【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

生花祭壇について

現在は伝統的な白木祭壇のほかに、さまざまな祭壇があります。

最近、主流となっているのは生花によって飾られた「生花祭壇」です。
その名の通り、たくさんの生花で飾られた祭壇について、詳しくご紹介していきましょう。

生花祭壇について

近年では、これまでのしめやかに執り行われる一般的なお葬式の形だけに留まらず、故人の人柄や趣味などに合わせ、映像や音楽などを使った演出など、故人を想う気持ちを表す演出が葬儀業者によって提案されています。

映像や音楽などの演出までは…と思われる方もいらっしゃると思いますが、控えめであり、なおかつ生前の故人を想う気持ちを表すことができる「生花祭壇」は多くの葬儀にて使われています。

これまで祭壇に用いる花として、主に菊やユリなどの花が使われていましたが、宗教・宗派の決まりがない場合、生前に故人が好きだった花や故人を想う花を祭壇に使用することも可能です。

また、使用する花の種類だけでなく、色の希望に応じてもらったり、祭壇のデザインも豊富です。

生前の故人の人柄や趣味を祭壇に反映させることができるため、故人のための特別な祭壇として個性を表現できます。

しめやかな中にも故人を想う花々を飾ることで、遺族、参列者が生前の故人との思い出を振り返り偲ぶことができると人気があります。

生花祭壇を利用する際の注意点

生花祭壇のデザインには特にこれと言った決まりがないため、生花店や葬儀業者により非常にたくさんのデザインがあります。

女性らしいデザインばかりでなく、落ち着いた色合いの男性向けのデザインも用意されています。

生花祭壇を利用してのお葬式を希望される場合には、次の点をよく検討の上、葬儀業者と相談・決定しましょう。

宗教・宗派上、問題がないか

生花を飾った祭壇にしたいとお考えになったら、まず確認しなくてはいけないのが「宗教・宗派」です。

宗教・宗派によっては、生花を飾らないきまりや花の色や種類が定められていることがあります。

もし、故人が生前に生花を飾ってほしいと望んでいたとしても、宗教・宗派上で問題がある場合はそれはできないことになります。

どのような決まりやしきたりがあるのか分からない場合は、お寺や信仰する宗教に関して詳しい方に確認をするとよいでしょう。

例を挙げると、浄土真宗では、赤い色や派手な色はお慶びを連想するので、葬儀では白い花を用います。

日蓮正宗では、生花は一切使わず、樒(しきみ、しきび)という常緑樹のみを飾ります。

創価学会でも同じく樒祭壇を飾りますが、最近では樒だけにこだわらず、お花も用いることもあるようです。

時代とともに変化もするので、その都度詳しい方にお聞きするのがよいでしょう。

予算

生花を使う生花祭壇は、とてもたくさんの花を使います。
普段お花を購入する機会のある方はご存じかと思いますが、生花はデリケートな上、綺麗な姿を保つ期間が限られるという特性があるため、高価なものです。

生花祭壇の人気が出てしばらくすると、本数を競うような向きが見られました。

本数は上を見ればキリがありませんし、本数が増えることでもちろんお値段は上がり、加えて好きなお花のオーダーをするとなるとかなりのものとなります。

しかし、最近では生花店が少なめの本数でも貧弱に見えないデザインや、花の形を活かしたデザインなど、お葬式に於ける花のあしらいに研究・工夫を重ねているようです。

「標準ですと皆様このような形で組まれます」というような話をそのまま了承するのではなく、まずは予算を伝え、その上でどのような形、雰囲気にしたいのかを相談される事をお勧めします。

イメージや理想を伝える

どのような祭壇にしたいのか、具体的に伝えることが出来ない場合は、生前の故人を想わせるようなイメージを伝えます。

好きだった色、好きだった花、また趣味を反映させたデザイン、花祭壇の全体的な色調など、色々と生花担当の方が質問をして、予算内で出来る理想に近いデザイン案をいくつか提示してくれます。

