【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

病院でのご臨終・死亡宣告から遺体の安置までの流れ

現代は、8割以上の方が病院で亡くなる時代だといわれています。

病院で亡くなった場合、ご遺体は長く置いておけませんので、すみやかに自宅などの安置場所に搬送しなければなりません。

ここでは遺族が悲しみのなかでも落ち着いて対処するために、ご臨終からご遺体を搬送するための流れとその意味やポイントなどを解説します。

ご臨終・死亡宣告を受けてから死亡診断書をもらうまで

病院でのおおまかな流れ

①ご臨終・死亡告知

②末期の水(まつごのみず)

③死後の処置(湯灌・清拭・死化粧・身繕い)

④葬儀社への遺体の搬送手配

⑤死亡診断書の受け取り

 

病院で亡くなられた場合、すみやかに遺体を安置先に搬送する必要がありますので、ご遺族は悲しみのなか冷静な判断と行動が求められることになります。

ご臨終・死亡告知

医師の判断によりご臨終・死亡告知が行われます。

その方法は病院や医師により異なります。

「末期の水」の意味と方法

亡くなった直後に口元を水で潤す儀式のことを「末期の水」といいます。

茶椀に水を用意し、割り箸の先に脱脂綿を巻き付けひもで縛ったものや、新しい筆に水を含ませ口を湿らせます。

末期の水をとる順序は、一般的には喪主から血縁の近い順とされています。
配偶者→子→故人の両親→兄弟姉妹→子の配偶者→孫の順になります。

「末期の水」の由来は、お釈迦様が臨終の際弟子に水を汲みに行かせ乾いた口を潤したことといわれています。

本来は臨終の際=亡くなる前に行うものですが、現在では亡くなった直後に行うのが一般的です。
病院で用意をしてもらえる場合もありますが、行えない場合はご自宅やご葬儀場などで行います。

死後の処置(湯灌・清拭・死化粧・身繕い)

「末期の水」が済んだら、亡くなった方の身なりを整えるため清拭・死化粧などの処置を施します。

病院で亡くなった場合、看護士がエンゼルケアという名目で一連の処置を行うのが一般的です。

湯灌・清拭

ガーゼや脱脂綿などにアルコールを含ませたもので全身を拭いて清めます。
そして口や鼻などに脱脂綿を詰めます。

湯灌とは本来、亡くなった方をお風呂に入れることですが、病院にはそのような設備がないため、清拭をもって湯灌とすることが一般的です。

死化粧

女性はもちろんですが、男性にもお化粧を施します。
髪型を整え、ファンデーションや口紅などを利用して薄くお化粧をします。

必要に応じてひげを剃ったり、ほほをふっくらみせるために詰めものをしたりします。

女性の場合、生前愛用していた化粧品を使ってあげる場合もあります。

病院によっては行わないところもあるので、その場合は遺族でするか、葬儀社に依頼をします。

身繕い

亡くなった方の最後の着替えです。

本来は死装束に着替えますが、個人が生前着ていたお気に入りの服を着せてあげてもよいでしょう。

葬儀社への遺体の搬送手配

ご遺体の身支度が整えられている間に、ご遺体を病院からご自宅などの安置場所に搬送する手配をします。

あらかじめ葬儀社が決まっている場合はすぐにそちらに連絡します。
葬儀社のあてがない場合は病院に提携している葬儀社を紹介してもらうこともできます。

遺体の搬送を依頼する葬儀社と、実際の葬儀を依頼する葬儀社を別にしたい場合は、搬送の手配時に「遺体の搬送のみを依頼したい」という旨をあらかじめ伝えるようにします。

ご遺族が自家用車でご遺体を搬送することもできますが、専用の搬送車が安全・安心です。
数時間程度で病院に来てくれます。

ポイントは、遺体の搬送を依頼する葬儀社と実際の葬儀を依頼したい葬儀社が異なる場合です。

その際は、搬送手配時にきちんとその旨を伝え、「遺体の搬送のみ」としっかりと伝えることです。

「死亡診断書」の受け取り

葬儀社へのご遺体搬送の手配が済んだら、搬送車が到着するまでに医師に「死亡診断書」を書いてもらい、退院の手続き・清算を行います。

「死亡診断書」は「死亡届」といっしょになっており、必要事項を記入の上役所に提出すると火葬許可証が発行されることになります。
役所への「死亡届」の提出は7日以内に行わなければなりません。

「死亡診断書」は生命保険や遺族年金の受け取り、相続税の手続き等にも必要になりますので、あらかじめ複数枚書いてもらうかコピーを用意しておきましょう。

また、ご遺体搬送時には「死亡診断書」の携行が義務付けられていますので、同乗の方は必ず携行するようにしましょう。

まとめ

家族の死を目の当たりにすると悲しみとショックで気が動転してしまうことが予想されます。

死亡宣告から搬送まで数時間というスピード感が求められますので、おおまかな流れを頭に入れておき冷静な行動を心掛けたいところです。

できれば、生前からどの葬儀社に葬儀を依頼するか決めておくのがよいでしょう。

この記事を書いた人

新井 実来(あらい みく)

私らしくご家族に寄り添う

人と話すことが好きなので、就職活動では接客のお仕事を探していました。

正直、葬儀という選択肢はなかったのですが、たまたま面接を受けた東京葬儀のお話しを聞いていくうちに考え方やこだわりに共感し、働くことを決めました。

本当にゼロからのスタートでしたが、得意のコミュニケーションでご家族様の為にできることをしっかりとやっていこうと思います。

心に残ったこと

ご家族様とお葬式の打ち合わせをしている最中、故人様への想いに感情移入してしまい、涙を流してしまったことがありました。

お葬式後にいただいたご家族様からのお手紙には「新井さんが泣いてくれたおかげで私たち家族も泣いて、感情をしっかり出すことができました」と書いてあり、とても嬉しかったです。

出身:北海道帯広市

趣味:カメラ

好きな映画:「花とアリス」

好きな音楽:絢香、森高千里