【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

さまざまな祭壇の紹介

祭壇と聞くと、木で作られた段のある白木祭壇や花で飾られた生花祭壇を想像するのではないでしょうか。

最近ではオリジナリティーあふれるさまざまな祭壇があります。
故人を想い、あたたかな気持ちで送るお葬式のかたちもあります。

葬儀業者により特徴のあるものがいろいろとありますので、ここでご紹介しましょう。

特徴的な祭壇

折衷祭壇

折衷祭壇は「和洋折衷」という言葉にもあるように、白木祭壇と生花祭壇の特徴をどちらも取り入れた祭壇のことです。

白木祭壇の両側に生花を飾ることで柔らかなイメージと華やかな印象も加わります。

飾る花のボリュームで印象がずいぶん変わるのと、花が増えることで価格も上がるので、見本写真等でしっかりと確認をしましょう。

遺影写真を生花で囲む祭壇

遺影写真のまわりを囲うように生花を飾る祭壇です。
写真まわりに故人がお好きだったお花を飾ります。

生前の故人との思い出がよみがえり、安らかにお花畑で眠っているかのように見えます。

棺を囲む祭壇

亡くなった人の顔を見ながらお別れできる棺を囲んだ祭壇です。

生花などでシンプルに飾り付けをし、より近くでお別れができるので、自宅で葬儀を行う場合や、少人数での葬儀をする方に選ばれることが多いようです。

立派な祭壇はなくとも、お花は飾ってあげたいと言う方や、亡くなった人を近くに感じて最後のお別れをしたい方にお勧めです。

愛用されていた品を飾るオリジナル祭壇

故人が生前愛用していた品や趣味に関するものを飾りデザインしたオリジナル祭壇は、その方唯一の祭壇として、こだわりのある方に注目されています。

故人の人生を物語る特別な祭壇は、遺族も参列者もより故人を偲び、心を込めたお別れができるでしょう。

趣味で使っていた道具や絵画や書などの作品を添えるかたちなどがあります。

キャンドル祭壇

無宗教のお葬式でよく見かける祭壇です。
祭壇にキャンドルを添えることで柔らかな灯りが添えられ、幻想的な印象になります。

祭壇に組み込まれたキャンドルに献灯したり、献灯したキャンドルを水に浮かべたりと、キャンドルによる幻想的な雰囲気を活かしたお式も見られます。

最近は仏式葬儀でもアクセントとしてキャンドルを飾ることがあります。

和風祭壇・モダン祭壇

古典的な印象にモダンな感覚を持ち込んだ、新しい和風祭壇です。

祭壇のデザインにより、飾る生花が少なくても見栄えがするので、小規模のお葬式に向いています。

品格のある伝統的なイメージが好印象です。

光を活かしたデザイン祭壇

祭壇の横に柔らかな光を放つスタンドライトを置くことで、印象的な演出をするデザイン祭壇もあります。

生花のボリュームが少なくても、光の効果で祭壇が大きく見え、柔らかな印象になっています。

近代アート祭壇

式場のスペースの有効活用を考え、正面からのイメージはそのままに奥行きを狭く作ったものや、ライトを中心とした装飾でスッキリとした近代的なイメージのものなどさまざまな祭壇があります。

これらはスッキリとしたデザインなので、生花の装飾も少なく、お値段もお手頃なものから用意されています。

無宗教の方の葬儀で使われる事が多いようです。

宗教・宗派による祭壇について

お葬式は葬送儀礼とも呼ばれており、宗教・宗派により考え方が違う儀礼としても捉えられます。

お葬式で用いられる祭壇にも宗教的な意味や役割があり、しきたりやきまりなど守るべき事項がいくつかある宗教・宗派もあります。

ここでは、簡単に各宗教・宗派による祭壇の違いをご紹介します。

仏式祭壇

一般的に知られているのは白木祭壇ですが、生花祭壇も多く用いられるようになりました。

仏式でも宗派により違いがあるので、特に生花祭壇を希望する場合は注意が必要です。

神式祭壇

神式葬儀での祭壇は白木の八足祭壇を用いますが、生花祭壇も可能です。

神式葬儀の場合は祭壇に飾られるものや供えられるものが、基本的に仏式葬儀とは異なります。

大切なのはその中に祀る数々の神具です。
必ず必要なのは三種の神器である「鏡」「刀」「勾玉」です。

そして、神饌(しんせん)と呼ばれるお供え物をし、榊を飾ります。

キリスト教式祭壇

キリスト教式葬儀での祭壇は一般的に白一色の生花祭壇が用いられます。

祭壇の上部にはキリスト教の信仰を表す大変重要なものとして、「十字架」が中央に置かれます。

また、十字架の周りはカーネーションなどの花で飾られます。

形式にこだわらない完全オリジナルの祭壇

これまでお話したような祭壇ではなく、完全にオリジナルの祭壇を望まれる方も最近では少しずつ増えているようです。

宗教色を感じさせない祭壇は、故人ならではの個性あふれる祭壇にすることができる点で注目されています。

また、祭壇の大きさに関しては通常基準があり、置く場所によっては横幅は問題なく置けるものの、奥行きは幅を取り過ぎて会葬者の席が手狭になるなど、小規模のお葬式では困ることもあります。

オリジナルの祭壇を作ることで、狭い部屋などにも対処することができるなどの利点もあります。

ただし、しっかりと相談の上で依頼をしないとイメージと違うなどの問題が生じることもあることと、オリジナルで製作した祭壇は一回きりで処分することになるのでお値段が張るなどの注意点があります。

このオリジナル祭壇の例では、故人の集めていた大切なコレクションを飾って祭壇にしたり、故人の仕事にちなんだ祭壇などがあるそうです。

また、素材に関しても木だけではなく、金属やガラス、竹などイメージに合わせた素材を使って製作することができます。

この記事を書いた人

米田 可南子(よねだ かなこ)

私も遺族だったことを忘れない

私も自身の経験から看病の疲れや、葬儀の不安というのはよくわかりますので【ご家族様の立場に立つ】ということを心がけています。

しかし、中には、故人様を賑やかに送ってあげたいなど様々なご家族様の想いがありますので、自身の経験以外でもご家族様の想いに応えるために【コミュニケーション】という部分も大事にしています。

心に残ったこと

ご家族様は悲しみや不安の中でお電話をしますので普段から電話でのお話は相手の感情を汲み取ることを心がけています。

電話でお問い合わせいただいたご家族様から「米田さんと電話をして、絶対に東京葬儀さんにお願いしよう!と思えたわ」と言っていただけたときはとても嬉しかったです。

出身:高知県高知市

趣味:旅行、スポーツ観戦

好きな映画:「ルビー・スパークス」

好きな音楽:YUKI