【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

お布施について

「お布施」とは、葬儀や法事などの際に僧侶に渡す謝礼をさします。

仏式の葬儀の場合、読経からお通夜、葬儀・告別式、還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。

その後亡くなってから7日目に行われる初七日には、別途お布施をお渡しする形になりますが、最近では遺族の負担を考慮して、葬儀当日に一緒に行う「繰上げ初七日」が多いです。

その場合は、読経からお通夜、葬儀・告別式、還骨勤行、初七日までをまとめてお布施を渡すことになります。

お布施の相場金額

さて、お布施について少しはご理解いただけたでしょうか?

となれば、気になるのはその「相場」かと思います。
「お気持ちで結構です」と言われるお布施ですが、一体いくら包めばいいのでしょうか。

日本消費者協会が実施したアンケートによると、葬儀の際に渡すお布施の全国平均はおよそ45万円。(読経料、戒名料、お車代、御膳料を含む)

地域別に見ると、北海道31万、東北49万、関東54万、中部50万、近畿48万、中国33万、四国32万、九州34万円となっています。

「そんなにかかるの?」と驚いた方も多いかもしれませんが、あくまでも平均です。
地域やお寺によって相場は変わりますし、個人個人でお渡し出来る予算も違ってきます。

包む金額に悩む際には、直接お寺に相談するとよいでしょう。

宗教による違い

葬儀の際のお布施は、宗教によって渡し方や表書きなども変わってきます。

どの宗教でも、共通して使える表書きは「御礼」です。
迷う場合は、「御礼」と書いておけば無難でしょう。

お寺に不幸があった訳ではないので、表書きの墨は薄墨ではなく、ふつうの墨で書きましょう。

初めてお付きする僧侶、神官、牧師や神父の場合は裏に郵便番号・住所・電話番号を忘れずに記入しておきましょう。

いずれも金額の記入は必要ありません。

仏式の場合

僧侶にお渡しします。
不祝儀袋は、白無地のものか白い封筒を使用します。

表書きには、「お布施」「御礼」「読経料」「御回向料(ごえこうりょう)」などと書き、下段には喪主のフルネームを書きます。

神式の場合

神官、神社にお渡しします。
不祝儀袋は、白無地のものか白い封筒を使用します。

表書きには、「御祭祀料(おんさいしりょう)」「御礼」「御神饌料(おんしんせんりょう)」「御榊料(おんさかきりょう)」などと書き、下段には喪主のフルネームを書きます。

キリスト教式の場合

牧師や神父、協会にお渡しします。
不祝儀袋は、白無地のものか白い封筒を使用します。

表書きには、「献金」「御礼」などと書き、下段には喪主のフルネームを書きます。

お布施を渡すタイミング

本来、お布施は葬儀の翌日にお寺に出向きお渡しするのが一般的でした。
しかし、最近ではお寺が遠方であったり、葬儀後の遺族の負担なども考慮して、お通夜もしくは葬儀後に葬儀場でお渡しするケースが増えています。

ご先祖様が代々お世話になっている菩提寺があるときには、お通夜や葬儀をお願いに行った時に渡す人もいます。

葬儀場でお渡しする際は、お通夜が始まる前にお渡しする場合と、お通夜のお勤めの後、僧侶がお帰りになる少し前のタイミングを見計らってお渡しする場合もあります。

葬儀場によっては、お金を安全に保管出来る場所がない場合もあるので、その時はお勤め後にお渡しする方が僧侶にとっても良いでしょう。

お布施の渡し方

お布施は直接手渡しするのではなく、切手盆という小さなお盆に載せてお渡しするのがマナーです。
お盆がない場合は、ふくさの上に置いて渡しても構いません。

切手盆は葬儀場にたいてい置いてあるので、自分で用意出来なかった時は葬儀場のスタッフに確認してみると良いでしょう。

お渡しする時は、僧侶に対して上書きが正面になるようにお渡ししましょう。

お盆が用意出来ない場合は、ふくさに包んでお渡しします。
香典を包む時と同じく、ふくさをダイヤ形にしてお布施を中央より右側に置き、右、下、上、左の順に折って包みます。

お渡しする時はふくさから取り出して、ふくさの上に乗せ、僧侶に対して上書きが正面になるようにお渡ししましょう。
ふくさに包んだお布施を、中身だけ出すことは失礼にあたるので気をつけましょう。

まとめ

お布施の渡し方やタイミングひとつをとっても、その作法は様々ありますが、絶対これが正解というものはありません。
大切なのは、故人のためにお勤めをしていただいた僧侶に対して感謝の意を持ってお渡しすることです。

「本日は、心のこもったお勤めをしていただきましてありがとうございます」など一言添えてお渡しする心配りがあると良いですね。

この記事を書いた人

米田 可南子(よねだ かなこ)

私も遺族だったことを忘れない

私も自身の経験から看病の疲れや、葬儀の不安というのはよくわかりますので【ご家族様の立場に立つ】ということを心がけています。

しかし、中には、故人様を賑やかに送ってあげたいなど様々なご家族様の想いがありますので、自身の経験以外でもご家族様の想いに応えるために【コミュニケーション】という部分も大事にしています。

心に残ったこと

ご家族様は悲しみや不安の中でお電話をしますので普段から電話でのお話は相手の感情を汲み取ることを心がけています。

電話でお問い合わせいただいたご家族様から「米田さんと電話をして、絶対に東京葬儀さんにお願いしよう!と思えたわ」と言っていただけたときはとても嬉しかったです。

出身:高知県高知市

趣味:旅行、スポーツ観戦

好きな映画:「ルビー・スパークス」

好きな音楽:YUKI