【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

葬儀社とのトラブルについて

葬儀社を選んでいく中で気になってしまうのが、葬儀社とのトラブル。
出来ることなら、トラブルに見舞われたくないのが本心でしょう。

ですが、トラブルも様々なケースがあり、ひとつずつ挙げていくと、きりがない程です。

そんな、お葬式に関するトラブルを防ぐ為に1番大切なことは、予防をするという姿勢でいることです。
それには、起きやすいケースを知っておくことが重要です。

大きく3つのタイプに分けてご紹介します。

病院指定葬儀社とのトラブル

まずは、病院指定の葬儀社でのケースです。

病院指定の葬儀社は「お世話になった病院の紹介だから」と無下にできないという話はよく耳にします。

そのまま葬儀まで契約してしまいたくなる気持ちが芽生えやすい点に、注意が必要です。

病院指定の葬儀社は、病院がその内容をチェックして契約を結んでいるわけではありません。
あくまで病院から自宅等への搬送を契約しているだけにすぎないからです。

葬儀も早く済ませなきゃと焦ってしまいがちですが、ここは深呼吸して、葬儀社を複数比較・検討する必要があります。

同じような葬儀内容でも、金額が全く違ってショックを受けてしまうようなケースも少なくありません。

互助会積立金・解約

お金のかかる葬儀に向けてお金を積み立て、万全の態勢でいられるということで利用する方も多い互助会。
経済産業大臣が許可を出しているということで、信頼をして契約したはずなのに、積立金や解約でトラブルになってしまうケースもあります。

まずこれには、互助会と契約者の認識のズレの問題があります。

互助会に「預貯金」というイメージで積み立てをしている方もいるのですが、銀行のように積み立てたお金を保管しているわけではないのです。
前受金の内、保管しておくのは半分でも問題ないという法律があります。

互助会側は、積み立てたお金を使って式場や祭壇を買っているため、解約が多くなってしまうと困ったことになります。
場合によっては破たんしてしまう可能性さえ出てきます。

こういった仕組みの為に、会員が減ってしまっては立ち行かなくなってしまうので、いざ解約を申し込んでも解約を渋られたりするというケースが発生するのです。

実際に、引越しをする為に、他の互助会へ移籍をすることになった時や、倒産して権利の引き継ぎがどこにされるか分からない、といったことがあります。

ですが、互助会のメリットとして、葬儀総額の3分の1程度の金額の準備が出来、華やかなお葬式が出来るという点が挙げられます。

発生する可能性のあるトラブルもしっかりと考え、契約することが肝心です。

多様化するトラブル

他にも多いのが、無断でサービスや商品を追加され、お葬式後に高額な請求を受けたというものです。

様々なものが必要になり、故人を悼んでいる間に知らず知らずの内に細かなものが追加されていることもあります。
しかし、その場ではなかなか気づきにくいものです。

また、事前にお願いしていたプランよりも高いランクのものに変更されていた、という驚くべきケースも発生しています。

何か追加で必要な場合や変更をする場合はきちんと了承を得てから動くように、葬儀社に念を押しておくのが安心かもしれません。

このように葬儀に関するトラブルは、このネット社会において多様化してきました。

ホームページやパンフレットに掲載されていた情報とは全く違った内容、料金のお葬式になってしまった、葬儀スタッフの対応に残念な気持ちになった等、トラブルも金銭面から人に関する部分まで様々です。

多くの葬儀社は、は故人・家族の気持ちを反映させ、満足感の高いものにしたいという思いでいると思います。

しかし、葬儀社によってはその気持ちを置いてけぼりにして、ビジネスライクにしか考えてくれない場合もあります。

その温度差が大きくなり、トラブルにつながってしまうのではないでしょうか。

まとめ

家族の数だけ、理想とするお葬式の形は違います。
満足の出来るお葬式にするには、お葬式を行う私達家族側にもトラブルに遭わないように、お葬式に関する情報を収集・勉強することが必要なのだと思います。

葬儀社に任せれば問題ないという考えは改めて、今の内からしっかり家族で話し合い、葬儀社を見学し、比較・検討し、その日を迎える準備と心構えが必要です。

この記事を書いた人

古橋 篤(ふるはし あつし)

チームで支えるお葬式

数年前に父を亡くした時、東京葬儀にお葬式を依頼しました。
その時の担当プランナーに助けてもらったこと、東京葬儀の想いに共感したこともあって、今の自分がいます。

自身の経験から、お客様の負担、不安を取り除き、最後のお別れに想いを向けていただけるよう心がけております。

お客様の声をよく聞き、その想いを実現することが私の仕事だと考えます。

心に残ったこと

自分が育成したプランナーがご家族から「ありがとう」と言われている姿を見たときです。

しっかりとご家族とコミュニケーションをとり、提案し、一緒にひとつのお葬式を創り上げている姿をみたときは東京葬儀の想いが受け継がれていると嬉しい気持ちになりました。

出身:東京都

趣味:バレーボール、料理

好きな映画:「リトルダンサー」

好きな音楽:クラシック