。
「早く決めなくちゃ」という焦りが先行して、言われるがまま進めてしまうことはよくあります。その結果、よくわからない高額の請求…。
そうならない為に、事前に見積もりを取り、納得いくまで説明を受けておくことが大切。
葬儀社の見積書はわからない項目ばかりだと思います。一つ一つ説明してもらいましょう。
少しでも不明な点があればクリアにしておかないと、ずっと後悔してしまいます。

まとめ

お葬式に関するトラブルは増えてきています。
だからこそ事前のしっかりとした準備が大切だと思います。

最後の時間を最高の空間にするために、ぜひ早め早めの準備を心がけてください。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

リピーター続出の安心配達人

【古橋が考える東京葬儀のキャッチコピーとは!?】プロフィールはコチラ