【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

白木祭壇について

お葬式に用いられる祭壇の種類として、仏式葬儀で多く使われるのがこの「白木祭壇」です。

白木祭壇は戦後から現在に至るまでの間、お葬式でもっとも一般的に用いられてきた祭壇です。

白木祭壇のはじまり

白木祭壇は木で作られた祭壇で「段」という部分と、「輿(こし)」という部分で作られています。

昔、土葬をしていた時代には自宅でお葬式をしてから、「野辺送り」という葬列が組まれました。

遺族や親族のほかに、地域の人々や故人と親しい人達が棺をかつぎ、悲しみの行列を作って火葬場や埋葬地まで送ったものです。

野辺送りは、葬列の最前列には「火」を表す松明(たいまつ)や龍頭(たつがしら)、続いて鉦(しょう)、太鼓などの楽器、灯籠、提灯などの明かり、花や膳などのお供え物を持った人たちが並び、その後に遺族、柩、最後に会葬者が列になって歩きながら墓地へ向かいました。

現在の野辺送りは出棺の挨拶が終わって、霊柩車の後から車で火葬場へ向かうことがそれにあたります。

「火」を表すものが先頭に立つのは、道案内や魔のお祓い、通り火、火葬のための火種などの意味があったと言われています。

時代が進むにつれ葬儀の形も変わっていき、現在では野辺送りの習慣はあまり見られなくなりました。

野辺送りの際に墓地まで一緒に持っていった装具が形を変えたものが、祭壇の上に飾られるようになり、白木祭壇へとつながっていると言われています。

祭壇の一番上部に見られる輿(こし)は、昔、白木で作った輿(こし)に棺を入れ墓地まで皆で運んでいた名残で置かれているもので、葬儀の文化を今に伝えているものであり、白木祭壇は昔から葬儀を代表する祭壇でした。

時代による祭壇の変化

昭和初期までは、祭壇といえば現在の枕飾り程度のもので、小さい机に白い布を敷き、その上に香炉や線香を置き、その横に生花やお供物を並べるだけの簡素なものでした。

これが祭壇の「段」の始まりです。

その机が次第に2段、3段となり、段の上にさまざまな飾りが乗せられ、さらに野辺送りの習慣で使っていた装具を模した輿(こし)が上に乗り、さらに大きくなっていきました。

そして徐々に現在のような祭壇の形になっていきました。

葬儀後の移動を考えて、棺は祭壇の前に置かれることが多くなったため、輿に棺を入れて運ぶということはほとんどなくなりました。

現在の白木祭壇にも上部に輿の部分がついていますが、祭壇についている輿は装飾のためのものがほとんどです。
これらは装飾の目的で輿を半分の大きさにした「半輿」と呼ばれています。

ただし、現在でも本来の役割のとおり、を中に納めることができるものも残っており、このような輿のことを「本輿」(ほんこし)と呼びます。
こちらは大きな白木祭壇となっています。

昭和中期には、葬列に代わり告別式が盛んとなり、告別式の装飾壇として祭壇が中心的役割を担うようになりました。

やがて告別式に於いて立派な祭壇を飾ることが、故人への弔いの気持ちを表すという考え方が強まっていき、祭壇はより大きなものとなりました。

そして、次第に現在のような装飾性の高い立派な白木祭壇がお葬式に用いられるようになっていきました。

なぜ白木を用いて祭壇が作られたか

皇室や神式で執り行われる葬儀では白木を使用します。
それに倣い、白木で作られた祭壇が一般化しました。

葬儀に限らず、白木で作られた道具は、最も格の高いものと認識されています。

本来、白木の道具は一回限りの使い捨てでした。
皇室の葬儀では、祭壇や葬儀の家屋などは儀式直後にすべて焼却することとなっており、このことから着火・燃焼が容易く、処理がしやすい白木を用いたという説もあります。

昭和初期ぐらいまでは、棺を納めた白木の輿(霊柩車の上部の飾りの部分、宮型で神輿のように墓地まで担いだ)を台に据え、その前に置かれた枕机ほどの台に香炉、燭台など簡素な祭具が供物などと置かれ、周りを白木のぼんぼり、樒(しきみ)、白い蓮の造花などで飾られ、全て使い捨てとしていました。

火葬が主流の時代になり、葬列がなくなり、霊柩車を使うようになったことで葬儀の中心にあった「輿」がなくなります。

そこで前述しました「半輿」という輿に見立てた飾り(輿の表面だけを模して作られている祭壇最上段にある宮型のもの。飾り輿とも言う)を作り、祭壇に飾るようになりました。

そして時代の流れとともに大きくて立派な祭壇が多く使われるようになり、だんだん豪華になった為、本来の意義を忘れて、使い回すようになりました。

昔は、安い祭壇は白布で覆ったものなどもありました。
現在は外国製の安い白木の祭壇も出回っています。

また、祭壇に漆(うるし)や金銀の装飾がしてあると「死を予測して作り用意していた」と捉えられるため、白木で作ることにより「突然の不幸で慌てて準備をしたため、色も塗らず素地のままである」という意味があるそうです。

しかし最近では、白木以外の塗りの祭壇も登場しています。

まとめ

白木祭壇について、歴史をまじえながらお話をしました。

最近では、柔らかなイメージのある花祭壇を使われる方が増えていますが、白木祭壇と花祭壇のいいところをあわせた祭壇も注目度が高くなっています。

もちろん伝統的な白木祭壇による葬儀は、荘厳な雰囲気で凛として送りたい方が望まれています。

この記事を書いた人

新井 実来(あらい みく)

私らしくご家族に寄り添う

人と話すことが好きなので、就職活動では接客のお仕事を探していました。

正直、葬儀という選択肢はなかったのですが、たまたま面接を受けた東京葬儀のお話しを聞いていくうちに考え方やこだわりに共感し、働くことを決めました。

本当にゼロからのスタートでしたが、得意のコミュニケーションでご家族様の為にできることをしっかりとやっていこうと思います。

心に残ったこと

ご家族様とお葬式の打ち合わせをしている最中、故人様への想いに感情移入してしまい、涙を流してしまったことがありました。

お葬式後にいただいたご家族様からのお手紙には「新井さんが泣いてくれたおかげで私たち家族も泣いて、感情をしっかり出すことができました」と書いてあり、とても嬉しかったです。

出身:北海道帯広市

趣味:カメラ

好きな映画:「花とアリス」

好きな音楽:絢香、森高千里