生花店では祭壇を設営するための技術取得や研究・練習を重ね、花の大きさや向き、色合いなどを考慮し、バランスの取れた生花祭壇を作るテクニックを身につけています。

故人とのお別れに生花祭壇を考えてみたいと思っても、生花祭壇は高そうだからと敬遠する方もいらっしゃいますが、まずは相談してみましょう。

こだわりがある場合は早めに手配

生前に故人が好きだった花の種類がある程度限定されており、遺族の希望で祭壇に使用してもらいたいという場合には、希望の花を準備するのにある程度時間が必要となります。

生花は季節によっても在庫が変動するので、早急な対処により手配をしています。

特に大型の生花祭壇を希望される方や花の種類についてこだわりのある方は、早めに手配するのが良いでしょう。

いろいろな生花祭壇の例

生花祭壇の良さは、故人のその人らしさが祭壇で表現できることです。

何気なく見過ごしてしまう祭壇でもメッセージ性があり、こだわりが伝わる生花祭壇は参列者に故人や遺族の想いを伝えることができるでしょう。

下記に具体的な生花祭壇の例をいくつか挙げます。

どんなイメージの祭壇にしたいか

・故人の趣味であった山登りをイメージしたい、ゴルフが好きだったのでグリーンをイメージしたい

・人情深く、明るい人柄だったので、明るい雰囲気にしたい

・几帳面な人柄だったので、凛と引き締まった祭壇にしたい など

希望する花について

・百合が好きだったので、多めに入れてほしい

・野の花のような小さい花を飾りたい

・季節感のある花を飾りたい(桜、向日葵など) など

どんな色調の生花祭壇にしたいか

・ピンク調

・グリーン調

・水色調

・紫調 など

2000年代初頃は、生花祭壇は社葬など大規模な葬儀で見られる珍しいものでしたが、この8年ほどの間に一般的な葬儀でも生花祭壇が増えてきました。

地域によっては、白木祭壇よりも多く選ばれるということもあるそうです。

昔はお葬式の花は「白い菊」が使われていることが多く、洋花はキリスト教式のお葬式などで見られるものでした。

最近では仏式葬儀でも洋花を用いたデザインや白以外の色の花をあしらった祭壇がよく見受けられます。

高価な物ですと、胡蝶蘭やカトレヤをふんだんに使い、遺影の額も美しい生花で飾られたものなどもあります。

造花祭壇について

生花祭壇を検討するにあたり、注意すべきは「花祭壇」とだけ聞いていて、実際には造花で作られた祭壇だったという場合があることです。

非常に安価な場合は、生花かどうか葬儀業者にきちんと確認することをお勧めします。

造花の場合は「シルクフラワー」等の表示がされていることがあります。

造花祭壇は、造花を作る技術の向上から従来の造花祭壇とは違い、見た目も質感も本物と見分けがつかない程によく出来ています。

生花祭壇のように華やかに祭壇を飾ることができ、バリエーションも豊富なのでお好みに合わせて飾り付けができます。

生花に比べ低価格であること、廃棄をしないため環境に優しい、などの理由から注目されています。

この記事を書いた人

米田 可南子(よねだ かなこ)

私も遺族だったことを忘れない

私も自身の経験から看病の疲れや、葬儀の不安というのはよくわかりますので【ご家族様の立場に立つ】ということを心がけています。

しかし、中には、故人様を賑やかに送ってあげたいなど様々なご家族様の想いがありますので、自身の経験以外でもご家族様の想いに応えるために【コミュニケーション】という部分も大事にしています。

心に残ったこと

ご家族様は悲しみや不安の中でお電話をしますので普段から電話でのお話は相手の感情を汲み取ることを心がけています。

電話でお問い合わせいただいたご家族様から「米田さんと電話をして、絶対に東京葬儀さんにお願いしよう!と思えたわ」と言っていただけたときはとても嬉しかったです。

出身:高知県高知市

趣味:旅行、スポーツ観戦

好きな映画:「ルビー・スパークス」

好きな音楽:YUKI