【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お葬式の準備① お葬式での役割編

お葬式では様々な役割がありますが、特に喪主が一番大変です。
ですので、喪主の負担を減らすため、それぞれの役割が分かれています。

ここでは、お葬式での様々な役割分担について紹介します。

お葬式での役割

どの係の担当になっても、全体の葬儀の流れを把握しておくことが大切なので、自分の担当以外の係の内容もしっかりと抑えておきましょう。

そして葬儀では、式が滞りなく執り行われるように他の係の人はサポートに回りましょう。

規模の大きい葬儀の場合は、以下のように細かい役割分担が必要になりますが、家族葬など比較的規模の小さい葬儀の場合は1人の人が複数の係を担当することもあります。

分からないことがあれば、葬儀社に相談に乗ってもらったり、遺族同士で話し合うとよいでしょう。

喪主

喪主は故人と最も縁の深い人ということで、配偶者や長男・長女が行う場合が多いです。

葬儀に関する意思決定や、葬儀社とのやり取りに始まり、僧侶や弔問客への対応など役割は多岐に渡ります。

誰が喪主をつとめるかは、通夜までに遺族と相談して決めましょう。

葬儀委員長(世話役代表)

喪主の相談役で、各係の取りまとめや指示も行います。
喪主に代わって、葬儀担当者 や僧侶など葬儀をとりおこなう上で接触する方々とも相談をしながら仕事をしていきます。

裏方全般の役割を担う重要なポジションなので、コミュニケーション能力の高い人がなるとよいでしょう。

また、大規模なお葬式の場合は補佐役を遺族から選出することもあります。

受付係

通夜、葬儀での会葬者の受付や案内を担当。記帳してもらったり、香典を受け取って預ります。
弔問客がお悔やみを述べたら、遺族の代わりに弔問に来て下さったことに対するお礼を述べます。

近所の方や会社関係の方が担当するケースが多いです。

会計係

会葬者から受け取った香典の金額を確認し、管理します。

全ての金銭の出入りを管理し、出納帳に記帳します。間違いのないよう1人で行わず、複数名で行いましょう。
またその際は、親族と会社関係の方から1名ずつなど、立場の違う人にお願いするのが一般的です。

接待係

僧侶や弔問客などのお茶や食事の手配し、おもてなしします。
台所仕事に慣れている女性が適任です。

通夜ぶるまいなどの弔問客向けのおもてなしの他に、葬儀関係者や葬儀会社の担当者、親族や遺族への軽食の用意などその仕事は多岐に渡ります。

参列予定の人がどれくらいいるのかをきちんと把握した上で、無駄のないよう準備をしておきましょう。

進行係

葬儀の司会進行を行います。

葬儀プランの中に組み込まれており、葬儀社のスタッフにお願いする人が多いです。

交通係

駐車場の手配や確保をします。

最寄駅から葬儀場まで距離がある場合は、会場への道順案内などもします。

交通係は外に出て車の誘導を行う仕事が主ですので、男性が担当する方がよいでしょう。
最近は葬儀会社が行う場合も多いようです。

撮影係

遺族からの要望があれば、葬儀の様子をカメラで撮影します。

撮影をする場合は、事前に誰かに頼んでおきましょう。

下足係

靴を脱いで参列する際に、弔問客の靴を一時的に預かり、決まった場所に収納します。

葬儀に関するお礼

葬儀でお世話になった人には、きちんとお礼をしましょう。

受付係などの各係をつとめてくれた方や、特にお世話になった葬儀委員長などには、葬儀の翌日か翌々日にご挨拶に伺い、心づけや品物を贈るのがマナーです。

事情があって翌々日までに伺えない場合も、初七日までには必ず挨拶に伺うようにしましょう。

しかし最近では、喪家や会葬者の負担を減らすため、葬儀が終わった後にお礼をする場合もあるようです。
どちらでも構いませんが、お礼は忘れずに行いましょう。

お礼の品は、菓子折りまたはタオルなどの実用品で3,000円~20,000円が相場です。
葬儀の規模や参列者の数によって変わるので、葬儀社の方にアドバイスをもらって参考にすると良いと思います。

心づけは白無地の封筒に「志」と表書きし、家名を入れます。

その他、日頃から親しくしている人に手伝ってもらった場合は「寸志」、目上の人には「御礼」と表書きします。
のしをつける場合は、不祝儀の結びきりの熨斗を使うようにしましょう。

お礼の金額の相場は、葬儀委員長が1万円~3万円、受付係や会計係などの世話役が5,000円~1万円ですが、地域の慣習によっては異なる場合もあります。
分からない時は、親族や葬儀社の人に相談しましょう。

また弔電をいただいた方や、遠方から供花・供物を贈っていただいた方にも忘れずにお礼をしましょう。

お礼状を出す、電話をかける、お礼の品物を贈るなど方法は様々です。
故人との生前の付き合いによって、お礼の仕方を考えるのが目安です。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック